低反発枕ってどうやって洗濯するの?洗う前からお手入れ方法まで解説!

毎日心地よい眠りを提供してくれる枕。中でも、低反発枕は頭を柔らかく包み込んでくれる独特のフィット感で、愛用している方も多いでしょう。でも、使っているうちに汚れや臭いが気になってきませんか?毎日使うものだからこそ、清潔かつきれいな状態を保ちたいものです。低反発枕にも、洗えるタイプと洗えないタイプがあります。ここではその見分け方と、洗濯する方法やお手入れに関する注意点を解説していきます。

洗う前に素材を確認!

低反発枕を洗濯する前に、必ず確認しなければならないのが洗濯表示タグです。タグに表記されている素材が「ウレタンフォーム」だった場合、残念ながら洗濯できません。枕にタグがついていない場合は、購入時についてきた取扱説明書を確認してください。中にはウォッシャブルタイプのウレタンフォームを使用した低反発枕もあり、使用している枕がこちらのタイプであれば洗濯可能です。ウレタンフォームは水に弱い素材で、洗濯するとボロボロと形が崩れてしまいます。水を含んだ状態で持ち上げると、水の自重でそのままちぎれてしまうこともあります。一旦水を大量に吸ってしまうと固くなり、元の柔らかさには戻りません。乾かしてから無理矢理カバーに入れても、少しの衝撃でスポンジが崩れるため、使い続けるのは難しいでしょう。

手洗いする方法

ウォッシャブルタイプの低反発枕を洗濯するには、手洗いをします。乱暴に扱うと枕がちぎれたり、穴が開いたりしてしまうので、手で優しく扱いましょう。まず、大きな風呂桶などにぬるま湯を用意して、中性洗剤を加えます。皮脂や汗などの汚れは、水よりもぬるま湯を使った方が落ちやすいです。そして、枕をカバーから取り出して手でゆっくり押して洗います。お風呂に入るついでに、枕を洗うのもよいでしょう。洗ったら、また手でゆっくり押して、泡が出てこなくなるまですすぎます。

洗濯機で洗う方法

洗濯機で洗えるタイプの低反発枕もありますが、そのまま洗濯機に入れるのはおすすめできません。バスタオルで枕の形が崩れないように包んでから、洗濯ネットに入れて洗うとよいでしょう。脱水に洗濯機は使えないので、枕をバスタオルで包み、手で水気を押し出します。水気を切るときは絞りたくなりますが、ねじると形が崩れてしまいます。手揉み洗いと同じように、優しく、そしてしっかりと水気を押し出しましょう。しっかり水気を取るのは、生乾きを防ぐためです。中に水気が残っていると雑菌が発生し、臭いの原因となります。

低反発枕を乾燥させるには?

天気のいい日は洗濯日和といいますが、もちろん低反発枕も晴れた日の方が乾きやすいです。しかし、低反発枕を干す上で最も注意しなければならない点が一つあります。それは、天日干しができないという点です。ウレタンフォームは、紫外線で急速に劣化してしまいます。布団と同じように太陽の下で干したくなりますが、絶対に避けてください。そのため、必ず陰干しになります。

干し方にも注意

乾かすときに洗濯バサミで挟んで吊り下げると、重みでその部分からちぎれてしまう可能性があります。吊り下げて干すなら、枕干し専用のハンガーを使うとよいでしょう。枕を支える部分が網目状になっているため、通気性も抜群です。ハンガーがないときは日陰に洗濯カゴを置いて、その上で乾燥させます。こうすると、下側まで風が通って乾きやすくなります。洗濯カゴは、あらかじめ汚れを拭き取っておいてください。枕の中まで乾くのに2~3日、天気によってはもう少しかかる場合もあります。朝は空気中の湿気を吸収してしまうので、夜に一旦屋内に取り込んで、翌日にまた出してください。

低反発枕をお手入れする際の注意点

低反発枕を洗濯するなら、春や夏の晴れた日の方が乾きやすいのでおすすめです。梅雨や冬は空気中の湿気を枕が吸収してしまうため、1週間経っても乾かない場合もあります。しかし、冬の間ずっと洗濯しないでいると、汚れや臭いが目立ってきます。洗濯する暇がないときもあるでしょう。そこで、洗濯できないときでも清潔な状態を保つためのお手入れ方法を紹介します。

カバー交換

最も手軽なのは、枕カバーをこまめに交換することです。カバーだけなら、他の洗濯物と一緒に洗うことができます。複数枚用意して週に1回くらいのペースで交換すれば、枕そのものへの汚れや臭い移りを軽減できます。汗をかきやすい夏には、週2~3回の頻度で交換すると効果的です。

除菌スプレー

また、臭い対策には、除菌スプレーや消臭スプレーを使いましょう。スプレーして陰干しするだけで、時間もほとんどかかりません。枕の汚れがひどい場合は、ぬるま湯に中性洗剤を溶かし、タオルを浸して固く絞ったもので拭き取ります。ポイントは、枕の奥深くまで水を浸透させないことです。これなら半日ほどで乾きます。このように、洗濯できないときでも、こまめなお手入れで枕を清潔に保つことができるようになります。

ただし、水やスプレーを使ったお手入れでは、しっかり乾燥させないと臭いの原因となってしまうので注意が必要です。低反発枕の洗濯回数にも限度があり、何度も洗濯していると素材が劣化していきます。低反発枕の寿命は、6か月~3年ぐらいです。形が元に戻らなくなったり、枕が固くなったりしてきたら、買い替えを検討しましょう。

布団クリーニングならカジタクがオススメ!

カジタクでは布団クリーニングを行っています。カジタクのオススメポイント!

  • 安心のイオングループが運営。満足度97%と大好評!
  • ダニ死亡率99% アレルゲン除去率98%
  • 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!
  • たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!
  • 干すだけで除去できない汗や皮脂汚れまで除菌・消臭

※公的衛生研究所の調査結果より

ぜひ皆さんも利用して、きれいな布団で過ごしましょう!
カジタクの布団クリーニングはコチラ!