ボールペンインクはコレで落とす!染みぬき方法を解説

ボールペンを使っていて服にインクをつけてしまった場合、どうしてますか。どうせ落ちないと思い、そのまま放っておいたりしていないでしょうか。落ちないと思っているボールペンインクの汚れも、きちんとした処置をすれば綺麗に落とせます。外出先などで汚れてしまった場合でも、ちょっとした手当てさえしておけば綺麗に落とせる、そんな処置方法についてご紹介します。

油性ボールペンインクの落とし方

用意するものは、

  • 毒用エタノールまたは除光液(プロピレングリコール類が含まれているもの。それ以外では効果がないので注意)
  • 汚れてもいい布2枚(無地のもの。染料等でプリント柄があるとその色が服に付着してしまうので使わないようにします。無い場合はティッシュ等で代用可能です。)
  • 汚れてもいいビニール(同様に無地のもの)

手順

  • まずエタノールあるいは除光液を服に少しだけつけ、繊維を傷めたり色が変化したりしないか確認します。ここで服の繊維に変化があるようですと逆に汚してしまうことになるので、この確認は必ず行って下さい。
  • 服に異常が見られなければ、次に作業をする場所にビニールを敷きます。
  • そこに、用意した布切れの1枚を敷き、さらにインクで汚れた部分を下(裏側)にして服をその上にのせます。
  • エタノールまたは除光液を服の汚れた部分の裏から(つまり今、表面になっている所から)少しずつかけて行きます。その後、もう一枚の布で服をたたき、染みになっているインクを上下の布に溶かし出して落として行きます。重要なポイントは「たたく」ように作業することです。擦ってしまうとインクが繊維の中にさらに入り込んでしまい落ちにくくなりますので注意して下さい。
  • たたきながら適宜エタノールまたは除光液を加え、インクが染み出さなくなるまで作業を繰り返します。
  • インクが取れたら洗濯をし、作業に使った液を落とします。洗濯は染み抜き作業の後、出来るだけ早く行って下さい。時間をあけてしまうと輪染みになって跡が残ってしまいます。

もしビニールが用意できない場合は洗面所やお風呂場などで作業をしましょう。また、使い捨ての歯ブラシがあれば用意して、最初にエタノールか除光液をかけた後に「トントン」という感じで叩くと効果的にインクを浮かせることができるので便利です。ただこの際も決してブラシで擦らないように注意しましょう。せっかく浮いたインクが繊維の中に入ってしまいます。

水性ボールペンインクの落とし方

次に水性ボールペンのインクが服についてしまった場合の落とし方ですが何通りかあります。

最も簡単な方法

最も簡単な方法は、まず服の汚れた部分を水に濡らします。その上へペーパータオルなどを置き、染み込んだインクが浮き上がって来るのを待ちます。汚れ具合に応じてこれを何度か繰り返した後、洗濯をします。

水と石鹸を使う方法

次に水と石鹸を使った方法です。石鹸は洗面所で使う手洗い石鹸でも洗濯石鹸でも結構です。服の汚れた部分に水と石鹸をつけ、もみ洗いします。汚れが染み出して泡が汚れたなと思ったら水で流してすすぎます。もみ洗いとすすぎをインク汚れが取れるまで繰り返します。汚れが取れたら、よくすすぎ、洗濯をします。
石鹸を使った方法では、よく泡立てて丁寧にもみ洗いすることがポイントです。ぬるま湯を使えばさらに効果的です。

外出先などでの応急処置方法について

外出先など十分な道具が用意出来ず、時間もない状況でボールペンのインクで服を汚してしまった場合、何もしないで放っておくと完全に染みになって落ちなくなることがあります。少しでも汚れを落としやすくするためにできる応急処置について説明します。

水性インクの場合

まず、水性インクの場合、服のインクで汚れた部分の裏にティッシュペーパーを敷きます。そこへ濡らしてから十分に絞った布を使って上からたたきます。たたくことによってインクが浮き、汚れが布に移ります。必要に応じて布を濡らして絞り直し、作業を繰り返して出来るだけ汚れを布の方に移します。汚れが布に移らなくなったら作業を止め、外出から帰宅後、できるだけ早く洗濯をします。

油性インクの場合

次に、油性インクの場合ですが、こちらは服の繊維の上にインクの汚れがのっている状態です。十分な道具がない状態で出来る応急処置としては乾いた布を汚れた部分をつまむようにして当て、汚れを浮かせておくことです。擦ると繊維の中に汚れが染み込んでしまうので取り敢えず浮かせた状態にし、帰宅後、除光液などを使って染み抜きし、洗濯します。覚えておくと良いのは、もし中性洗剤が使える状況であればインクで汚れた箇所に少しだけつけ、ティッシュで軽く「トントン」と叩いておくだけでも汚れが浮いて、後で本格的な処置をした時に落ちやすくなります。

水性、油性どちらのインク汚れであっても、本格的な処置ができない状況では下手にいじるとさらに汚れ具合がひどくなります。後で本格的な処置をする前の下準備をするくらいの気持ちで、慌てずに出来ることだけをするように心がけましょう。

カジタクのクリーニング保管はコチラ!