排水口の中だけじゃない!カビ対策のポイントとは?

シンクのアップ

排水口は気を付けてこまめにお掃除している方も多いと思いますが、それだけではカビ対策は不十分なんです。もうひとつの大事なポイントとは?今回は排水口のお掃除の方法とカビ対策についてご紹介します。

排水口の中だけでは不十分

シンクの掃除をしている

シンクの排水口はしっかりお掃除しているかもしれませんが、意外とシンク下の排水口まわりにカビが生えてしまうことがあるんです。排水口のタンクやパイプの温度が変わりやすくてすぐに湿気がたまってしまうんですよ。調理器具を収納することが多いので、食中毒予防のためにも排水口だけではなくシンク下もしっかり対策が必要です。

まずは排水口のお掃除

排水口の汚れを放っておくと詰まってしまったり嫌なにおいがしたりしてウンザリしますよね。毎日のお掃除を習慣にしましょう。

ごみ受けの汚れをブラシなどできれいに落とします。ごみ受けをはずしたら排水トラップとカバーの汚れを落としていきます。矢印が書いてある方に回して排水トラップをはずして、ブラシでこすると簡単にお掃除できますよ。

あまりさわりたくない場合には重曹をふりかけてからお酢やクエン酸を水に溶かしたものをかけるとシュワシュワと泡が出て、泡の力で汚れを浮かせてくれるのでおススメです。最後にお湯を流せば簡単にきれいにできますよ。

シンク下のカビ予防について

シンクまわりの扉

とにかく湿気をためないように毎日1回は扉を開けて換気をしましょう。毎日時間を決めて習慣にしてしまうと忘れなくていいですね。
使った後の調理器具をしまうときにもしっかり乾かしてから収納しましょう。とくにザルは洗ったまま収納しがちなのでご注意ください。ふたのついた鍋なども中に水気が残っていると乾燥しにくいので、しっかり拭いてから収納しましょう。
詰めすぎないように収納するのが効果的に換気できるポイントです。
調味料や木製のまな板はカビが発生する原因になりやすいので、別の場所にしまうのがおススメです。

まとめ

調理器具

  • 排水口は中だけではなくシンク下も要チェック
  • 1日1度は扉をあける
  • 調味料などカビやすいものを収納しない
  • 調理器具はしっかり乾燥させて収納する

以上のことに注意して、排水口のカビ対策を行いましょう。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!