電気ケトルは意外にお得?使ってみたいおすすめ電気ケトル4選

電気ケトルが人気になっていて、さまざまなメーカーが高機能の電気ケトルを開発・販売しています。核家族化がすすみ電気ポットのように大容量でなくてもお湯が間に合うようになった他、保温の電気代に関してもシビアになっている人が不得手来ているのもポイントになっています。
細かく温度調整ができる電気ケトルも登場し、お茶やコーヒーの味にこだわる人にも人気になっています。

電気ケトルの魅力とは?

電気ケトルのメリットは、お湯がすぐ沸くこと、ポットよりも電気料金などが安い傾向があることです。電気ポットはお湯をたくさん沸かしたいときに便利ですが、わくまでに時間がかかること、意外と電気代がかかることがデメリットになります。電気ケトルは少量をお湯を1~3分程度でわかすことができるため、食事のためのスープやコーヒー、お茶を作る際に便利なのです。
使いきり感覚でお湯を作れるため電気代も結果的に安くなることが多く、デザイン性に優れ、省スペースな電気ケトルが増えているのも魅力です。

電気ケトルを選ぶ際のポイント

1.容量

電気ケトルを選ぶ際に注目したいのがまず容量です。電気ケトルによってどの程度お湯が作れるかかわるため、一人暮らしなのか家族がいるかでも選び方が変わるのです。

2. 機能

また、お茶やコーヒーはお湯の温度によって味が変わるため、温度を調整できる電気ケトルもあります。味にこだわりたいのであれば温度調整がついた高機能の電気ケトルを選択することも視野に入ります。

3. 抗菌性

抗菌性も重要です。保温をせずにお湯を放置すれば雑菌が繁殖する原因になるため、抗菌性の高いものを購入するなど管理にも気を使った方が良いのです。

4. 掃除しやすさ

電気ケトルを選ぶ際には掃除のしやすさなどメンテナンス製を考えることも大切になります。電気ケトルによってサイズが異なるだけでなく、どこまで洗えるかが異なってきます。電気を使う関係上、外面は拭くだけになるものも多くなります。メンテナンスを忘れると汚れが目立ってしまうだけでなく、材質によって耐久性に違いが出るのもポイントになります。
プラスチックの電気ケトルでお湯を作って長時間放置すると臭い移りが発生しやすくなるなどデメリットも存在するため、使う頻度で材質を選択することも大切になります。

電気ケトルのお手入れのコツ

電気ケトルを使い続けると、底の部分にまだら上の白い汚れが発生することがあります。これは水垢と呼ばれる水の中のミネラルが固まってできる汚れで、定期的な掃除をするのがおすすめです。水垢がたまると熱伝導の効率が悪くなり、お湯が沸くまでに時間がかかるようになってきます。
水垢はクエン酸や酢、電気ケトル専用の洗剤などで落とすことができます。お湯をわかして捨てるだけで洗浄ができるものもあります。
外面はぬれた布などで拭くのが基本で、端子などに水が入る恐れがあることから水洗いできないものが殆どです。また、一部プラスチック素材はアルコールで拭くと割れやすくなるため、除菌のウェットティッシュなどで拭く場合には注意が必要です。

どれを選べばいい?オススメ電気ケトルを4つ紹介!

1. PRINCESS「ケトルステンレススティールデラックス」

PRINCESSの「ケトルステンレススティールデラックス」は空焚き防止機能があり、自動で電源がオフになるなど安全面の基本をしっかり抑えた電気ケトルです。150ccの水を約70秒で沸かせるなど、一杯だけコーヒーを飲みたい、お茶を飲みたいというときも使いやすくなっています。
カラーバリエーションは落ち着いた雰囲気のレッドと、定番のホワイト、ブラックの三種類です。最大容量は1リットルになるため、急な来客があった場合でも十分に間に合う容量になっています。
ステンレス素材でありながら比較的値段が手ごろなのも魅力になります。ステンレスにこだわりたいものの、値段はできれば安く抑えたい人に人気です。
デザインもスマートで、置く場所を選ばないのも特徴といえます。

2. ドリテック「アラビカ」

ドリテックの電気ケトル「アラビカ」は温度調整機能がついている電気ケトルで、15分の保温機能がついています。細口のノズルを採用しているのも特徴で、注ぐお湯の量を調整しやすいためコーヒーやお茶の味にこだわりたい人に人気の電気ケトルになります。最大容量は800mlと若干少なめですが、その分満タンにして早くお湯が作れるのも魅力になります。
温度調整機能がついているケトルの中では割安になり、40度から100度までと調整幅も広くなっています。赤ちゃんの粉ミルクを作るのにちょうどいい温度もカバーできるため、子育て中の人にも人気です。空焚き防止などの基本的な安全機能もついているため使いやすいのも魅力です。
細口ノズルのおしゃれさから、インテリア感覚でお位置に置くこともできそうですね!

3. ティファール「セーフ・トゥ・タッチ ブラック 1.0L」

名前のとおり安全性にこだわった電気ケトルがディファールのセーフ・トゥ・タッチです。本体を二重構造にして、内部の熱が外に伝わりにくくしているのがポイントになります。一部の電気ケトルのようにお湯が沸くと本体温度がアツくなり、取っ手以外の部分を火傷する恐れがないのです。保温性が高いほか、本体が継ぎ目のないステンレス構造になっているため、電気ケトルの掃除をしているときに内部に水が入る恐れがないなどメンテナンス製の高さも特徴になっています。
蓋がワンタッチで開くため、水を入れる時も蓋を外して付け直す手間がいらないなど、使い勝手の良さも追及しています。使い安さや機能性で選ばれる電気ポットの一つで、ティファールブランドの製品を使いたい人にも人気です。

4. ヤマゼン「電気ケトル(0.8) YKG-C800」

電気ケトル(0.8) YKG-C800はコーヒードリップを念頭において作られた細口の電気ケトルです。シンプルでスタイリッシュなデザインも特徴で、デザイン性に惹かれて購入する人もいます。0.8リットルと容量は少なめですが、コーヒーなどを飲むのにはちょうどいい容量になります。温度調整機能がついている他、保温機能や空焚き防止機能があるなど、コーヒーなどをじっくり楽しみたい人のための機能が充実しています。
温度設定も6段階に分けた簡易設定ができるほか、1度単位の調整も可能になっています。温度は60度から100度までになっていて、コーヒーだけでなくお茶の味にこだわりたい人にも人気です。低温のお湯の方が味と香りが引き立つお茶もあるため、贅沢なひと時を楽しみたい人に人気の商品になります。

まとめ

いかがでしたか?
電気ケトルは少量のお湯をすぐに沸かせるだけでなく、温度調整機能がつくなど機能性が高いものもあります。電気ポットと違った使い勝手の良さや維持にかかる電気代の安さが魅力で、生活を便利に、豊かにしてくれることも多いのです。
電気ケトルを選ぶ際に参考にしていただけたら幸いです。