ダニ、アレルゲン、汚れ、全部おまかせ!布団のクリーニングで安心の睡眠!

白を基調とした清潔な寝具

みなさん、布団のお手入れはどうしていますか?人は、人生の3分の1の時間を睡眠に使うそうです。そう考えると、毎日使う布団、大切にそして清潔にしたくなりませんか?布団のシーツや、枕カバーは洗濯したり、新しくしたり、清潔に保つことは簡単ですが、布団はどうでしょうか?自宅で洗濯はそうできないし、頻繁に買い替えるものでもないですよね。そんな時におすすめしたいのが、布団のクリーニングです。

布団につく汚れ

布団で寝ている女性のアップ

体からの汚れ

人は一晩の睡眠でコップ一杯約200ccもの汗をかくそうです。これを1年分と考えるとすごい量の汗が布団に染み込んでいることになります。そして、その汗がたくさん染み込んだ布団はダニにとっては最適な環境だと言えます。ダニはものすごい繁殖力と言われており、あっという間にダニの糞や死骸も増えていき、このまま放っておくとアレルギーの原因になってしまうことも。これだけでも、早く布団を洗いたい!と思ってしまいますが、その他にも皮脂やフケ、体の垢など思っている以上に布団の繊維の中には日々の汚れが溜まっていくのです。

空気中からの汚れ

天気の良い日には風を通して布団を干してスッキリさせたいと思いますよね。天日干しすると多少のダニやほこりを取ることができますが、ダニや菌を完全に死滅させることはできません。ダニを死滅させるには、50℃以上の環境を20分以上維持しなくてはならないと言われています。布団を干すと、布団たたきもしたくなりますが、中綿を傷めたり、ダニの死骸を拡散したりと、素材の品質を痛めてしまうためあまり良くありません。そしてさらに花粉や空気中を漂っている有害物質を吸収してしまう可能性もあります。天日干しがダメとなると、布団の品質維持のためにはどのようにしたら良いのでしょうか?

クリーニングにお任せ

クリーニング店、並んだ大型洗濯機

ほとんどのみなさんが、一度はクリーニング店を利用したことがあるのではないでしょうか?スーツなどご家庭では洗濯が難しい衣類や、なかなか落ちない頑固な汚れが付着している衣類などをクリーニング店に持っていくなど、今やクリーニングは身近なものになってきています。宅配サービスや、保管サービスを利用できるお店もあり、どんどん便利に進化しています。そして何より、プロの手による仕上がり、自宅ではなかなか真似できませんよね。そんなプロの手によって新品のようによみがえる布団のクリーニングの内容をご紹介したいと思います。

前処理

布団丸洗いの前にプロの手と長年培ってきた経験によって、1枚1枚丁寧にシミや汚れ、ほつれなど確認します。この時に、それぞれの布団にあった特殊な洗剤を使用し中綿まで浸透させます。こうすることにより、目に見えない汚れまで浮かびあがり、繊維の奥に潜む汚れや菌、ホコリが落としやすくなります。仕上がりを美しくし、小さな汚れも見逃さないための大切な工程と言えます。

布団丸洗い

布団のクリーニングでは、自宅ではなかなか行うことのできない丸洗いをします。それぞれの布団にあった機械と布団に優しい専用洗剤を使用します。高速で回転する機械で洗いますが、布団そのものは動かさずに洗うので、布団へ負担をかけず、傷みや縮みが起きる不安もありません。軟水を使うことによって、洗剤が奥まで浸透し、ダニ、汚れ、アレルゲンまでしっかり洗い落とします。そして、前処理のおかげで中綿まできれいに洗いあげることができるのです。

高温乾燥

クリーニングでの乾燥は、急激に高温にさらすと、布団に負担がかかってしまうので、時間をかけてゆっくり行います。100℃近い高温で2時間以上かけることで、洗いでも落ちなかった内部のダニ、雑菌を死滅させます。天日干しなどに比べ、短い時間で乾くので、菌の増殖なども防ぐことに繋がります。この乾燥という工程で、湿気や汗を含み硬くなった中綿を柔らかくほぐします。そうすることにより、布団本来の弾力性や、保温力がぐんと回復します!

具体的な汚れやクリーニングの効果

白い布団のアップ

布団に蓄積される汚れ

  • ダニ、ダニの死骸、ダニの糞
  • 体の皮脂、汗
  • フケ、垢
  • 花粉、空気中の有害物質

普段使用しているだけでも、布団の表面や繊維の中に汚れやホコリ、菌は潜んでいるのです。蓄積されていくにつれ、なかなか落とすことが難しくなってしまうので定期的にクリーニングを行うことをオススメします。

クリーニングの効果

  • ダニ、菌の死滅
  • 布団奥のダニの死骸、糞まで除去
  • 中綿がふっくら柔らかに仕上がる
  • 保温力の回復
  • 防菌、防臭効果

クリーニングを行うことで目には見えない汚れなどを除去してくれます。普段からキレイにしているつもりでも、ご家庭でのお手入れ方法では汚れやダニなどを完全に除去することは困難だと言えますね。

最後に

寝起きで背伸びをしている女性

シーツや、カバーをこまめに取り替えているから大丈夫!と安心してはいけません。布団には自分が思っている以上に、いろいろな汚れが蓄積しています。そして、そして、アレルギーの原因にもなると言われているダニや、ダニの死骸。自宅ではそう簡単に取り除くことはできません。布団のクリーニングは、使用している状況や環境にもよりますが、ダニが付着してから繁殖を始める半年~1年を目安に行うのが理想です。布団と一緒に、毛布や、タオルケット、枕もクリーニングすると寝具周りが清潔に保てるのでオススメですよ。見た目以上に布団に付着していく汚れなどを定期的にクリーニングで除去することで、快適な睡眠に繋がるはずです。
カジタクの布団クリーニングはコチラ!