【電子レンジ掃除マニュアル】頑固な汚れを落とすための手順・必要なものを解説!

電子レンジ

電子レンジは、ふと気づくと頑固な汚れがたくさんこびりついてしまいがち。今回は、そんな汚れを落とすための電子レンジのお掃除方法をご紹介します。

電子レンジ汚れの正体

汚れた電子レンジの写真

電子レンジ汚れは、食品のタンパク質や糖分・油分などが、温めた食べ物から小さなしずくとなって飛び出したことによってできます。その飛び出したしずくが、電子レンジを使うたびに温められて、電子レンジの壁や、お皿、扉などにどんどんこびりついていくのです。

放置する場合の悪影響とは

電子レンジを使っている写真

衛生的に良くない・臭いが出る

電子レンジを使うと、食品から出た水蒸気が電子レンジ内に多く残ります。ただ純粋な水ばかりではなく、食べ物の栄養分を含んた汁の場合もあります。こういったものを放置していると、当然カビなどの雑菌が発生します。

電子レンジの機能が下がる

十分に汚れをふき取らないで放置すると、電子レンジの加熱効率が下がってしまうこともあります。電子レンジは、電磁波で食べ物を温めていますが、汚れが付いているとその汚れを温めてしまい、本当に温めたい食材に電磁波が十分にあたらなくなってしまうのです。

無駄に電気を使ってしまう

汚れを温めるのに電気を使ってしまい食材が十分に温まらず、温め直すことによって無駄に電気を使ってしまうことにもつながります。

掃除に必要なもの

頑固汚れを落とすためのグッズは身近なものが多いので、お手軽にできます。

  • 重曹
  • お酢 / クエン酸
  • 耐熱容器
  • ふきんもしくはキッチンペーパー
  • 水道水

電子レンジのにおいや水垢汚れには、クエン酸かお酢を使って落とします。クエン酸・お酢は酸性のため、アルカリ性の汚れである水垢やアンモニアの汚れに効き、除菌・消臭効果があるため臭いに効きます。頑固な焦げ付き汚れには重曹が良いです。重曹はアルカリ性のため、酸性の汚れである油汚れや焦げ付きの汚れを中和して落とすことができます。

お酢・クエン酸を使った掃除方法

  1. 用意した「耐熱容器」の中に、「酢」をいれたら、水で4〜5倍に薄めます。全体で200CC前後あればOK。
  2. レンジで2〜3分温めます。たっぷり十分に蒸気が出てきたら電子レンジでの温め完了。
  3. 「そのまま扉をあけずに30〜60分ほど放置」すると、酢を含んだ蒸気が電子レンジ全体に広がり、温かさもあり汚れのこびりつきがはがれやすくなります。やや酸性に傾くので、カルシウムやミネラルなどの電子レンジにこびりついた汚れの中でも、特にかっちりと固まりがちなアルカリ汚れをはがれやすくしてくれます。
    「クエン酸」も同じタイプの汚れに効果大。使い方は全く同じですが、クエン酸を水に溶く分量は、水200CCあたりクエン酸粉末小さじ2〜4杯程度です。
  4. 放置した後、冷えた液体に「ふきんやキッチンペーパー」を浸して、庫内を隅々まで拭きあげます。

酢でお掃除をすると、独特のにおいが気になるという方もありますが、一日庫内をあけたままにして風通しを良くして置けば臭いは徐々に消えます。掃除後の臭いはクエン酸の方が弱いので、お酢の臭いが苦手な方はクエン酸で掃除するのがオススメです。

重曹を使った掃除方法

    1. 用意した耐熱容器に水200CCを入れ、重曹を小さじ1〜2杯入れます。
    2. 先ほどと同じようにレンジで2〜3分過熱した後、ふたを閉めたまま60分ほど放置します。この間に、汚れに重曹水がしっかりといきわたります。
    3. 冷えた重曹水を「ふきんやキッチンペーパー」を浸して、庫内を隅々まで拭きあげます。

今すぐレンジをキレイにしたいときの簡単掃除方法

電子レンジの掃除にはお酢やクエン酸が効果的ですが、もっと簡単で、さらに短時間でできる方法があります。
使うのはレモンと水のみです。レモンは賞味期限が切れてしまったり、傷んでしまったりしたもので構いません。まずレモンを輪切りにして、耐熱容器に半分くらい入れた水に汁を絞ります。絞った後の皮も水に入れます。残り半分のレモンも一緒に入れるとより効果的です。
次に、それをお酢など同じく電子レンジで温めます。終わったらまた同じく放置するのですが、レモンを使った場合には10分くらいでOKです。
最後に容器を取り出して、ふきんやキッチンペーパーで庫内を拭いたら掃除は完了です。
汚れがひどい時には、取り出したレモンの皮でこするとさらに効果的です。
レモンには「リモネン」という成分が含まれていて、これがレンジの油汚れを浮かせて取りやすくしてくれます。さらにリモネンには消臭効果もあるので、においがなかなか取れないレンジには特におすすめです。

頑固な汚れをすっきりさせる方法

長年放置したような頑固な汚れは、これまで紹介した方法でも取れないことがあります。そのためよくありがちなのが、粗いタワシなどで強くこすることです。しかし、力技で汚れを取ろうとすると、電子レンジに傷を付けてしまいます。故障の原因にもなりますし、傷に汚れが入り込んでもっと取れなくなることもあるためオススメできません。
頑固な汚れを落とすには、まずは電子レンジの中を温めることがポイントです。冷えている状態よりも汚れが浮いて取れやすくなります。濡らしたタオルか重曹水を温めて蒸気を充満させ、なるべく庫内が温かいうちに拭き掃除をすると良いです。
それでも落ちない汚れには、ペースト状の重曹を温めて使うのがおすすめです。温めたらアクリルなど柔らかめのたわしに付けてこすり、汚れを取っていきます。
汚れが浮いてきたらふきんやキッチンペーパーで拭いて完了です。

焦げ、油汚れ、においに対処するそれぞれの方法

焦げ

電子レンジの焦げには、重曹を使うのが効果的です。重曹水を温めて放置しておくと、焦げがふやけて取れやすくなります。この方法で取れなければ、直接重曹を汚れの上に振りかけて、上からふきんなどでこすります。

油汚れ

油汚れにも重曹を使うのがオススメ。やはり重曹水を温めるか、重曹水で直接庫内を拭きます。油汚れは冷えると固まって取りづらいので、こちらも庫内が温かい状態で掃除をするのがいいでしょう。
また、レモンのリモネンにも油を分解する作用があるので、レモンを使っても良いです。

におい

脱臭作用のあるものを温めるのが効果的です。例えばお茶がらやコーヒーかす、レモンやミカンの皮などです。特にコーヒー豆は、表面に細かい穴が空いています。そのおかげで、特に高い脱臭効果を発揮することが期待できます。お酢のにおいが苦手な人は、これらを使うと楽ににおい取りができるはずです。ただし、魚のにおいにはお酢を混ぜた水をスプレーするのがオススメの対処方法です。
焦げが原因のにおいを取るには、焦げ自体を取り除く必要があります。焦げには重曹水を温めるのが、汚れとにおいを同時に取るのに効果的です。

掃除を簡単にする一番の方法

しょっちゅう面倒な掃除をしないためには、電子レンジをなるべく汚さないことが一番。汚れたらこまめに拭くことはもちろんですが、まずは汚れを付着させないことを心がけます。
食品の油分などを飛び散らせないためには、まず温めの際にラップなどを使います。特に飲み物を温める際には、容器の口を塞がないでレンジを使いがちです。短時間であっても、ラップかキッチンペーパーなどをかけるようにしましょう。
ただし、ラップをしっかり密着させると吹きこぼれることがあります。蒸気が逃げるように一部を開けておくか、ラップ表面に小さく穴を開けると良いです。

汚れを防止するための習慣

電子レンジを掃除している写真

酷い焦げ付き、汚れが出来てしまう前に、こまめに拭き取るのがコツ。ちょっと汚れてるな、と感じたらこまめにキッチンペーパーや布巾で拭き取りましょう。
もしもターンテーブルが外れるタイプなら、取り外して食器洗いの中性洗剤で、丁寧に洗うと良いです。

プロにお任せする

今回はご自宅で実践できる掃除方法をご紹介しましたが、お仕事や子育てで忙しく、隅々まで掃除する時間が確保できないこともあると思います。そんな時は、プロにお任せするハウスクリーニングサービスをおすすめします。
カジタクのキッチンクリーニングでは、専門のサービス技術・マナー研修を修了したプロのハウスクリーニング技術者が訪問し、シンク、コンロ、調理台をはじめ、排水口など日常のお掃除ではきれいになりにくい箇所まで徹底クリーニングします。全国どこでも利用可能で、24時間ネット上で予約でき、仕上がりに満足できなければもう一度やり直しができる安心の品質保証付きです。電子レンジや魚焼きグリルの掃除もセットで委託可能です。
カジタクのハウスクリーニングはコチラ!