包丁を安全に捨てよう!家にあるもので簡単にできます

日用品の一種である包丁は種類が多く、安価な製品も多数市販されています。そのため、近年では切れ味が悪くなった包丁を研がず、新しく買い替えるケースが少なくありません。しかし、使わなくなった包丁をそのままの状態で捨てるのは非常に危険です。トラブルを避けるためにも、家にある物で安全に包丁を捨てる方法を学びましょう。

刃をむき出しにせず包丁があることをアピールする

#包丁の刃がむき出しの状態で捨てるのは危険

使わなくなった包丁を捨てる場合、その方法に迷ってしまうことがあります。ホルダーが付いている包丁なら刃を隠した状態で捨てるのも簡単ですが、そうではない包丁は自分で刃を隠す工夫を施さなければいけません。

刃がむき出しのまま捨てると回収の際に怪我をするおそれがあるので絶対に行ってはいけません。また、他のごみにまぜて包丁そのものを隠すことも非常に危険と言えます。包丁を捨てる際は刃を隠しながらも包丁があることを分かりやすく提示する必要があります。

#材質や地域によって捨て方が異なる

包丁も他のごみと同様に地域のごみ出しルールに従って捨てることが大切です。包丁の多くは金属製なので、金属ごみとして捨てるのが一般的です。一部の包丁は陶器の一種であるセラミックで作られているので、金属以外の不燃ごみとして捨てなければいけません。

また、地域によっては包丁などの刃物類は普通の金属ごみとは別に回収する所があります。そのような場合は刃物類が入っていることを記した容器に入れたうえでごみとして出すのが安全な捨て方です。

家にある物で包丁の刃を隠す方法

#粘着テープで刃の部分を覆いながら厚紙で包む

包丁を安全に捨てるなら刃の部分を隠すのがもっとも効果的です。家にある粘着テープを巻き付け、さらに厚紙で包めば刃に触れる心配はありません。厚紙が無ければ粘着テープだけでも刃を包んで隠すことができますが、厚みを感じる程度まで何度も巻き付ける必要があります。

粘着テープの他、スプレー式の発泡ウレタンを吹き付けたり乾燥するとゴム状になる接着剤を塗るなど方法は様々です。いずれの場合も刃を完全に覆い隠して直接触れないようにすることが重要なポイントになります。

#包丁の刃を潰して切れなくする

地域によっては金属に粘着テープなどの異物を付着させるのを推奨しない所があります。そのような地域で安全に包丁を捨てるには刃を潰して切れなくするのが良い方法です。包丁の刃は固い物で擦ると切れ味が著しく悪くなり、遂にはまったく切れなくなります。

石やコンクリートのブロックなどで刃の部分を何度も擦るのが効果的です。先端部分も擦って尖った部分を削れば刺さる心配はありません。切れ味を悪くする方法の場合、力任せに行うと刃が折れて怪我をするおそれがあります。時間がかかってもゆっくりと擦り、少しずつ切れ味を悪くするのが安全な方法です。工作用の金属やすりで刃を削る方法もあります。

#発泡スチロールに突き刺して固定する

包丁用のホルダーの代用品として便利なのが発泡スチロールの固まりです。包丁を突き刺せば刃をすっぽりと覆い隠すことができます。根元まで差し込んだら粘着テープで包丁を固定し、抜けないようにして完成です。この方法は発泡スチロールの固まりが大きいほど安全なので、必然的に場所を取る形になります。

ごみ袋に十分な空きスペースが無いと包丁を捨てることができないのでその点は注意しなければいけません。発泡スチロールが割れないように、全体に粘着テープを巻き付けるなどの工夫が必要です。いずれの方法もごみ袋や容器に包丁が入っていることを記して周りに周知させるのが事故の予防に繋がります。

包丁などの刃物類は複数をまとめて捨てる

#一本ずつ捨てるのは効率が悪く危険

使わない包丁を捨てる際は刃を隠す他、複数をまとめて捨てる方が安全です。捨てる本数に関係無く、回収してから処分場で廃棄するまでの手間は変わりません。

一本ずつ捨てると回数分だけ手間がかかり、危険性も増すことから使わない包丁などの刃物類はある程度の数までまとめてから捨てるのが効率的と言えます。その際は必ず一本ごとに刃を完全に隠したうえで束ねます。他のごみとは別の袋や容器に入れ、内容物を記載することも忘れてはいけません。

#業者に回収してもらう方法もある

家にある物で刃を隠して捨てても完全に事故を防ぐことができるわけではありません。どうしても自分で刃物を捨てるのが不安な場合は回収業者に直接処分してもらう方法があります。予め包丁などの刃物類があることを伝えておけば準備をしたうえで訪れてくれるので安心です。業者に手渡しで回収してもらう形になるので、ごみステーションに置くことへの不安が無いのも利点と言えます。

安全なごみ出しはひとりひとりの配慮が重要

使わない包丁の捨て方は刃が触れることを防ぐのが重要なポイントになります。回収や廃棄作業に従事する人が怪我をしないように配慮するのがごみを捨てる際のマナーです。他の人も捨てているから、一本だけだからと疎かにせず、ひとりひとりが配慮することを忘れてはいけません。地域のごみ出しルールを守りながら安全な状態で捨てるように心がけます。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!