扇風機で上手に夏を乗り切ろう!オススメ家庭用扇風機を紹介!

「扇風機なんてどれも同じ」なんて思っていませんか。羽の枚数や電源によっても風の質が変わる、扇風機は古くて新しい、奥が深い家電製品です。
さらに最近の扇風機の進化には目覚ましいものがあります。今年の夏のあなたにピッタリな1台を探してみましょう。

扇風機とサーキュレーターの違いとは?

扇風機とサーキュレータは、どちらも羽根が回って風を起こす仕組みになっていますが、扇風機に比べてサーキュレータは風が強くまっすぐ正面に向いて吹きます。それに対して扇風機の風は、大きく外側に広がりながら吹く優しい風です。
サーキュレーターは空気を循環させるために使い、扇風機は涼むために使います。
つまり、風に当たって涼みたい時には扇風機を使い、部屋の中の空気をかき混ぜて温度を均一にしたい時にはサーキュレーターを使います。

扇風機を選ぶ際にチェックしたいポイントはココ!

羽根の枚数

扇風機の羽根の枚数が多いほど音が大きいですが、風は柔らかくなめらかなそよ風に近い風になります。
反対に羽の枚数が少ないほど音は静かですが、肌や髪がパサパサになってしまう荒っぽい風になります。
また小さいお子さんがいるご家庭では、小さな手が巻き込まれてしまう危険性があるため、羽が露出していないタイプが良いでしょう。

モーターのタイプ

扇風機のモーターには、直流電源で動かすタイプと、交流電源で動かすタイプがあります。
これまでは交流電源で動かすタイプがほとんどでした。直流電源でモーターを動かすことでより風量を抑えたやさしい送風ができ、消費電力も交流電源で動かすモーターと比べて少なくて済みます。

タイマー、首振りなどの個別機能

最近の扇風機にはおなじみのタイマー、首振り、高さ調整の他にたくさんの追加機能があります。
風向きや首振りの機能もより細やかに機能的になっています。リモコンで風向きを変えることができる物や、空気清浄機能を備えIOTで室内の空調までも管理できる物など利便性を追求したものから、軽さや収納しやすさ、持ち運びや耐久性を追求したものまでさまざまな追加機能があります。

カジタクイチオシ!おすすめ家庭用扇風機

日立「ハイポジション扇 DCモーター HEF-DC6000」

1つ目のオススメ扇風機は、日立の「ハイポジション扇 DCモーター HEF-DC6000」です。
直流電源モーターの低速回転と8枚羽根にすることで、まるでうちわであおいでいるような「微風(うちわ風)」を実現しています。

「微風(うちわ風)」から、すぐに涼みたいときのパワフルな「強風」まで、風量を8段階から選べます。
風向きを真上に近い方向から真下に近い方向まで11段階の角度調節ができるので、天井付近にたまった空気もかくはんすることができます。

また、離れた場所で涼んでいる時も、リモコン操作で風向きを調節できる「こっち向いてボタン」を搭載しており、180°まで風を送ることができます。首振り角度も3段階の調整が可能です。
スタンドとベースが一体型構造で、羽根やガードも取り付けてあるので、組み立ての手間なく購入後すぐに使うことができます。

ダイソン「Dyson Pure Hot + Cool 空気清浄ファンヒーター」

「Dyson Pure Hot + Cool 空気清浄ファンヒーター」は、空気を清浄しながら、温風でも涼風でも出すことができるヒーターです。
空気清浄機と温風ヒーター、クーラーの機能を兼ね備えた送風システムで1台3役を果たします。PM 0.1レベルの微細な粒子を自動で感知し99.95%除去、有害なガスや室内の空気に潜むアレル源となる物質も除去する有能な空気清浄機です。

自動で空気の状態をモニターし作動し、専用のアプリで空気の状況を見ることもできるIOTの機能も備えています。夜は静音運転に切り替え、LEDディスプレイを減光しますので眠りを妨げることもありません。
羽がないので小さなお子さんの手が巻き込まれることもなく安心して使えます。また、カバーも羽根もありませんので、お掃除がとても楽です。

ライフジョイ「PROIL コンパクト扇風機」

「PROIL コンパクト扇風機」は、羽根の直径が25cmのコンパクトな据置き型の扇風機です。
製造しているメーカーによると、「元々は工業用に開発されたもの」ということですが、このスタイリッシュなデザインから、家庭のインテリアとして使用する方が多いそうです。

また、とても軽くてコンパクトなので、女性にも人気があります。

首振りは、普通の左右の首振りではなく、円を大きく描くように扇風機の首が回るラウンドムーブ首振りを採用。これによって上下左右に円状に風を送れるようになりました。
25cmの小さい羽根からは想像できないほどの風速で、広い範囲に風を送ります。

さらに、普通の扇風機とは違い、アルミ羽根を採用しています。
アルミ羽根は、プラスチックの羽根と違って油汚れに強いので、キッチンで使用する方も多いようです。

元々は工業用なのに、家庭で使う方が多いのも納得できるかもしれませんね。

ドウシシャ「スリムコンパクトファン ピエリア」

「スリムコンパクトファン ピエリア」は、幅14㎝×奥行8.5㎝×高さ13.5 ㎝、重さは300gと大変にコンパクトで、たためば棚の中に本と一緒に並べて収納することができ、バックに入れての持ち運びにもかさばりません。
電源はコンセント、乾電池、USBのいずれにも対応し、電源コードの長さも120㎝と十分な長さになっています。

色も4色から選べますので、作業現場での休憩、オフィス、勉強部屋、乗り物の中などに携帯してシーンにあわせて使うことができます。
羽は13枚羽を採用し直流電源モーターで動かしているので、パワフルなのになめらかで優しい風が持ち味です。

風量も3段階に調整でき、上下の風向き調整も2段階に調整できる優れものです。羽が露出していないので小さなお子さんにも安心です。

まとめ

涼風がほしい時、こんなにもさまざまな風の選択肢があることを知っていましたか?
どの扇風機にも独自の魅力があるものですね。使う場所や使う人に合わせた扇風機を選び上手に活用して、暑い暑い日本の夏を快適に乗り切ってください。