窓ガラス掃除は意外と簡単!オススメ掃除方法とコツを紹介

窓ガラス掃除

窓掃除と一口に言っても外側に内側に、サッシ部分もやらなければ…とやろうと思ったはいいけど憂鬱になってしまうことはありませんか?
窓の掃除はちょっとしたコツがわかれば意外と簡単にできてしまうんです。今回は、場所別に掃除のコツを紹介していきます。

窓ガラスの汚れの原因には何があるの?

窓ガラスの汚れは、内側と外側で異なる原因が考えられます。まずガラスの内側につく汚れの原因は、手垢やホコリ、煙草のヤニ、油汚れなどが多いです。

汚れた手でガラスに触れたり、手の皮脂がガラスにくっついて室内のホコリやゴミが付着しやすくなります。煙草のヤニはガラスを黄ばませることもあり、落としにくい頑固な汚れとなりやすいです。油汚れは台所の窓につくことが多い汚れで、料理することで油が含まれた水蒸気が発生し、ガラスを汚してしまう場合があります。

外側の汚れは、風にのって飛んでくる花粉や砂、泥、黄砂、雨、車などが出す排気ガスが原因であることが多いです。
空気中に含まれる砂やゴミなどの汚れは風が吹くと窓ガラスに付着し、そのまま放置しておくと汚れが固まって落としにくくなる場合もあります。雨風が吹くと水や泥、網戸に付着していた汚れがガラスにつくこともありますし、花粉や黄砂などがたくさん飛んでいる時期はガラスも汚れやすくなります。道路が近い部屋の場合は車が出す排気ガスが原因の汚れがつきやすく、いずれの場合も汚れを放っておかず、こまめに掃除することがガラスの綺麗さを保つ秘訣になります。

窓ガラスの掃除方法

まず、窓の掃除の大部分を占める窓ガラスの掃除です。窓ガラス汚れの正体は内側と外側で違っていて、外側は雨や風によって飛ばされてきた土埃、場所によっては黄砂などです。内側はどの地方であっても共通して、台所近くならば跳ねたり水蒸気に含まれてしまった油、手垢や室内の埃、そしてカビによるものです。

必要なもの

新聞紙

これらの汚れに最適な掃除方法と必要なものはなんと「新聞紙」これだけです。結露が酷いなどの場合は窓用ワイパーなどがあると便利ですが、なくても大丈夫です。

手順

では最初に窓の状態を確認しましょう。外気温との差で結露が出ていないか確認してください。もしでているならばかえってチャンスです。新聞紙一面分をクシャクシャと丸めて、その新聞紙ボールで窓を綺麗に拭いてしまいましょう。水気をとりながら隅々まで拭くのがコツです。もし結露での水気が多すぎる場合はワイパーで多すぎる水分はのぞいてください。

もし、まったく水気がないのであればさっと濡らした新聞紙ボールで窓を拭き、その後乾いた新聞紙ボールで乾拭きをしてください。

では、なぜ新聞紙が窓ふきに有効なのでしょうか?その秘密は新聞紙に使われているインクにあります。新聞紙のインクが油分や手垢の成分を分解してくれるので、洗剤を使用しなくても窓を綺麗にしてくれるんです。

また、インクによって曇り止めやツヤだし効果も期待できますよ。これを応用すると鏡も同じようにキレイに出来ますので、時間があるときに是非試してみてくださいね。

窓枠のゴム掃除

窓を拭き終わったら窓枠のゴム部分を見ていきましょう。この部分は傷つきやすいため使わなくなった歯ブラシでの掃除が効果的です。クリームクレンザーなどで定期的に磨きましょう。もしカビが酷い場合はカビ取り剤を塗ってから水拭き、乾拭きと手入れをしましょう。
一度カビてしまうと手入れがめんどくさくなってしまいますので、できるだけこまめな掃除を心掛けたいですね。

網戸掃除

次に網戸の掃除ですが、便利グッズを使うと簡単に掃除できます。
実は網戸用ワイパーは百円均一で買えてしまうんです。ワイパーは本体と窓拭き用のシートが個別になっており、合計で200円ですが、一回にシート一枚と考えればかなり経済的と言えるでしょう。この網戸用ワイパーでさっとひと拭きするだけで大方の汚れはとれます。ただし、少しほこりなどが飛んでしまう可能性もありますので予め窓の近くに新聞紙を敷いておくなどの対策は必要となります。
けれど、いちいち外してホースで水をかけて…という手間を考えればすぐ実行できるこれは優れものですよね。

サッシの掃除

サッシ

用意するもの

  • 刷毛やブラシ
  • 掃除機
  • 片栗粉
  • 塩素系漂白剤

手順

①土埃を掻き出す

ブラシで固まっている土埃などの汚れを掻きだしながら、掃除機で吸い取っていきます。ブラシはあまり小さすぎると広範囲なサッシを擦るには少し大変になってしまいますので、ちょっと大きめのものを用意するのがコツとなります。
まずは大雑把に大体の汚れを掻きだして、細かい部分はあとからやろうという気持ちが掃除を完遂するためのコツです。

②細かい部分の掃除

さて、大雑把に綺麗にできたら次は細かい部分の掃除です。細かい部分はつまようじや歯ブラシなどで掻きだしましょう。

もし汚れが頑固すぎてこの二つでは太刀打ちできそうにない場合は、最終兵器マイナスドライバー+ウェットティッシュの出番です。マイナスドライバーだけではサッシに傷をつけてしまう可能性がありますが、それをウェットティッシュでカバーします。ついでに汚れを湿らせて浮かせる効果もあるので一石二鳥となります。
こうして汚れを取り去ったら水拭き、乾拭きをして完成となります。

③カビ取り

ただし、たまに黒い奴がいたりしませんか?そう、家の汚れ代表のカビです。内部と外部の温度差が激しいので、窓周辺は結露などでどうしてもカビがつきやすくなってしまいます。サッシが黒ずんでいたら、まず間違いなくカビと思っていいでしょう。

そんなカビの対処法はずばり「片栗粉」です。片栗粉に塩素系漂白剤を混ぜてぐりぐりと練ってペースト状にします。手が荒れやすい方はゴム手袋などを用意して直接触らないように注意してくださいね。

この漂白剤ペーストを黒ずんだ部分にべったりと塗り込んでいきます。5分ほど放置したらあとはティッシュなどでふき取って、水拭き、乾拭きで完成です。ゴム部分などは塩素系漂白剤と相性が悪いため放置のしすぎによって劣化してしまうので注意が必要となります。

新聞紙以外にも!簡単に窓ガラスを掃除するには?

新聞紙を使う掃除方法以外にも、100円ショップで売っているメラミンスポンジや、両面ガラスクリーナーなどの掃除道具を使用するのもおすすめです。
メラミンスポンジに水を含ませて汚れた部分をこすると、洗剤を使わなくても簡単にガラスを綺麗にすることができます。メラミンスポンジは汚れを削り落とすため、柔らかい素材のものや傷つきやすい素材のものには使用できませんが、ガラスは硬い素材なので使用可能です。ただしガラスの一部がコーティングされているもの、樹脂フィルムが貼られているガラスの場合は、コーティング部分に傷がつくおそれがあるので注意する必要があります。

両面ガラスクリーナーは磁石の力で2つのクリーナーをガラスの内側と外側からくっつけて、内側のクリーナーを動かすと同時に外側のクリーナーも動かし、一度に両面のガラスを拭ける掃除道具です。このため高い場所に設置されている窓も安全に掃除ができ、掃除時間も短くなります。

これはNG!やってはいけない窓ガラスの掃除方法

ガラスを掃除する時にやってはいけないことは、ガラスに直接洗剤スプレーなどを吹きかけること、最初に全ての窓に洗剤をつけること、掃除に時間をかけすぎることです。
洗剤スプレーを使用する時はガラスに直接吹きかけず、タオルや雑巾にスプレーして掃除しましょう。ガラスに直接吹きかけると洗剤が垂れて跡がついてしまったり、うまく拭き取れずムラとなってしまう可能性がありますので、避けた方が良いでしょう。
また、最初に全ての窓に洗剤をつけると布巾などで拭き取る前に乾いてしまい、ガラスに洗剤の跡が残ってしまう場合があります。ガラス掃除をする時は1枚ずつ洗剤をつけて、乾く前に素早く拭き取るようにしましょう。
これと同様に、窓の掃除はなるべく短い時間ですませるようにしましょう。洗剤だけではなく砂やホコリなどの汚れも、一度水に濡らした後に再度乾燥すると、ガラスにこびりついて落としにくくなります。手早く掃除すればそのような事態も防げるので、時間をかけずに掃除するよう心がけましょう。

窓ガラスのおすすめな掃除時期・時間

窓ガラスを掃除するなら、年末の大掃除の時期や黄砂の飛来が落ち着く6月から7月、湿気がある曇りや雨上がりの日、朝や夕方がおすすめです。
冬は外との気温差によって窓に結露が起こることも多く、結露を放置するとカビの原因になることもあります。年末の大掃除の時期に窓を掃除すればカビの発生が防止できますし、綺麗になった窓に囲まれて気持ちよく新年を迎えることができます。6月から7月は大掃除から半年経過しているので汚れもたまっており、黄砂もちょうどこの位の時期で落ちつくことが多いので、窓の掃除にはぴったりな時期です。

また、曇りの日や雨上がりの日は湿度が上がりガラスに付着した汚れが浮き上がって落としやすくなるので、窓の掃除もしやすくなります。
窓ガラスを掃除する時間帯については、汚れが目で確認しやすい夕方や、乾燥するスピードが日中ほど速くない朝に掃除するのがおすすめです。日中の掃除は乾燥しやすいためガラスに拭き跡が残りやすいですし、光が反射して汚れが見えにくくなるので避けた方が良いでしょう。

家中の掃除をまとめてするならプロにおまかせ

以上のやり方で窓の掃除は終了です。特別な道具はほとんどいりませんので、皆さんも綺麗な窓をキープしてくださいね。

窓掃除をキッカケに家中を掃除したい!という方には、プロのクリーニングをお願いすることがおすすめです。エアコン、トイレ、洗面所、浴室、キッチンなど様々な箇所のサービスがあり、自分の家に合わせたクリーニングをお願いすることができます。

カジタクの窓・サッシ・網戸クリーニングはコチラ!

窓・サッシ・網戸クリーニングを頼むならカジタク!

汚れの種類や場所に合わせてプロが機材・洗剤を使い分け、カビや水垢等のしつこい汚れを徹底洗浄し、窓がピカピカに
花王と共同で使用洗剤を厳選しているから、安心してお掃除をおまかせください!

窓・サッシ・網戸クリーニングをプロに頼むなら実績があるカジタクがオススメ

カジタクのメリット

窓は砂埃、粉塵、タバコのヤニ等の汚れ、結露によるカビなど、窓の周りは汚れがいっぱいです。ぜひ皆さんも一度プロに任せてきれいなお家で気持ちよく過ごしましょう!

カジタクの窓・サッシ・網戸クリーニングを見る