布団収納袋は正しく使おう!正しい使い方とおすすめ商品をご紹介

布団はかさばりやすいため、収納しにくいと悩んでいる方もいるでしょう。そんなときに便利なのが、布団圧縮袋です。ただし、より快適に使用するためには、しっかり使い方を理解することや、自分のニーズにマッチした商品を選ぶことが大切です。そこで今回は、布団圧縮袋の正しい使い方や使用時の注意点、おすすめ商品などをご紹介します。

布団圧縮袋の正しい使い方

布団圧縮袋には、手で圧縮するタイプと掃除機で中の空気を吸い出し圧縮するタイプがあります。

手で圧縮するタイプは、まず袋の中に布団を全て入れ、ファスナーを閉めながら手で袋の中の空気を押し出していきます。体重をかけて袋を潰して空気を出したり、端から丸めて空気を押し出したりなどの方法があります。布団圧縮袋以外に特別な道具が必要なく、手軽に使用できることが特徴です。

掃除機で中の空気を吸い出すタイプは、袋の中に布団を入れて閉めた後、吸引口に掃除機の吸い込み口をあてて空気を吸い出します。布団圧縮袋のほかに掃除機が必要にはなりますが、機械で空気を吸い出すため、早くしっかり空気を抜き圧縮することができます。

布団圧縮袋を使用する際の注意点

布団圧縮袋を使用した方の中には、なかなかうまく圧縮できなかったという失敗談を持っている方もいるのではないでしょうか。布団圧縮袋でしっかり布団を圧縮するためには、いくつか注意点があります。まず大きな注意点として挙げられるのは、ファスナーに関することです。圧縮袋のファスナーは、単に閉めればしっかり密閉されるというものではありません。

それというのも、ファスナーの部分に小さなほこりやゴミなどが付着している可能性があり、それらが付着したままファスナーをしめるとうまく密閉がされない場合があるのです。そのため、すき間からすぐに空気が入ってしまったり、あるいは隙間からカビなどが入ってしまい中で繁殖したりなどの可能性が考えられます。

防ぐためには、使用する前に圧縮袋のファスナーの内側をよく拭いておくことが大切です。これにより、ファスナーがしっかりしまり、袋の中の密閉度が上がります。

また、布団圧縮袋に入れて布団を長期保管する場合は、袋に入れる前に布団のお手入れをしっかりしておくことも注意点の1つです。汚れた状態の布団を圧縮して保管すると、布団に付着した汗やカビなどが袋の中で変化・繁殖し、布団を傷めてしまうことにもなりかねません。圧縮袋に入れる前に時間をかけて天日干しをするなど、お手入れを十分した後で袋に入れましょう。

なお、布団圧縮袋は、布団のかさを減らして保管できる点が大きなメリットですが、布団の素材によっては、圧縮し過ぎてしまうと、袋から出した後、元の状態に戻りにくくなってしまう場合もあります。特に羽毛布団は特有のふんわり感がなくなってしまう可能性があるため要注意です。圧縮する際は、元々の布団の厚みの3分の1ほどを目安にするのが良いでしょう。

布団圧縮袋を選ぶ際のポイント

布団圧縮袋を選ぶ際は、布団のサイズや枚数などを考慮しながら考えるのが良いでしょう。袋のサイズに対し、布団が大きいとそもそも入らないことはもちろんですが、袋が大き過ぎても布団との間にスペースが空き、空気が入りやすくなってしまいます。布団にぴったりのサイズの商品を選ぶことが大切です。また、圧縮する布団の枚数が多い場合、手で空気を押し出すタイプを使用すると、途中で疲れてしまう可能性もあります。

手早く多くの布団を圧縮したいなら、掃除機を使用するタイプの方が効率的だと言えます。なお、掃除機を使用するタイプは、吸引口とノズルの形が合うかどうか必ず確認が必要です。

ほかには、商品によっては圧縮袋のほかに保管しやすく取り出すときも便利なケースが付いているタイプなどもあります。長期の保管を想定するなら、整理しやすいようこのようなタイプを選ぶのも良いでしょう。なお、抗菌や防ダニなどの機能が備わった圧縮袋なら、衛生面もさらに安心です。

おすすめの布団圧縮袋

ふとん圧縮袋(レック)

「ふとん圧縮袋」(レック)は、掃除機の吸い込みによって吸引口が自動的に開閉される自動ロック式の布団圧縮袋です。海外製などさまざまな掃除機に対応しているオールマイティさがポイントです。

ジッパー部分は開閉によって色が変わるため、視認しやすく使い勝手も抜群。M・L・LLとサイズ展開が豊富なところも嬉しいですね。

掃除機のいらない布団圧縮パック(東和産業)

「掃除機のいらない布団圧縮パック」(東和産業)は、掃除機不要で手軽に布団を圧縮できる商品です。空気のもれにくい逆止弁構造になっているところがポイント。チャックをしめるためのスライダー部品が始めから取り付けられていることなど、使いやすいさまざまな工夫が施されています。

S・M・Lとサイズが展開されており、価格も非常にリーズナブルです。コスパの高い圧縮袋を求める方におすすめです。

布団圧縮袋の使い方や注意点を理解して布団をコンパクトに収納しよう

布団圧縮袋の便利さを活かすためには、使い方や注意点をよく理解して使用することが大切です。また、布団圧縮袋はタイプやサイズ、機能性などによってさまざまな商品があるため、布団との相性を見ながら選ぶ必要もあります。

ぜひこの記事を参考にしながら布団圧縮袋を使い、布団をきれいな状態でコンパクトに収納しましょう。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!