脇の黄ばみを簡単キレイに!黄ばみの原因から洗濯方法まで

お気に入りの服に黄ばみがついていたらショックですよね。特にシャツを着ることの多いサラリーマンの方は、脇の黄ばみに悩まされている方も少なくないのではないでしょうか。服についてしまう黄ばみはちょっとした対策で防ぐことができますし、ついてしまったとしても簡単に落とすことができます。時間のない主婦の方でも楽に行えます。

脇の黄ばみの原因

シャツの脇にはなぜ黄ばみができてしまうのでしょうか。それは主に汗や皮脂の蓄積によって起こります。脇は体の中でも特にたくさんの汗をかく場所として知られています。

脇の部分の生地にしみ込んだ大量の汗や皮脂などは服の繊維としっかり絡まっているため、たとえ洗濯したとしてもすべてを落としきることは難しいので、徐々に汚れとして蓄積していきます。最初の頃は無色だった汗や皮脂が、時間が経過していくとともに酸化していくことなどにより、成分が変化していって黄ばみとなってしまいます。

黄ばみになってしまうと落としにくく頑固だとよく言われていますが、実際には汗や皮脂は分解することができるので、そこまで落とすことが難しい汚れではありません。

簡単に脇の黄ばみを落とす洗剤

簡単に黄ばみを落とすことができるのは、漂白剤です。しかし漂白剤は強力なため、洗おうとしている服のタグを見て、使える漂白剤の種類を確認する必要があります。三角フラスコのようなマークの中にエンソサラシと書いてあるマークを確認して、×がついている場合は塩素系漂白剤を使用することができません。

漂白剤には大きく分けて2つの種類があります。1つ目は塩素系漂白剤で、これはもっとも漂白力が高いため、白い服は大丈夫ですが、カラーシャツや柄シャツなどの色物に使うことができません。マークを確認しましょう。

もう一つは酸素系漂白剤で、こちらは塩素系よりも漂白力が穏やかなので色物にも使えます。シルクとウール以外の素材には使うことができます。

脇の黄ばみの落とし方

具体的には黄ばみはどのようにして落とせばよいのでしょうか。簡単に説明すると、漂白剤につけおきにします。

まず、洗面器に40~50度程度のお湯を張り、漂白剤を10mlほど混ぜて溶かします。服に付いた汚れを落とすために、黄ばんだ部分に直接液体洗剤をかけて、軽く揉みこんでおきます。
そのあと服を洗面器の中に入れて、1時間弱つけおきにします。このときに2時間以上も放っておいてしまうと色落ちの原因となるので注意してください。
最後に洗面器の漂白液ごと洗濯機の中に入れて、いつも通りに洗濯したら完了です。

つけおきすると、ほんの少しごわごわとした肌触りになりますが、気になる方は柔軟剤を入れて洗濯をすればふわふわになります。

脇の黄ばみとワキガの関係

ワキガの方は、黄ばみの原因が違います。脇がの原因となるアポクリン汗腺から、リポフスチンという色素成分が分泌されていて、これが服につくことによって黄ばみとなります。ワキガの方はアポクリン汗腺が多いためリポフスチンの分泌も多くなり、黄ばみができやすくなります。

ワキガによる黄ばみは普通の黄ばみとは根本から違うため、漂白剤だけでは落とすことが難しいです。この黄ばみに対しては重曹が効果的になります。

重曹は正式名称を炭酸水素ナトリウムといい、アルカリ性で粉末状になっている物質です。500mlの水に対して大さじ1の割合で重曹を混ぜた重曹水を作り、そこに衣服をつけおきし、その後いつも通りに洗濯することで黄ばみを落とすことが期待できます。

脇の黄ばみを防ぐ方法

黄ばみの原因は汗や皮脂などなので、普段の洗濯で汚れを落としきることができれば黄ばみに悩まされることはありません。皮脂は温度が低いと固まってしまうという特徴があり、水を使っての洗濯は皮脂汚れを綺麗に落とせません。

皮脂が液体となって溶ける温度は体温と同じおよそ40度です。クリーニング店ではおよそ60度のお湯を使って洗濯をするそうですが、自宅で行う場合光熱費がかさんでしまうため、お風呂の残り湯を使用すると40度弱のお湯を使用した洗濯が可能になり、黄ばみを防ぐことができます。洗濯をする前に、特に汚れやすい部分を予洗いすることも効果的です。

また、服を着る前に汚れやすい部分にベビーパウダーを付けておくと、皮脂の吸着を防ぐことができます。

キレイな洋服でおしゃれを楽しもう

自分のお気に入りの服はいつまでも長く着ていたいですよね。黄ばみが目立ってきたから処分しないといけない、といったことは極力避けたいものです。そのためにも、普段からのお手入れ方法が大切になってきます。

脇にできてしまった黄ばみに悩まされないためにも、洗濯をする前には予洗いをする、温かいお湯を使って洗濯をするなどの対策が必要です。もし黄ばみに気づいてしまったときには漂白剤の選び方に気を付けて、色落ちしてしまわないようにしてください。

もし自分で落とすことが大変そうだと感じたときには、無理をせずにプロのクリーニング屋さんに出したほうが失敗せずに済みます。めんどうかもしれませんが、将来への投資だと思うようにしましょう。

汚れひとつない綺麗な服でおしゃれを楽しんでいくためにも、黄ばみには細心の注意を払うようにしてください。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!