キッチンの床を掃除しよう油のベタつきはこれで解決!

キッチンの床は思った以上に汚れています。毎日料理をするなら尚更です。調理中の油はねはもちろんのこと、水や食品のカスなど様々な汚れが発生しています。キッチンの床汚れの原因を知って、頑固な汚れになる前に効率的に掃除をしましょう。毎日使う場所が綺麗に保たれていると気持ちが良く、料理への意欲も変わってくるはずです。

キッチンクリーニングならカジタク!

キッチンの床がベタつく!

キッチンの床のベタつきは気持ちが悪いものです。キッチンマットを敷いていても、お手入れをきちんとしていなければ、そこから汚れがどんどん広がってしまいます。

また、キッチンのベタつきを踏んだ足裏やスリッパで部屋中を歩き回ることで、汚れが家中に広がっていきます。ペットを飼っている方も要注意です。キッチンの床がべたついている場合、その周りの壁や冷蔵庫などもべたついているはずです。

ベタつきはその日1日でできたものではなく、時間をかけて蓄積されていった汚れです。蓄積された汚れは少し拭いただけでは簡単に落とすことはできません。毎日の掃除がいかに大切なのかが分かるのではないでしょうか。べたついてしまう前に、その都度拭き掃除をする習慣を身につけることがまずは大切です。

ベタつきの原因

ベタつきの原因の多くは調理による油はねで、放置された油が酸化したものです。揚げ物などの調理をするとコンロ周りに油が飛んでいるのが目に見えて分かりますが、コンロ周りだけでなく、壁や床など想像以上に遠くまで飛んでいます。キッチンマットでもカバーできないほどの距離です。

また、調理中に出る煙にも多くの油が含まれています。換気扇が油汚れでベタつくのはそのせいです。換気扇でも吸い取れなかった油を含んだ煙は、ゆっくりと床に落ちていきます。細かな油ですので目には見えませんが、蓄積されていくとその油が酸化してベタついてきます。

だいたい1週間ほど放置すると油が酸化して、汚れが固まり始めてしまいます。油が酸化してしまう前に拭き掃除をしていればベタつくことはありません。そのため、ベタつきの大きな原因はこまめに掃除をしていなかったことにあるのです。

掃除に必要なもの

キッチンの床掃除に必要なものは雑巾と重曹、バケツがあれば十分です。油汚れは酸性の汚れです。酸性の汚れはアルカリ性で落とすことができます。重曹は水に溶かすとアルカリ性になる性質を持っています。そのため、アルカリ性の重曹水で酸化した油を中和して汚れを落としやすくします。

まずバケツに3〜5%の重曹水を作ります。だいたい1ℓの水に重曹を大さじで山盛り2杯くらい入れます。毎回バケツに水を入れて掃除するのが面倒な方は、スプレー容器に重曹水を入れたものを常備しておくとその都度使えて便利です。

また、かがんだ状態で雑巾がけをするのは結構労力が要りますので、床掃除専用のワイパーがあると重宝します。腰や肩への負担を減らすことができて苦にならないでしょう。

キッチンの床の掃除方法

まずキッチンの床を重曹水を染み込ませた雑巾でしっかりと拭きます。スプレーの場合は、床に直接重曹水を吹きかけて汚れを拭き取ります。頑固なベタつきには重曹水を吹きかけた上からラップをかけて10分ほど放置します。酸化した油がアルカリ性の力で中和されて浮き上がってきますから、その後に優しく全体的に水拭きをします。

重曹水を使用した場合に注意しなければならないのは、水拭きした後にしっかりと乾拭きをすることです。床に残った重曹が乾燥すると白い跡として残ってしまいます。重曹には消臭効果もあるので、キッチンの掃除に向いていると言えます。

また、食品用の重曹を使えば万が一口に入っても安全で、小さなお子さんがいる家庭でも安心して使えます。

床の黒ずみをキレイにする方法

油汚れが蓄積されて床が黒ずんでしまった場合、重曹水だけではなかなか綺麗にならないこともあります。そんな場合には食器洗い用の中性洗剤を使ってみましょう。

水に中性洗剤を少し溶かしたものを用意します。そちらをつけた雑巾で拭き取っていくと、黒ずみの大元である油が落ちてきます。また重曹に加えて、セスキ炭酸ソーダを使うのもおすすめです。セスキ炭酸ソーダもアルカリ性で、重曹よりも洗浄力が強いとされています。

フローリングの場合、黒ずみを取り除いた後はしっかりとワックスがけをしておくことをおすすめします。ワックスで床をコーティングしておくことで、黒ずみができにくくなるからです。可能であれば、半年に1回くらいの頻度でワックスがけをしておきましょう。

キッチンクリーニングならカジタク!

掃除のコツ


毎日床掃除をする習慣を身につけておけば、床がベタつくことはありません。毎日の掃除が難しい方は、最低でも1週間に1度は重曹水などで水拭きするようにしましょう。

1週間以上経ってしまうと油が酸化して、汚れが落ちにくくなってしまうからです。ベタついた油汚れの掃除はかなりの労力を要しますし、何より食品を扱うキッチンがベタついていては不衛生です。

また、掃除しやすい環境を整えておくことも大切です。重曹水をすぐ出せるようにスプレー容器に常備しておく、雑巾をすぐ出せる場所に置いておくなど、自分がすぐに掃除に取り掛かれるような状態にしておけばこまめな掃除に繋がります。

掃除の習慣が身につけばちょっとした汚れにも敏感になり、すぐに綺麗にしたくなるはずです。常に綺麗なキッチンは大掃除の必要もないでしょう。キッチンが綺麗に保たれていれば、家全体も必然的に綺麗になっていきます。

キッチンクリーニングならカジタク!

人気のオススメ記事はコチラ