ちょっと意外な掃除方法で家のリモコンをピカピカに!

ふとテレビをつけた時に、或いはエアコンをつけた時に、リモコンに汚れやほこりがついていて気になったことがある。リモコンとはいえど精密機械だし、掃除の仕方が分からないから、汚れは放置したまま…、そんな経験ありませんか?ここでは、ちょっとした小道具を用いて、簡単にリモコンを掃除する方法をご紹介いたします。

リモコンはどのように掃除すればよいか?

リモコンだけを本格的に掃除しようと意気込むよりも、テレビのCM中や、テーブルを拭くついでに、といったように、「~のついでにリモコン掃除しよう」と心がけておくことで続けやすくなり、手間暇かけずに掃除するクセがつき、リモコンを常に綺麗な状態に保つことが出来るようになります。

リモコンは、柔かい布で軽く汚れや手垢を拭きとってから、『ボンドなどを用いてごっそりとゴミを取る方法』と、『麺棒などを用いてしっかりゴミを取る方法』の二つの掃除方法があります。

前半の掃除方法は、後述する記事でも記述しておきますが、リモコンが故障する可能性があるので、狭い範囲で試して問題ないことを確認してから自己責任でお試しください。

リモコンの汚れをごっそりと取る~ボンド編~

リモコンの汚れをごっそり取る方法の一つに、木工用ボンドを用いた方法があります。手順は簡単なスリーステップ。

  1. リモコンの汚れが気になる部分に少量のボンドをつける
  2. ボンドが乾くまで放置する
  3. 完全に乾いたボンドを剥がす

たったこれだけです。あまり大量にボンドをつけてしまうと、完全に乾き切る前に剥がすことになってしまい、ボンドの汚れがリモコンに付着して、逆効果になってしまう可能性があります。また、完全に乾ききるまでリモコンを使用できないといったデメリットもあるので、全くテレビ、或いはエアコンを使用しない時間帯に行うことをオススメ致します。

ただし、リモコンによっては故障する原因にもなりかねないので、この方法で掃除をする際はくれぐれもご注意ください。

リモコンの汚れをごっそりと取る~スライム編~

「リモコンにボンドを使うのはちょっとリスクが高すぎる…」「もっと手軽で簡単にリモコンの汚れを取る方法を知りたい」そんな方にお勧めするのが、掃除用スライムを用いた掃除方法です。

一度使用すると、スライムに汚れが付着して二度目以降は効果が薄くなってしまうというデメリットはあるにしても、ボンドと異なり確実に剥がすことが出来て、かつ確実に汚れを落とすことが出来るのは大きなメリットといえましょう。手順はボンドを用いた時とほぼ同じです。

  1. 汚れが気になる個所にスライムを押し付ける
  2. しばらくしてスライムを剥がす

このツーステップで簡単に汚れを落とすことが出来ます。百円ショップなどで手軽に買えるボンドと異なり、こちらは入手方法が限定されるのですが、ネット通販等で探して見れば掃除用スライムがいくつかヒットするので、気になる掃除用スライムを購入してみるのも良いでしょう。

リモコンの汚れをしっかり取る~めん棒&爪楊枝編~

上の記事では、大雑把にリモコンの汚れを取る方法を二つ紹介してきました。ここからは細かなリモコン汚れを取る方法を紹介いたします。昔ながらの方法ではありますが、アルコールをつけためん棒を用いて、リモコンについた皮脂汚れやほこりなどをしっかりと落としましょう。アルコールには除菌作用もあるので、掃除ついでに除菌もできるという優れモノ。一石二鳥ですね。

その後、ペーパータオルなどでしっかりと水気を取ることを忘れずに行いましょう。また、ボタンの間の細かな部分はボンドやスライムだけでは取れないこともあるので、爪楊枝の先を間に入れて、汚れを根こそぎ取りましょう。その際に、リモコンの内部を傷つけないよう細心の注意を払ってくださいね。

意外なモノでリモコンの汚れを落とす!?

意外なモノを用いて、リモコンの汚れを落とす方法があります。それは、ハンドクリームです。ハンドクリームには油分が含まれており、その油分を用いてリモコンに付着した手垢や汚れを落とすというもの。

ボンドのように乾かす必要はなく、付けたらさっと拭き取るだけでよいので、CMの間に片手間で掃除できることが最大のメリットでしょう。

ただし、ボンドと違ってハンドクリームは乾いて固くなるものではないので、しっかりと拭きとることが重要になります。ハンドクリームを使用する際に、ベタつきが気になる方は、サラサラとした肌触りのハンドクリームを使用することによって、拭き取りやすくなりリモコンもサラサラとした仕上がりになります。

リモコン掃除は手軽で簡単!

いかがでしたか?リモコンの汚れはボンドやスライム、或いはハンドクリームを用いることによって、手軽で簡単に汚れを落とすことが出来るんです。今までめん棒や爪楊枝でせっせとリモコンの細かい汚れを落としていたという方にとっては、目から鱗な掃除方法ばかりだったかもしれませんね。

スライムを用いた掃除方法をご紹介いたしましたが、近日では、百円ショップでも売られている掃除用スライムがあるので、「通販で高い掃除用スライムを買うのはちょっと…」という方もお試しで購入して確かめてみるのも良いでしょう。ボンドを用いた掃除をする際には、少量で、完全に乾かしてから、剥がすことを忘れずに。

どれも他の掃除を行いつつ、片手間で出来るモノばかりなので、気になる掃除方法があればぜひ試してみて、リモコンをスッキリ綺麗にさせましょう。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!