パティシエから家事代行キャストへ。自分の持っている知識を活かせることが魅力

掃除・料理代行キャスト 鈴木さん
Image

今回は、掃除代行・料理代行を担当している鈴木さんにお話を伺いました。鈴木さんは元パティシエで、今でも休日は5年生になる息子さんと一緒にお菓子作りをするのが楽しみなのだそうです。

掃除・料理と異なる2つのサービスでキャストとして活躍されている鈴木さんに、それぞれのサービスの内容や仕事への思いを教えていただきました。

持っている知識を活かせる仕事がしたくて、家事代行キャストの道へ

家事代行キャストの仕事を始めて6年目になります。担当は掃除代行と料理代行です。この仕事をはじめるまでは、飲食店やカフェでパティシエとして働いていました。

お掃除は苦手な方だったのですが、あるとき「部屋を片付けると人生が変わる」という言葉に惹かれて、整理収納アドバイザーやハウスクリーニングの資格を取ってみたんです。

資格を取って自分の部屋を片付けてみて、お仕事として人の家を片付けてみるのもいいかもしれないと思い始めました。 パティシエとして料理の仕事もしていたので、せっかくなら今ある自分の知識を全部活かせる仕事に就きたいと思い、辿り着いたのが家事代行キャストの仕事でした。

Image

事前のカウンセリングではお客さまに合わせたプランニングシートを作成

仕事は掃除代行・料理代行のサービス実施の他に、事前のカウンセリングも担当しています。

カウンセリングというのはサービスを実施する前にお客さまにご要望をお伺いすることで、お客さま一人一人に合わせたサービスのプランニングシートを作成します。 掃除代行ではどういった場所のどういう作業をするかお聞きしながら、ここだと何分ぐらいかかかりそう、などのお見積もりを出してお客さまにご提案しています。

サービスの当日はプランニングシートの内容に沿って、お客さまのお宅にある掃除道具をお借りしてお掃除をします。 家事代行サービスは、専用の道具を使うわけではないので、その場にある道具や洗剤で汚れをどこまで落とせるかが勝負ですね。

複数箇所のお掃除を頼まれる方がほとんどなので、どう進めていけば時間内に終われるかを考えながら進めています。 とはいえ、サービス時はプランニングシートには記載がないような細かいことにも心を配って臨機応変に対応するようにしています。

一番はお客さまのご要望に沿ったサービスをご提供することなので、綺麗に仕上げることはもちろんですが、それだけでなくお客さまが何を求めているかを常に考えながらサービスを行うことを大切にしています。

Image

料理代行では自分の作る料理にファンが付いたことも

料理代行も流れは掃除代行と一緒で、事前カウンセリングでは味の好みやどういった料理がご希望かをお伺いして、サービスをプランニングしていきます。 ご要望としては夕飯のおかずや作り置きが多く、1回につ き作業2時間でだいたい7、8品くらいのお料理を作りますね。

ご要望のあった料理以外は、当日にお客さまのお宅にお伺いして冷蔵庫の中を見て決めています。以前、メインの材料がマグロ1柵しかなくて、その時は流石に何を作ろうか悩んじゃいましたが、冷蔵庫にある他の 野菜や乾物系とかを使って頑張って作りました。 その時もお客さまのご要望を伺いながら、今あるものでできる料理を考えていきました。

気をつけているのは、料理の際はしっかり味見をしながら作ることですね。揃えている調味料がお客さまによって異なるので、自分の同じレシピで作っても調味料が変わると味も全然違ってくるんです。 なので、きっちり分量を計るだけでなく、味見もして調味料の塩気とか、甘みとかに合わせて作るようにしています。

お客さまによっては、外出中や在宅ワーク等で完全にお任せいただくこともありますが、その場でお話しをしながらサービスを進めていくこともあります。 以前に担当させていただいたお客さまは、こういうレシピありますか、ああいうレシピありますか、みたいな質問をいただいたので、都度レシピをお伝えしたりもしていました。 その際に、「ずっと鈴木さんのお料理のファンでいさせてください」とお声がけいただいて、それがとても嬉しくて印象に残っています。

Image

家事を頼むことに対して構えずに、軽い気持ちで頼って欲しい

家事代行に対して、「お金持ちの人が頼むサービス」というイメージがまだ強いようで、実際にお客さまのお宅にお伺いした際も、私が頼んでいいのかな、と躊躇される方が少なくないんです。

キャストが家に来る前に片付けておかなきゃという方も結構いらっしゃいますが、そんなに気負わずに、いつも通りの状態で私たちに任せていただけるといいなと思います。

家事を頼むことに対して罪悪感を感じたり躊躇したりする必要は全然なくて、自分だけでは解決できないことはそんなに一生懸命やらなくていいんだよ、ということをサービスをご利用されている方にも、これから使おうと考えている方にもお伝えしたいです。

構えずに、「あ、この日は家事頼もうかな」くらいの軽い感覚でご利用いただけるようになるといいなと思いますね。


私たちと一緒に働いてみませんか?

カジタクでは、家事代行キャストを募集中です。
ご応募・お問い合わせをお待ちしております。

家事代行キャスト募集中

More stories

  • 鈴木さん

    元パティシエのお料理上手キャスト。一児の母でもあり、子供と一緒にお菓子作りをするのが最近の楽しみ。 READ MORE
  • 坂本さん

    きっかけは、カジタクのお客さまとしてでした。現在は整理収納キャストとして活躍中です。 READ MORE
  • 山口さん

    各種メディアで連載を持つカジタクの「片付け名人」。現在はトレーナーとして活躍中。 READ MORE