正しい洗濯で縮みを抑える!コットン素材とウール素材の洗い方

セーターやブラウスがハンガーに掛けてある

セーターやシャツを洗濯して縮んでしまった経験はないでしょうか。その原因は水を吸い込むと縮んでしまう素材だからです。大抵の衣類は洗濯しても縮むことは少ないですがこの2つの素材の中では洗濯さえ出来ないものもあり、まずは洗っても良いのか見極める必要があります。今回は、洗濯可能か見分ける方法や素材別の洗濯方法をご紹介します。

洗濯で縮む素材と原因

いくつもの綿が置いてある

洗濯をして縮んでしまったとよく耳にするのは2つの素材です。それぞれの素材の特徴やや縮む原因をご紹介します。

洗濯で縮む素材1:コットン素材

コットン素材の特徴は、肌触りが良く水・アルカリに強いところです。しかし、水に強い反面縮みやすいというデメリットがあります。繊維の中に水を含みやすく乾燥すると以前よりも縮んでしまうのです。

洗濯で縮む素材2:ウール素材

ウール素材の特徴は保温に優れていることです。主にセーターやコートに使用されています。天然繊維であるウール素材は水に弱く、濡れてしまうと繊維が硬くなり縮んでしまうのです。

洗濯可能か見分ける方法

洗濯表示タグのアップ

洗濯が可能か見分ける方法は衣類の右内側に付いていることが多い洗濯表示タグを確認することです。「洗濯機マーク」や「手洗い・ドライ洗いマーク」が付いていると水に濡れても正しい方法で洗えば縮みは軽減されます。コットン素材やウール素材でも洗濯表示タグを確認してみると意外と洗濯OKな衣類の場合もあります。クリーニングではなく自宅で洗濯したい場合はこれからご紹介する方法を参考にしてみてはいかがでしょうか。

コットン素材の洗濯方法

赤色のブラウスが畳んで置いてある

まずはコットン素材の正しい洗い方をご紹介します。

正しい洗濯方法

汚れがある場合は中性洗剤を汚れ部分に垂らしておきます。
衣類を畳んで洗濯ネットに入れましょう。
洗濯機は「手洗い・ドライコース」を選びます。
脱水は30秒以内で終わらせて完了です。

ウール素材より洗濯機で洗えるものが多いコットン素材。ポイントは必ず「手洗い・ドライコース」を選択することです。そして洗濯ネットに入れてあげましょう。摩擦が軽減され、繊維が固くなるのを防いでくれます。脱水はコットン素材の衣類が縮む原因の1つなので、出来るだけ短い時間で終わらせましょう。

ウール素材の洗濯方法

白やグレーなどのセーターが畳んで置いてある

コットン素材よりもデリケートで水に弱いウール素材。洗濯機よりも縮みを抑える手洗い洗濯方法をご紹介します。

正しい洗濯方法

  1. 洗面器にぬるま湯(30°以下)と中性洗剤を入れ、よく混ぜます。
  2. 衣類を5分ほど洗面器の中で押し洗いをしましょう。
  3. 洗剤などを何も入れていないぬるま湯に入れ替え、2分ほど押し洗いをします。
  4. 優しく絞り水分を取り除きましょう。
  5. バスタオルなどの大きいタオルに包み更に水気を吸い取り完了です。

押し洗いの時は絶対にこすったり揉んだりしないようにするのがポイント。余計に縮んでしまう可能性があるので気を付けましょう。

最後に

コットン素材とウール素材は水に濡れて繊維が固まり縮むと考えられています。自宅で洗濯をしたい場合には衣類が洗濯できるものなのかを洗濯表示タグで確認することが大前提です。それぞれ正しい洗い方をして、お気に入りの一着を長く着続けるようにしましょう。
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!