話題の「ハイホーム」がすごい!家中ピカピカにする方法

天然の原料から作られているハイホームは、手肌や環境に優しいだけでなく、様々な場所でその能力を発揮することができる優れものと、話題になっているクレンザーです。ここでは、そんなハイホームの魅力について詳しく説明していきます。これを読んで気になった人は、ぜひ普段のお掃除にハイホームを取り入れてみてはいかがでしょうか。

長い歴史を持っているハイホーム

ハイホームは、日本珪華化学工業株式会社で昭和38年より製造されている、自然派の石鹸クレンザーです。

有害性が心配されている合成界面活性剤やリン酸塩、蛍光剤などを全く使用せずに製造されており、着色料や脱色剤、香料なども含まれていないため、手肌や環境に対してとても優しい、安心、安全な商品なのです。効果がどれだけ高くても、有害性の高い物質を含んでいるものは、特に小さな子どもを持つご家庭などでは、やはり気になるところですよね。

このハイホームは、珪酸の華に、ヤシ油使用の高品質石鹸を配合してつくられており、人にも環境にも優しい弱アルカリ性の石鹸クレンザーであることから、家庭だけでなく、学校や病院、ホテル、そしてハウスクリーニングなどでも使われており、プロにも認められているクレンザーなのです。

ハイホームを使える場所

ハイホームを使える場所は、非常にたくさんありますが、その中でも特に、水まわりの掃除に役立ちます。

キッチン周り

まずキッチンでは、食器類やまな板、鍋、釜、ステンレス製品など、そして、換気扇や白物電化製品、ホーロー製品などに使うことができます。油汚れや黄ばみ、黒ずみ、茶しぶ、そして、水あかや湯あかなどに効果的なだけでなく、市販のものでもなかなかキレイにするのが難しいような煮こぼれ、焦げつきなどの頑固なもの、そしてなんと、さびに対しても効果があります。

そのため、キッチンで使っているうちに発生するほとんどの汚れをこのハイホームで取ることができると言えるでしょう。

洗面台や浴室

また、洗面所や浴室、トイレでももちろん使うことができます。洗面台や、バスルーム、浴槽、トイレ、そして、タイル目地などに付着してしまった、水あかや湯あかなどをキレイに取ることができる、まさに、水まわりの掃除には手放せないアイテムなのです。

家具の汚れ

また、水まわりだけでなく、金属やガラス製品の磨きや、ドアノブ、柱、壁、畳、家具類の汚れや、衣類、カーペット、運動靴などの汚れに対しても効果があります。ハイホームに含まれている粒子はとても細かいので、その商品自体にキズがつきにくく、汚れだけをきれいに取り除くことができます。まさに、家中をピカピカにすることができる優秀なクレンザーなのです。

使用できない場所

ただし、使用できない場所もあるため、注意が必要です。曇り止め加工をしている鏡やガラス、光沢を必要としている木工製品やプラスチック製品、そして、革製品や紙製品などには使うことができません。また、デリケートな素材や、キズが付いてしまうと困るものに関しては、一度目立たない場所で試してから使うようにしましょう。

ハイホームの使い方

食器やキッチンまわりのものに関しては、水気をよく切ったスポンジにハイホームを付け、よく揉みながら泡を出していきます。その泡を使ってスポンジでこすっていくと、汚れが次第に落ちていきます。

頑固な汚れの場合は、力を入れたり、ナイロンタワシを使ったりしながら落としていきます。その後は、よく水洗いをし、水拭きもしくは、から拭きをするようにしましょう。洗面台や浴槽などの水まわりのものに関しても同様です。

つくりが複雑になっているところなどは、歯ブラシなどを使うとキレイに取り除いていくことができます。

ハイホームをさびた金属に使いたい場合は、乾いた布にハイホームを付けて、ゴシゴシとこすっていきます。乾いた布では取れないような頑固なさびの場合は、ナイロンタワシでこすっていきます。その後はから拭きをすると、さびを落としてキレイに仕上げることができます。

家具などの場合は、スポンジや布、ティッシュペーパーにハイホームを付け、から拭きします。必要な場合は、水拭きをした後にから拭きをしていきます。衣類のシミや汚れを落としたい場合は、水で濡らした衣類にハイホームを付け、よく揉みこんだ後はそのまま洗濯機で洗います。

ハイホームを使った掃除方法はとてもシンプルで、使いやすいクレンザーです。そして、半練りタイプのため、液だれなどで容器や周りが汚れるストレスもありません。

保管をする際には、乾燥を防ぐために、蓋を閉めておく必要がありますが、もしケースに残っているハイホームが乾燥して硬くなってしまった場合でも、少量の熱湯で練ることで、再び使えるようになります。

掃除の強力な助っ人ハイホーム

ハイホームの魅力は、なんといっても、人にも環境にも配慮されているその優しさだけでなく、ミクロの粒子で汚れだけをスッキリ落とすことができる、掃除能力の高さも持ち合わせていることではないでしょうか。

使用できる場所が多いため、棚の中に置いているお掃除グッズが少なくて済むのも、魅力の一つです。ハイホームを使って、家中をピカピカにしてみてはいかがでしょうか。

カジタクのキッチンクリーニングはコチラ!