こたつ布団は宅配クリーニングがオススメ!クリーニングに出す方法は?

いよいよ冬到来、寒くてこたつでミカンを食べて温もりたい季節がやってきましたね。
こたつ入っている時間が長いと、食べ物や飲み物をこぼしてしまったり、汗がしみ込んでしまったり、ホコリがついたりと、こたつ布団は何かと汚れがちです。シーズンが終わればきれいに洗って仕舞いたいですよね。でも、こたつ布団は大きいし、家で洗うよりもきれいに仕上がるし、手間も少ないので、クリーニングに出せるなら出したいですよね。でも、そもそもクリーニングに出せるのか、出せるとしてもどうやって出し、受け取ればよいのか流れがわからない方も多くいると思います。
そんな悩みに応えるべく、この記事では、こたつ布団の宅配クリーニングについて、他の洗濯方法と比べながら解説していくことにします。

自宅またはコインランドリーで洗うと安上がりだがデメリットが多い

まず、こたつ布団についている洗濯表示を見て、手洗いマークや洗濯機マークがついていれば、自宅で洗濯機を使うか、浴槽などで踏み洗いをするか、コインランドリーで洗うことができます。

1.洗濯機で洗う方法とデメリット

洗濯機で洗う場合、素材へのダメージを防ぐために、ネットに入れることは必須で、できればおしゃれ着用の洗剤を使い、洗濯コースは「大物洗い」か「毛布」に設定して、脱水も弱めにして、できるだけ優しく丁寧に洗うことが望ましいです。

また、染みついた汚れを分解するためや、保管している際の細菌やカビの繁殖を防ぐために酸素系漂白剤を入れるのもおすすめです。柔軟剤も入れておけば、柔らかく仕上げることが出来ます。

しかし、こたつ布団が大きすぎて洗濯機に入らなければ洗濯機では洗えませんし、早く乾かしたいがために脱水をしすぎると、こたつ布団を傷めてしまう原因となってしまうこともあります。

2.浴槽で踏み洗いをする方法とデメリット

浴槽や大ダライで足踏み洗いをすれば、大きすぎて洗濯機で洗えないこたつ布団も洗えますし、やさしく洗うことが出来ます。ぬるま湯をたたんだこたつ布団が入るくらいの深さまで入れ、洗剤を均一にかけて足で踏んで洗います。洗剤の濃さが偏れば洗いムラが出来てしまいますから、洗剤は予め別で溶かしておくのが良いでしょう。その後ある程度水切りをしてから天日干しをします。

この洗い方の場合、水を含んで重くなった布団を絞ったり干したりしなければならないので重労働な上、何よりも、完全に乾くまでに時間がかかることが大きなデメリットです。お天気とも相談しなければなりませんし、乾くのに時間がかかればかかるほどこたつ布団の中で細菌やカビが繁殖してしまうことになるので、衛生的ではない上に、生乾き臭が発生し、せっかく洗っても結局使えなくなるということもあります。

また、洗剤の洗い残し悪臭を引き起こすこともありますので、注意が必要です。屋外で大ダライで洗えば移動の手間は省けさえすれ、広いスペースとタライの収納場所も必要ですので、あまりお勧めとは言えません。

3.コインランドリーを利用する場合とデメリット

コインランドリーを利用すれば、洗浄から乾燥までを一気に短時間でできますので、自宅洗いのように生乾き臭を気にしなくても済みます。

しかし、大きなこたつ布団を運ぶのは、移動手段が何であれ大変な手間です。さらに悪いことに、コインランドリーでは、こたつ布団の中の詰め物が中でよってしまい、変形してしまうこともあるので注意が必要です。詰め物が真綿だったり、キルティング加工がされていないものはその可能性が高くなってしまうので、コインランドリーは使わない方が良いでしょう。

以上のように、自分でこたつ布団を洗う場合、洗浄自体にかかる費用は安く抑えられますが、いろいろと注意しなければならないことも多く、場合によっては新たに買い直さなければならないということにもなり兼ねません。また、長きに渡ってしみ込んだこたつ布団の汚れが,自家洗浄でちゃんと落ちているのか、実際には確かめる術がありません。

こたつ布団をクリーニングに出せば、自宅で選択するよりも手間もいらず、洗濯に失敗して買い直したりする必要もありません。

宅配クリーニングで全ての問題が解決

こたつ布団をクリーニングに出せば、自分で洗う手間は省けますし、プロが仕事をするので仕上がりも清潔できれいです。しかし、コインランドリー同様、クリーニング店にこたつ布団を持っていくのはなかなかしんどい作業です。そんな時にお勧めしたいのが宅配クリーニングです。

高齢化や核家族化の影響もあるのでしょう、実際に宅配クリーニングは最近需要が高まってきています。こたつ布団も宅配クリーニングを利用できるので、運搬の手間は省けるうえに、クリーニングしたこたつ布団を保管してくれるサービスもあり、収納の苦労もせずに済みます。

これから宅配クリーニングを利用してみたいけれど、不安に思っている方もおられると思うので、集荷・宅配と、保管サービスについて詳しく説明しておきます。

集荷・宅配の方法

宅配クリーニングの集荷受付は、インターネットで簡単に行うことが出来ます。ウェブ上で注文をした後に送られてくる集荷ボックスにこたつ布団を入れて返送するだけで完了です。集荷ボックスにはサイズに種類がある場合があるので、大きいこたつ布団でも問題ありませんし、枚数が多くても大丈夫です。

また、こたつ布団を集荷に出すときに、こたつ布団以外も一緒に出すこともできます。夏場に押し入れに入れっぱなしにしていた布団などは、ダニの温床になっている可能性もあり、天日干しだけではダニの駆除はできませんので、お子様のいる家庭や、ダニアレルギーで困っている方などは、丁度良い機会ですので、サービスを利用してみるのも良いでしょう。

集荷した後は通常のクリーニングと同様ですが、クリーニング終了後は自宅へ配送してくれます。指定した日時に宅配してもらうことができるので、自分の都合のいい時に受け取ることが出来ます。

このように、宅配クリーニングは集荷から宅配までを全てクリーニング店が行ってくれるので、重くて運ぶ手間がかかると感じている方以外に、仕事や子育てで忙しくてクリーニング店まで持っていく時間が取れない方や、昼間になかなか家にいなくて洗濯できない方にもおすすめの方法です。

保管サービス

こたつ布団は、冬の間中の汚れをため込んでいますから、春が来て必要がなくなればすぐにでもクリーニングに出したい方が多くおられると思います。しかし、次の冬まで、梅雨や夏場の湿気がある中で押し入れなどに収納しっぱなしでは、汚れたり、ホコリがついたり、カビやダニの繁殖もないわけではありません。シーズン到来とともにもう一度洗うという手もありますが、二度手間になってしまいます。また、こたつ布団は大きいので、保管のための広い収納スペースが必要となってしまいます。

宅配クリーニングを利用すれば、この問題も解決できます。というのも、クリーニングした後のこたつ布団を次のシーズンまで保管してくれるオプションサービスがあるからです。このサービスを選べば、保管にも困りませんし、清潔できれいなままのこたつ布団を、使いたいときが来たら宅配してもらうだけですぐに使えるので、一石二鳥です。

まとめ

運ぶにしても、洗うにしても、干すにしても、使わず保管するにしても、大きくて何かと手間がかかるこたつ布団の洗濯ですが、宅配クリーニングを利用すれば、集荷・クリーニング・保管・配達と全てをお願いできるので、時間もかからない上に、確実に清潔できれいなこたつ布団を、シーズン到来とともにすぐ使えてとても便利です。こたつ布団の宅配クリーニングを利用して、きれいなこたつ布団で快適な冬を過ごしたいものですよね。

カジタクは布団クリーニングサービスをしています。

布団クリーニングならカジタクがオススメ!

カジタクでは布団クリーニングを行っています。カジタクのオススメポイント!

  • 安心のイオングループが運営。満足度97%と大好評!
  • ダニ死亡率99% アレルゲン除去率98%
  • 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!
  • たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!
  • 干すだけで除去できない汗や皮脂汚れまで除菌・消臭

※公的衛生研究所の調査結果より

ぜひ皆さんも利用して、きれいな布団で過ごしましょう!
カジタクの布団クリーニングはコチラ!