素材別!ソファーの掃除方法はこちら

リラックスタイムに大活躍するソファーは毎日のように使用するため、様々な汚れがつきやすいです。こうしたソファーの汚れをそのままにしておくと臭いやダニなどの温床にもなり、快適に使用することができなくなってしまいます。そこでソファーにつく汚れの種類や原因、素材別の掃除方法などをご紹介しますので参考にしてください。

ソファーにつく汚れの原因

ソファーは人の身体が直接触れるため、皮脂や手垢などが汚れの主な原因になりますが、人の身体から移る汚れは他にもファンデーションや口紅、整髪料などがあります。

また、ソファーでくつろぎながらお菓子を食べたり飲み物を飲んだりすることも多いので、うっかり飲み物をこぼしてシミになったり、お菓子のかすがソファーの隅の方に溜まったりしやすいです。小さな子どもがいるご家庭の場合には、子どもがクレヨンやボールペンなどで落書きすることもありますし、ペットを飼っていると抜け毛なども付着します。

このようにソファーにつく汚れの種類は様々です。汚れたソファーが不衛生なのは言うまでもありませんが、見た目も悪く来客時などに気になるものです。

目に見えない汚れも

夏場など暑い時期はソファーでうたた寝をしていたら汗でびっしょりということも珍しくありません。

また、LDKが一緒になった住居では調理中に出る水蒸気や煙、油分の微粒子などもソファーに付着します。このように日々の生活でソファーには目に見えない汚れが蓄積されていきます。こうした汚れは普段気づきにくく、蓄積されてからやっと気づくという場合もあるでしょう。

また、皮脂なども汚れがひどくなるまで目につきづらいですが、皮脂はダニのエサになります。ダニは知らない間に繁殖し、直接噛まれるだけでなく死骸がアレルギー性皮膚炎などの原因になるなど健康被害を及ぼす可能性もあります。

一見きれいに見えるソファーでも目に見えない汚れに注意が必要です。

布製ソファーの掃除方法

布製ソファーの掃除方法ですが、まず最初に掃除機で埃や髪の毛などのゴミを吸い取っていきます。特に座面と背もたれのすき間など汚れが溜まりやすい場所はすき間掃除用のアタッチメントを使って入念にゴミを吸い取りましょう。

掃除機をかけ終わったら、中性洗剤とぬるま湯で3%程度の濃度の洗浄液を作ります。そして、洗浄液をソファーの目立たない部分につけて色落ちや変色しないか確認します。色落ちや変色がなければ柔らかい布に洗浄液をつけ、ソファー生地の表面に布を当てて上から軽くたたくと汚れが浮いてくるので、あとはお湯につけて固く絞った布で洗剤を拭き取っていきます。

ポイントは生地を傷めないように強く擦らないことです。また、目立たない部分で洗浄液を試してみて、色落ちや変色があった時には洗浄液ではなくぬるま湯を使って同じように掃除します。

合皮ソファーの掃除方法

合皮ソファーは布製に比べると傷がつきやすいため、掃除機は使用しません。もし埃などの汚れがある場合にはほうきやブラシなどを使って優しくゴミをかき出します。

なお、合皮は汚れに強く、比較的簡単に汚れを落とすことができるので、まずはゆるま湯につけて硬く絞った柔らかい布で叩くように掃除します。それでも汚れが落ちないようならば、布製ソファーの掃除と同様に中性洗剤で3%程度の洗浄液を使って汚れを落としていきます。

特に汚れがひどい部分は洗浄液をつけた布で数分間そのままパックすると汚れが落ちやすくなります。他にも合皮専用のクリーナーなどを使う方法もあります。

合皮は水に濡れたままにしておくと傷みやすくなるので、乾いた布や送風などで手早く乾燥させることがポイントです。

革のソファーの掃除方法

革のソファーは合皮よりもさらにデリケートなので専用のクリーナーを使って掃除しましょう。

まずは専用クリーナーを目立たないところにつけて色落ちと変色を確認し、問題なければ柔らかい布にクリーナーをつけてさっと拭いていきます。革のソファーは汚れに強いのでさっと拭くだけで十分です。

なお、クリーナーを使うと汚れだけでなく革に必要な養分なども落としてしまいますので、掃除の後には専用のクリームなどで革を養分を補給しましょう。これで革に養分を与えるだけでなく、汚れから革を守ることもできます。

革はとにかくデリケートなので優しく手早くお手入れし、養分を補給することが大切です。また、なかなか落ちないガンコな汚れがある時は一度に落とそうとせず、何度も掃除をする中で少しずつ汚れを落とすようにしましょう。

普段からこまめなお手入れを

ソファーは普段きれいに使っているつもりでも様々な汚れが溜まりやすいです。しかも、比較的お手入れが楽な布製であっても丸洗いができないものがほとんどです。

また、合皮や革はデリケートなので、しっかり汚れを落とそうとして入念に掃除をすると生地を傷めてしまう可能性もあります。そのため、汚れが蓄積されないようにできれば毎日掃除機やブラシでゴミや埃を取り除き、あとは硬く絞った布などで表面をさっと拭くようにしましょう。毎日のお手入れであればこれだけでも十分きれいになります。

日々の使用で蓄積されていく頑固な汚れは掃除に手間も時間もかかるだけでなく、汚れそのものを落とすことが難しい場合もあります。毎日ソファーを掃除するのは面倒かもしれませんが、ソファーを気持ちよく長い間使用するには普段からこまめにお手入れすることが大切です。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!