話題の「カビトルデス」実力はいかに!使い方や注意点もご紹介します!

風呂場に発生する黒カビに悩まされている、という人は少なくないでしょう。頑固な黒カビに太刀打ちできず、カビが増えないようにするだけで手一杯、という人もいるかもしれません。そんな大変な風呂場掃除の大きな味方と言えるのが、「カビトルデス」というアイテムです。ここでは、「カビトルデス」の使い方や使う際の注意点を紹介します。

「カビトルデス」の実力

風呂場は湿気がこもりやすく、どれだけ換気をして気をつけていても、いつの間にかカビが発生しているものです。カビを発生させないようにするのが1番だと思っていても、現れたカビを取り除くのは骨が折れるものですよね。

また、カビが発生しないようにと毎日掃除したりお風呂を使った後は毎回水気を取ったりなど、気を張った生活を送るのは精神的にも疲れます。そうはいっても、黒カビは目に付きやすく、発生してしまうとそれだけで風呂場が不潔に見えるものです。カビが発生しても簡単に取り除ける方法があるなら、知っておきたいと思うでしょう。

そこで強い味方となるのが、「カビトルデス」です。名前からすでに期待できそうなカビトルデスですが、本当に効果はあるのでしょうか。

「カビトルデス」は風呂場の黒カビを除去することに特化したカビ取り剤です。カビトルデスの効果は、発生した頑固な黒カビを取り除くこと、さらに除去した部分への防カビ効果も同時に期待できます。家庭用のカビ取り剤と言うと、「カビキラー」を思い浮かべる人は多いでしょう。

カビキラーは泡タイプでカビに密着するとはいえ、垂直方向では垂れてきてしまい、効果が薄れるのが難点です。さらにスプレータイプのものは広範囲のカビには適していますが、ピンポイントのカビやカビ取り剤の飛び散りが気になる場合には、ジェルタイプのものが適しているでしょう。

カビトルデスはジェルタイプのため、天井や壁などのカビにも密着して効果を発揮するのが特徴です。液だれの恐れもないため、天井や高い場所への塗布も容易にできるでしょう。さらにカビ取り剤の多くは塩素系のため、独特の刺激臭があります。しかし、カビトルデスは低刺激臭タイプのため、ニオイを気にせず使えるのがポイントです。

カビトルデスの使い方

カビトルデスの使い方は、塗布部分をある程度キレイにした上で水気を取り、カビトルデスを塗布するだけです。さらに詳しい使い方を紹介しましょう。

基本の方法

  1. まず、簡単に汚れを取り除きます。カビ以外の汚れを取り除いた上で、カビに直接カビトルデスを塗ることが大切です。
    汚れを取った際に水分が残ってしまうと効果が減ってしまう可能性があります。そのため、水分は十分に拭き取った上でカビトルデスを塗りましょう。
  2. 塗布する際は、カビ汚れを周囲から包み込むように塗ります。
  3. その後、1~2時間放置しましょう。
  4. 時間が来たら水で洗い流すか、カビ取り剤が残らないように十分に拭き取れば終了です。

それでも取れない場合は

黒カビは非常に頑固です。中には一度の作業で取り除けない黒カビも存在するでしょう。取れなかった、と諦めてしまう場合もあるかもしれません。

しかし、そこで諦めずにもう一度同じ作業を繰り返してみましょう。

  1. 再度カビトルデスを塗って放置します。
  2. その後古い歯ブラシを使い、こすって浸透させます。
  3. 放置したら先ほどと同様、洗い流すか拭き取りを行います。

刺激臭の強いカビ取り剤であれば繰り返し作業をすることに苦痛を感じるかもしれませんが、カビトルデスは低刺激タイプのため、繰り返しの作業でもニオイに関して苦痛を感じることは少ないでしょう。

また、カビトルデスは赤いジェルタイプのため、塗布した部分が分かりやすいのもポイントです。洗い残しや拭き取り残しがあると皮膚についたり目に入ったりする恐れもあります。透明タイプのものではそうした可能性がありますが、赤いジェルであれば目につきやすいため、見落とす危険も少ないでしょう。

カビトルデスを使う際の注意点

カビトルデスは強力なカビ取り剤です。強力なため効果も期待できますが、カビトルデスに限らず塩素系の洗浄剤は刺激が強く、皮膚や目に入らないように気をつける必要があります。皮膚につくと痛みを感じたり、肌が荒れたりするでしょう。

目や口などの粘膜に付着した場合も、痛みや充血が見られる場合が多いです。付着した場合はすぐに水で洗い流します。充血が引かない、痛みが続くという場合は適切な処置を受けないと悪化する恐れもあるため、すぐに受診しましょう。

使用上の注意点を守ってこそ、カビトルデスを最大限に活用できます。まず使用する前には、風呂場の窓や戸を開けたり、換気扇を回したりなどし、換気を必ず行うようにします。さらに、皮膚や粘膜につかないよう、ゴム手袋やマスクを着用しましょう。ゴーグルや眼鏡があるのであれば、それらを使用するとより安全です。

また、作業後は必ず手を洗い、手をキレイにしてから顔や目を洗いましょう。カビトルデスを使用した後はキャップを閉め、冷暗所に保管します。小さな子どもがいる家庭は、子どもの手に触れない場所に仕舞うようにしましょう。

カビトルデスを塗布した後1~2時間放置しますが、放置する時間が長ければ長いほど効果が出るのではないかと考えがちです。しかし、長時間放置するとジェルが取れにくくなる場合があります。うっかり放置してしまってジェルが固まって取れにくくなった場合は、古い歯ブラシなどを使ってこすって取り除きましょう。

また、使用場所にも注意が必要です。カビ取り剤は非常に強力なため、使用する場所によっては素材の劣化の可能性も考えられます。まずは目立たない場所で使用してみて、影響がないか確認すると安心でしょう。

カジタクの浴室クリーニングはコチラ