週末を使ってかしこく料理しよう 簡単作り置きおかず

外食や出来合いの総菜などに頼らず、自分で料理をしたいと考える方は少なくないでしょう。しかし毎日仕事から帰ってきた後、一から献立を考えて料理に取り掛かるのはとても面倒です。そんなときには、平日よりも時間のある週末を利用して、作り置きのおかずを用意すると便利です。今回は、作り置きおかずをつくるコツや、簡単な作り置きおかずのレシピなどを紹介します。

毎日献立を考えるのは面倒!

仕事に家事にと毎日忙しいと、ついつい食事を外食や出来合いのお弁当、総菜などですませてしまいがちです。栄養面のバランスや食費などの経済面を考えて、自分で料理をしたいと考える方は少なくないでしょう。しかし、毎日献立を考えるのはとても面倒ですよね。また、仕事帰りに買い物をし、家に帰ってから調理を開始するのも、疲れた体には非常にハードルの高いことです。

週末にまとめて作り置き

そこで、平日よりも自由になる時間が豊富な週末を使って、あらかじめ作り置きのおかずを用意しておきましょう。まとめて作り置きをしておけば、平日は作り置きの中から選んで食べればいいだけなので、非常に手軽で簡単です。週末の時間を活かせば、安くて健康的な食事をかなえることができるのです。

まずは買い物

まず作り置きおかず用の買い物をするところから始めます。買い物はなるべく1週間分を1回ですませるようにしましょう。作り置きするものを決め、必要な食材をまとめて買うことで、食材を余らせたり、腐らせたりするのを防ぐことができます。また、まとめて買えば節約にもなります。

野菜は日持ちのするものを

野菜は足の速い食材が多いため、カットされたものなども利用し、使い切れる量を買いましょう。旬の野菜と、日持ちのする野菜を組み合わせて買うとバランスが良いでしょう。玉ねぎやじゃがいもなどの根菜は日持ちし、献立にも取り入れやすいのでおすすめです。肉や魚は主菜になる食材です。大きなパックで買って、1種類につき何品か作るようにすれば、お得に食材を使うことができます。

作り置きの順番

買い物がすみ、食材がそろったらいよいよ調理の開始です。作り置きをするときには調理の順番も大切です。効率よく調理を進めるためには、調理器具の汚し方が少なくすむ順番で手を付けていくと良いでしょう。具体的には、茹でる、煮る、炒める、焼くの順番で進めるのが理想的です。

まとめて行う

作り置きおかずは1品だけではなく、何品も一気に作るため、作る順番や調理工程をイメージしながら、段取りよく進めていくのが大事です。食材の下ごしらえなど、まとめてできる工程は一気に行ったり、簡単な副菜から調理するなど、できるだけ調理の流れがスムーズになるようにしましょう。また、慣れたら主菜をつくりながら、合間に簡単な副菜をつくるなど、並行して調理を行うと時間短縮になります。

作り置きレシピ

作り置きで重宝するのは日持ちのする料理です。きんぴらごぼうや切り干し大根など、保存のきく煮物料理は何品か作っておきましょう。なお、汁気が少ないと細菌などの繁殖を防ぐことができるので、煮物は煮汁飛ばすようにしましょう。また、冷凍保存のきく献立も作り置きでは人気です。ハンバーグなどはまとめて作り、焼き終わった状態で冷凍保存しておけば解凍してすぐ食べられます。作り置きの定番、カレーは鍋ごと冷蔵保存するほか、小分けにして冷凍保存しても良いでしょう。

漬け込み料理は味が染みて美味しい

また、主菜になるおかずは漬け込む料理がおすすめです。生姜焼きの調味料に豚肉を漬け込んだり、鶏肉を塩ダレに漬け込んだり、時間が経つほど味が染みる料理ならば、平日に食べるまでの間も漬け込み時間として有効に使えます。また、調理時も取り出して焼いたりするだけと非常に簡単なので手間がかかりません。

効率よく作るコツ

作り置きおかずを効率よくつくるには、いくつかコツがあります。まずは、買い物の前には冷蔵庫内の食材をチェックすることです。買い物をした後で冷蔵庫を開けたら同じ食材が残っていた、ということになったら非常にもったいないですよね。食材を余らせず効率よく消費するためには、必要な食材を必要な分購入することが大事なので、在庫チェックは必ず行いましょう。

似た行程はまとめて行う

また、調理においては、似たような工程はできるだけまとめて行うのが、効率的につくるポイントです。切る、ゆでるなどは献立ごとに行わず、一気にまとめれば手間が省け、調理時間も短縮できます。キッチンでの動線は少ないほど作業効率が上がります。どのように動けば動線が少なくすむか、考えながら調理を進めましょう。

作り置きを活用して毎日をラクに

料理をしたいけど平日は仕事や家事で忙しくて時間がない、献立を考える面倒から逃れたい、忙しくても栄養バランスの良い食事がしたい、このような食事に対する希望をすべてかなえることができるのが、作り置きおかずです。週末の時間を利用して調理するだけで、平日は家に帰ってすぐ温かい食事をとることができます。

作り置きでプライベートも充実

また、作り置きおかずを食事にすれば、調理の手間が省ける分、余った時間そのほかの家事や自分のプライベートに使うこともできます。忙しい日々を元気に過ごすためには食事が大切です。しっかりバランスのとれたおいしい食事なら、心も体も栄養を補給することができるでしょう。健康的な体づくりにも、自由な時間づくりにも最適な作り置きおかずには、メリットがたくさんあります。ぜひ作り置きを活用して、忙しい毎日を少しラクにしてみませんか?

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!