意外とウォシュレットは汚れてる!?ウォシュレットのお掃除方法とは

ウォシュレットが起動している

デパートやショッピングモールなどを始め、最近ではご家庭のトイレにも普及しているウォシュレット。お尻に触れる水を出しているのだから、キレイにしていたい・・しかしウォシュレットの掃除の仕方はご存知でしょうか?今回は、あまり知られていないウォシュレットをキレイにする方法をご紹介していきます。

クエン酸が大活躍

クエン酸とレモン

トイレ掃除に重宝するのが「クエン酸」。ウォシュレットにもクエン酸が使えるのでぜひ試してみてください。

クエン酸スプレー

掃除を始める前に、クエン酸スプレーを作ります。水200mlに対して、クエン酸を小さじ1溶かした物をスプレーボトルや霧吹きに入れれば完成です!今回のウォシュレットだけではなく、便器の擦り洗いや便座の拭き掃除にも使えます。

クエン酸が無い

クエン酸は酸性。ご家庭にクエン酸が無い場合はお酢・レモン汁でも代用が可能です。家にあるもので掃除が出来るなんて嬉しいですよね。

まずは便器をキレイに

便器の中をスポンジで掃除している

ウォシュレットの水が飛び散り便器の内側が汚くなってしまい、結果的にウォシュレットも汚れてしまうという悪循環に。先ほどのクエン酸スプレーをスポンジやトイレ用のブラシに噴きかけて便器の内側を擦ります。

ウォシュレットの掃除

ウォシュレットから水が出ている

ウォシュレットのノズルは普段、見えないところに収納されているため、掃除が出来ない場所だと思っている方も居るようです。

ノズルを引き出す

ウォシュレットのノズルは、トイレの種類によって違いますが専用のボタンを押すタイプと引っ張り出せるタイプがほとんどです。無理に引っ張るのは故障の原因になるので、取扱説明書をきちんと確認してから行ってください。

クエン酸スプレーを散布

引き出したら、水の出ていない状態のウォシュレットのノズルにクエン酸スプレーを噴きかけて使い古した歯ブラシや綿棒などで汚れを落としていきます。使い古した歯ブラシは、細部の掃除にとても役立つので捨てずに取っておいてもいいですね。掃除が終わったらノズルを元に戻して完了です。

最後に

ウォシュレットの掃除は忘れがちですが、デリケートな箇所に触れる水を出す部分なのでトイレ掃除の際は一緒にキレイにするのがオススメです。時間がなくてそこまで手が回らない、便器の中を触るのはちょっと・・という方はプロのトイレクリーニングを試すのも良いと思いますよ。
カジタクのトイレクリーニングはコチラ!