洗濯用洗剤の選び方を紹介します!オススメの洗濯用洗剤もピックアップ!

毎日の洗濯で使う洗濯用洗剤は、出来れば洗浄力が高くコスパが良いものを使いたいものですよね。ふんわりとした仕上がりやくっきりとした白さが際立つタイプのもあり、その洗濯用洗剤の種類は多数あります。
そこで今回は、毎日の洗濯で使用される洗濯用洗剤の種類とそのメリット、自分に合った洗濯用洗剤の選び方、オススメの洗濯用洗剤を紹介いたします。
洗濯用洗剤と一言でいってもその成分によって特徴があり、自分に合った洗濯用洗剤を選ぶ事でより快適で効率的な衣類クリーニングをする事ができます。

洗濯用洗剤の種類とは?

洗濯用洗剤を分類する時には「液体タイプ」か「粉末タイプ」に分ける事ができます。その時のメリットをまずは見ていきましょう。

・液体タイプのメリット

粉末タイプよりも衣類へのダメージが少なく、洗剤の成分がすぐに水に溶けだしスピーディーな洗濯する事ができる。海外製品などもほとんど液体タイプなので、海外の洗濯用洗剤を使用したいのであれば液体タイプがおすすめ

・粉末タイプのメリット

液体タイプよりも洗浄力が高く、しつこい黄ばみやシミなども効果的に洗浄する事ができる。より白く際立たせてくれる蛍光増白剤入りの洗濯用洗剤では粉末タイプがおすすめ。

上記の他にも今はジェルボールタイプの洗濯用洗剤もあり、計量しないで投入する事ができるので、大量の衣類を選択する時には便利に使うことができます。

この他にも洗濯用洗剤では成分も分ける事ができて、主に「中性」と「弱アルカリ」とに分ける事ができます。

・中性タイプのメリット

よりデリケートな衣類を洗浄する時に向いている洗濯用洗剤で、シルクやウールの洗浄にも向いている。

・弱アルカリ性タイプのメリット

中性タイプよりも洗浄力が高く、食べ物のシミや落ちにくい皮脂汚れなどにも効果的に洗浄する事ができる。

中性タイプと弱アルカリタイプをあわせたタイプもあり、普段使うのでしたら「中性/弱アルカリ」タイプのものが良いでしょう。

洗濯用製剤を選ぶポイント

ポイントその1. 洗浄力

洗濯用洗剤で選ぶべきポイントで最も重要なことは洗浄力になっていきます。多くの主婦の方が洗濯用洗剤を選ぶ時には求めるものです。

洗浄力で選ぶ際は先ほどの弱アルカリがベストになりますが、より白くしたい人には蛍光増白剤入りの洗濯用洗剤が良いでしょう。

さらに液体タイプよりも粉末タイプの方が洗浄力では優れた物が多く、液体タイプは水に溶けだすとやや中性に近くなってしまうタイプのものもあります。

洗浄力をより求めたい人には、弱アルカリで粉末タイプの洗濯用洗剤が向いています。

ポイントその2. 洗剤の成分

特に洗浄力に多くを求めない場合では、洗剤の成分なども選び方のポイントになります。洗濯用洗剤はオーガニックな成分で天然成分のみで作られているタイプのものもあり、肌にやさしく敏感肌の人でも手が荒れる事なく選択する事ができます。

天然成分でできている洗濯用洗剤は環境にもやさしく、小さな子供や赤ちゃんがいる家庭などでも使われている事が多く、合成着色料や合成界面活性剤などの合成成分も含まれていません。

より人や環境にやさしい洗濯用洗剤を選ぶ時には、天然成分でできた液体石けんタイプがおすすめになります。

ポイントその3. 価格・コストパフォーマンス

毎日のように使う洗濯用洗剤は価格やコスパといったものも選ぶ時には重要で、より安くより高い洗浄力がある洗濯用洗剤を選びたいものです。

よりコスパが良くて高い洗浄力となると、大手メーカーの定番モデルがおすすめとなりますが、衣類や使う用途にあわせて洗濯用洗剤を選ぶ事でよりコスパは高くなって行きます。そのためには、中性タイプと弱アルカリ性タイプを使い分ける事が必用で、使い分ける事によって衣類も痛まずにより効果的に洗濯する事ができます。

おすすめ洗濯用洗剤は?4つの洗剤をピックアップ

1. 旭化成ホームプロダクツ「フロッシュ」

カエルのロゴがインパクトのある洗濯用洗剤の「フロッシュ」は、販売しているのは日本のメーカーの旭化成ホームプロダクツですが、もともとはドイツにある会社から生まれました。ドイツは環境先進国としても有名でフロッシュにおいても環境にはとてもやさしい成分となっています。

フロッシュの特徴は液体洗剤の弱アルカリ性のタイプで、やや洗剤としては高めのコストで日本で売られている洗剤の価格と比べると2倍弱といった感じになります。
コスパはやや悪いですが、その分洗浄力は高く特に色汚れなどには効果的に洗浄する事ができます。

アップルの香りでさわやかに仕上げる事ができて、海外ブランドの洗浄力の高さを試してみたい人にはフロッシュがおすすめになります。

2. SOMALI「洗濯用液体石けん 600ml」

SOMALIの「洗濯用液体石けん」は植物オイル100%の純石けんから作られているので、肌にやさしく敏感肌の人が洗濯する場合や、赤ちゃんがいる家庭などにオススメの洗濯用洗剤です。

合成着色料や合成香料、合成界面活性剤、防腐剤などが全く使われていないので環境にもやさしく使う事ができます。

純石けんの詳しい成分にはヤシ油カリウム石けんとオレイン酸カリ石けんを配合した物となり、どちらも植物成分(ヤシ・アブラヤシ)から作られたものとなります。

洗浄力では水に馴染みやすい成分なので、繊維の奥まで浸透し汚れもキレイに洗浄する事ができます。

液体石けんは洗浄力に不安があると思われている方もいますが、SOMALIの洗濯用液体石けんはシンプルな原料を最適のバランスで配合されているので、洗浄力を落とすことなく肌にやさしい液体石けんで洗浄する事ができます。

3. がんこ本舗「洗濯用洗剤 海へ…」

がんこ本舗から出ている「洗濯用洗剤 海へ…」はやや特徴的な名前の洗濯用洗剤ですが、その名前の由来は海洋タンカーの原油流出事故の時に使われた洗浄剤を基に作られているためです。そのため、洗浄力と環境面では抜群でさまざま衣類にも対応しています。

液性は中性なので、綿、麻、化学繊維はもちろんのことウール、シルク、カシミヤなどのドライ衣類にも問題なく洗う事ができます。

海へ…は液体タイプの洗濯用洗剤で1回の洗濯での使用量がとても少なく、わずかティースプーン1杯分(5ml)で洗濯する事ができます。

パッチテスト、スティンギングテストなどお肌への安全性試験を行っているのでご安心してお使いいただけます。*すべての方に肌トラブルが起こらないということではありません。

4. ソネット「ナチュラルウォッシュリキッド ウール・シルク」

“化粧用の小さな石けん”という意味からその名前が付いたソネットは、オーガニック先進国のドイツの洗濯洗剤メーカー。そのソネットから出ている「ナチュラルウォッシュリキッド ウール・シルク」の主成分はオリーブ油で作られていて、赤ちゃんの肌着でも問題なく洗濯する事ができます。

名前の通りウール、シルクを洗濯する事に得意とし洗剤ですが、綿や麻、合成繊維なども洗濯する事ができます。

液体洗剤でドラム式洗濯機にも使用する事ができ、オリーブ油石けんから作られているため生地に余計なダメージを与える事なくふんわりと仕上げる事ができます。

香はラベンダーエッセンシャルオイルが使われているため、洗濯しながらもやさしい香りを楽しむ事ができます。

5. サラヤ「arau」

創業から半世紀以上もあるサラヤは天然成分を使った家庭用製品や健康食品が特徴ですが、洗濯用洗剤の「arau」においても肌にやさしい成分の洗濯用洗剤となります。

arauの特徴は100%植物成分の無添加石けんが原料となっており、生まれたての赤ちゃんの肌着から敏感肌の大人の衣類にいたるまで幅広く使用する事ができます。

天然ハーブによるほのかな香りも特徴で、ラベンダー&スペアミントのナチュラルタイプか、5種類のハーブをブレンドしたゼラニウムタイプの2つから選ぶ事ができます。

その他にも、「aura 衣類なめらか仕上げ」のタイプがありナチュラルタイプかゼラニウムのどちらかと併用する事で、よりなめらかでふんわりとした仕上がりにしてくれます。

まとめ

洗濯用洗剤の種類はとても多いですが、自分に合った洗濯用洗剤を選ぶ事でより効果的に洗濯する事ができます。選ぶ時のポイントは洗浄力や成分、コスパなどがありますがその他にも香りやブランドで選んでみるのも良いでしょう。

家庭での洗濯は毎日の作業となってしまう事も多く、お気に入りの洗濯用洗剤を1つはキープしておきたいものですよね。