道具はこれだけ!洗剤を使わない電子レンジのお掃除のコツ

電子レンジを布巾で拭いている

食品の温めや時短料理など、なにかと便利な電子レンジ。「直接食べ物を置くわけじゃないから」とお掃除もついつい後回しになっていませんか?放っておくと汚れはどんどん落ちにくくなるし、かといって洗剤使った後に温めるのは不安。そんなときに試してほしい効果的な方法をご紹介します。

見えないところが汚れているかも?

電子レンジでパスタを温めている画像

毎日のように使う電子レンジ。外からみたらキレイでも内側の天井部分など、意外と汚れがたまっているかもしれません。温めすぎてラップのすき間から液体が飛び散っていることもあるんです。そのままにしていると汚れが焦げ付いて、温めるたびに余計な電力を使ったり、故障や発火の危険も。かといって強力な洗剤を使ってお掃除したあと食品を加熱するのはちょっと心配ですよね。

今すぐ出来る!掃除方法

スプレーボトルと掃除道具

一般のご家庭にあるもので出来る、簡単な掃除方法をご紹介します♪

準備するもの

  • 重曹or セスキ炭酸ソーダ
  • レンジで使える容器
  • 古布やキッチンペーパー

どこのお家にもありそうなものばかりですよね。重曹やセスキは100円ショップでも売っています。レンジで使える容器はコップ1杯ほどの水が入ればOKです。

お掃除の手順

  1. コップ1杯ほどの水に対して大さじ1杯の重曹orセスキ炭酸ソーダを混ぜ、レンジで3分から5分ほど加熱します。このときラップはかけないでくださいね。
  2. 扉を閉めたまま、20分ほど放置します。このときに水蒸気と重曹が汚れをふやかして落としやすくしてくれます。
  3. 古布やキッチンペーパーに先ほど使った重曹入りの水をつけて軽く絞ってから、レンジの内側を拭きます。最後に乾拭きをしてくださいね。

レンジでチンして放っておくだけで、汚れがやわらかくなるので、その間に他の作業も出来て良いですよね。

外側のお掃除にはマイクロファイバーもおススメ

マイクロファイバークロス

通気口のホコリを乾拭きしたり、取っ手やボタン部分などの軽い汚れならマイクロファイバー特有の極細繊維が、キレイに絡めとってくれます。100円ショップやスーパーでも簡単に手に入りますよ。

使うたびにお掃除するのが1番

レンジの温度を調節している女性

毎回使うたびに拭き掃除するのが良いのは分っているけど、朝バタバタしているとその時間も惜しかったりしますよね。そんなときは1週間に1度でもこの方法で効率よくお掃除してみてはいかがでしょうか♪

最後に

今回ご紹介した方法でも中々落ちないような頑固な汚れが既についている場合はプロのクリーニングに依頼するのがおすすめです!電子レンジは各社オプションでの対応のため別料金になりますが、とってもきれいになるのでオススメですよ♪
カジタクのキッチンクリーニングを見る

キッチンクリーニングを頼むならカジタク!

コンロ五徳の浸け置き洗浄から排水口のぬめり取り、ステンレス類の磨き上げまで面倒な箇所をまとめてきれいに!
花王と共同で使用洗剤を厳選しているから、安心してお掃除をおまかせください!

キッチンクリーニングのビフォー・アフター

キッチンクリーニングをプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメ

キッチンがキレイになると、毎日の料理が楽しくなりますよ。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクのキッチンクリーニングを見る