【フローリング】カビ取り方法!予防法まで紹介

フローリング

毎日掃除をかけてほこりやゴミを取り除いているはずのフローリングにも、カビが生えることがあるのをご存知ですか。フローリングにカビが生えたままの状態にしていると、カビの胞子を吸い込んでしまい、鼻炎や喘息、皮膚炎といったアレルギー症状を引き起こします。ハイハイをするような小さな子供がいる家庭では、特に注意したいですね。
今回は、フローリングに生えるカビの原因から掃除方法、予防策まで紹介していきます。フローリング掃除の参考にしてみてください。

フローリングにカビがはえる原因

フローリング掃除

そもそもカビは、どのような条件が揃うと発生するのでしょうか。カビは湿度65%以上温度20~25℃で発生し、カビのえさになるものがあればそこからどんどん繁殖していきます。条件さえ揃えば、場所を問わず出てくるのが、カビの怖いところです。
ここからはフローリングでカビが発生する具体的な条件を見ていきましょう。

フローリングの上に布団を直接敷いている

寝ている間に人は、一晩でコップ一杯ぶんの寝汗をかきます。そのため、布団にはたくさんの湿気がこもってしまいます。加えて、体温により布団が温められてしまうので、カビが発生しやすくなってしまうのです。また、布団には髪の毛や皮脂、ほこりやダニといったカビのえさになるものもたくさんあるので、カビにとっては暮らしやすい環境となってしまうのです。

カーペットを敷いている

カーペットは布団ほどではありませんが、カビが繁殖しやすい環境になります。飲み物をこぼしたときなどは、よく拭いてしっかり乾燥させるようにしてください。

観葉植物を置いている

鉢に入った観葉植物をフローリングの上に置いている場合は要注意です。植物を育てるには水をあげなければなりません。鉢の下に受け皿を置いていても、湿気が多い状態となりフローリングがカビてしまうことがあります。

これは間違い?カビを取る方法

今までなんとなくやっていたカビ取り掃除が、実はカビを増やしていた…なんてことがないか、確認していきましょう。

①お風呂用のカビ取り洗剤を使用する

お風呂掃除の際に使用するカビ取り洗剤は、その名の通りお風呂掃除専用のものです。これをフローリングに使用してしまうと、強力すぎて脱色してしまうことがあるので、気をつけましょう。
同様に、キッチン用カビ取り洗剤を使うこともやめましょう。

②重曹を使用する

重曹もお風呂のカビ取りの際にとても役に立ちますが、フローリングには使用しないようにしましょう。重曹には研磨作用があり、フローリングのカビをこすって落とそうとすると、ワックスが剥げたり、床の色が変化してしまうこともあります。

③掃除機で吸い取る

目に見える黒カビを掃除機でキレイに吸い取ってしまいたい気持ちはとてもよくわかります。
しかし、掃除機で吸い込んだカビは、そのまま排気口から外に飛散してしまい、カビをより増殖させることになってしまいます。

カビを取る正しい方法

フローリング掃除2

フローロングに発生したカビを掃除する方法は、カビの頑固さによって変わってきます。カビの落ちやすさ順に見ていきましょう。

①無水エタノール

エタノールにはタンパク質をその場に固める作用があり、カビが持つタンパク質を凝固させて活動を弱めることができるので消毒や殺菌に役立ちます。ここで注意したいのが、あくまでも将来的なカビの活動を抑える効果があるということで、既に出来てしまったカビの黒ずみを除去する力はありません。

まず、雑巾やフロアワイパーで表層のカビを拭き取ります。その後、無水エタノールを80%に希釈したものをカビにスプレーし、しっかり拭きとりましょう。フローリングの隙間は、爪楊枝や歯ブラシでこすり取るとよく落ちます。
無水エタノールは、フローリングによっては色落ちしてしまうことがあります。目立たないところで試して、2・3日様子を見てから掃除をするようにしてください。

②逆性石鹸

無水エタノールでは色落ちしてしまったというときには、逆性石鹸で掃除をしましょう。まず、表層のカビを雑巾やフロアワイパーで拭き取ります。その後、水で薄めた逆性石鹸をスプレーし拭き取ってください。カビが酷いときには数分置いてから拭き取ると効果的です。

③業者に依頼する

水ぶきや無水エタノール、逆性せっけんを使っても落ちないカビは、フローリングのワックスの下まで浸食している可能性があります。そうなると、一度ワックスを剥がしてからきれいにするしかありません。ワックスを剥がす作業はとても繊細で難しく、自分でやると失敗してフローリングを傷つけてしまう恐れがあります。落ちないカビを発見したら、クリーニング業者に相談するようにしてください。

無理やりカビを取ろうとしてフローリングを擦りすぎると、材質によってはダメージが大きすぎて塗装が剥がれたり変色することもあります。エタノールを使っても綺麗にならないカビの場合、フローリングの奥深くまで根が張り巡らされている可能性が高いです。素人ではとても元通りにできないので、専門家の力を借りた方が賢明です。クリーニング業者なら洗浄力の高いフローリングに適した薬剤を持っていますし、綺麗に汚れを落とすノウハウもあるので安心です。大切なのはフローリングにカビを生やさないことなので、それぞれのシーンでどうすればカビ予防できるかを知っておきましょう。

予防方法

フローリング掃除3

カビは、湿度と温度とえさが揃ったときに発生・繁殖をします。つまり湿度と温度とえさを上手にコントロールすれば、カビの発生を防ぐことができるのです。ここからは、カビを予防する方法を見ていきましょう。

布団をフローリングに直に敷かない

布団とフローリングが密着していると、湿気がこもりやすくなります。間にすのこを敷いて風通しを良くしたり、吸湿シートを敷いたりして、湿気を逃がすようにしましょう。

布団をこまめに干す

布団にこもった湿気を取り除くため、天気の良い日に布団をしっかり干すようにしましょう。湿気を逃すだけでなく、カビのえさとなるダニを撃退することもできます。

結露をとる

冬の間窓や窓枠に付く結露をそのままにしておくと、その湿気からフローリングにカビが生えることがあります。結露があるときには、速やかに拭き取るようにしましょう。

換気をする

窓を開けて風通しを良くし、部屋の中の湿度や温度を調節してください。窓を開けると、カビのえさとなるハウスダストやほこりも外に追い出すことができます。

細かいところまで掃除を怠らない

部屋の隅や家具の影、ゴミ箱の下など家の中には掃除をし忘れてしまう場所がたくさんあります。部屋の隅々まで、家具や物はできるだけどかして掃除をし、カビのえさとなるほこりやハウスダストを除去しましょう。

フローリングに布団を敷く場合のカビ予防法

フローリングに直接布団を敷いている人も多いですが、万年床はカビの温床です。毎日しっかり布団を上げていても、梅雨の時期や換気をしていないと簡単にカビが生えてしまいます。

フローリングにエタノールを塗る

できればフローリングに直接布団を敷くのは避けたいところですが、どうしても敷かなければならない場合は事前にフローリングにエタノールを塗っておきましょう。掃除の場合と同じように、80%に薄めたエタノールを霧吹きなどで万遍なく吹きかけ、完全に乾燥させます。こうすることでフローリングにカビの胞子が付いていたとしても、黒く目立つ前に無害化させることができます。

ただ、予防のためといっても毎日エタノールを使っていると次第にフローリングが傷んでしまうので、1週間に1回程度にしておきましょう。

すのこやバスタオルを敷く

もっと簡単なカビ予防法は、すのこやバスタオルを布団の下に敷くことです。布団とフローリングの間に少しでも空間を作ると湿気が逃げやすいですし、バスタオルも湿気を吸い取ってくれるのでフローリングが湿りにくくなります。もちろん、すのこもバスタオルも敷きっぱなしではカビが生えてしまうので、立てかけたり洗濯するなどして乾かしておきましょう。

それも面倒だという場合は、新聞紙を数枚敷いておくだけでも水分を吸収してくれます。そのまま翌朝には捨てれば良いので、非常に手軽です。

カーペットを敷いている場合のカビ予防法

カーペットは毎日敷きっぱなしが基本ですが、意外とその下にもカビが生えやすいので注意しなければなりません。軽いカーペットなら定期的に天日干しして乾かせば良いのですが、重たいカーペットだとそうもいきません。

エタノールを使用する

この場合は、布団と同じように80%に薄めたエタノールを吹きかけておきましょう。布団と違って毎晩のように大量の湿気が溜まるわけではないので、そう頻繁にエタノールを使う必要はありません。
1ヶ月に1回程度でも構いませんが、梅雨の時期など湿気が気になる時期は2週間に1回ほど行っておくと安心です。さらに、新聞紙をカーペットの下に敷いておくのも効果的です。

こまめに掃除する

カビ予防にはこまめな掃除が欠かせないので、定期的にカーペットをめくってフローリングの状態を確認してください。食べかすや埃などもカビのエサになるので、こまめにカーペットの下を掃除することが何より重要な予防法となります。

注意点

発生させてしまったら、なんとしてでも落としたいフローリングのカビ。しかし、やってはいけない掃除法があります。

掃除機の吸い取りは厳禁

まずは、掃除機での吸い取りです。カビを見つけると、まずは掃除機で吸い取ってしまいたくなるでしょう。しかし、掃除機でカビを吸い取ると、排気にのって部屋中にカビの胞子がまき散らされることになります。カビの上を掃除機がけするのはやめましょう。

重曹掃除にも注意

次に、重曹です。重曹は、台所からお風呂、リビングまで幅広く活躍してくれる掃除の強い味方です。しかし重曹でフローリングを掃除してしまうと、ワックスを剥がしてしまいます。絶対に使用しないでください。また、重曹と同じくワックスを剥がしてフローリングに傷を付けてしまうのが、メラミンスポンジです。こちらも使わないようにしましょう。

塩素系漂白剤も使用しない

加えてもう一つ、塩素系漂白剤も使用してはいけない洗剤です。お風呂場や洗面所のカビを根こそぎ撃退してくれる塩素系漂白剤ですが、フローリング掃除には効果が強すぎます。フローリングの脱色を招いてしまうので、フローリングには絶対に使用しないようにしてください。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!