洗濯をするのは朝派?夜派?それぞれのメリットとデメリットとは

洗濯カゴを持つ女性の手元

あなたは朝と夜、どちらに洗濯をしていますか?朝派の人は天日干しができるという意見が多く、夜派の人は朝をゆっくりと過ごせるという意見が多いようです。では、それぞれどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?また、朝派と夜派にオススメの洗濯方法もご紹介いたしますので、参考にしてみてくださいね。

朝洗濯をする人

天日干しをしている

朝に洗濯する場合は、どのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

  • 朝決まった時間に起きることができる
  • 洗濯物が太陽の光によって、部屋干しの臭いが気にならない
  • 天日干しができるので、夜までにはほとんどの衣類が乾く
  • 前日のお風呂の残り湯で洗濯すると節約にもなる

このようなメリットがあります。休日に遅く起きてしまう人は、朝洗濯をすることによって決まった時間に起きることが出来るので1日の中で自分の時間が増えるのは嬉しいですね。また、部屋干しでも太陽光が部屋に入ることで部屋干しの臭いを防ぐことも出来ますし、天日干しすると夏であればお昼には乾くことも。お風呂の残り湯で洗濯すれば節約にもなりますよね。

デメリット

  • 睡眠時間が短くなる
  • 雨の日は室内に洗濯物が溜まり邪魔になる
  • 洗濯物が多いと1日の予定が合わなくなる

朝起きなければならないため家事や仕事で遅い時間に寝てしまうと、確かに睡眠時間が短くなりますよね。洗濯は時間がかかるので睡眠時間を確保する余裕もなくなるのかもしれません。また、朝洗濯する人は天日干しじゃないと気になってしまい、雨の日に洗濯をすることを避けてしまうので洗濯物が溜まってしまうことも。洗濯物が溜まっていると、1回ではなく2回3回と回すので1日の予定が合わなくなり困るという方も多いようです。

オススメの朝洗濯をする方法

洗濯機のタイマーを設定している

朝洗濯をする人にオススメの方法は、洗濯機の予約タイマーを使うことです。夜のうちに時間を設定しておくと、朝起きた後の家事をスムーズに行うことが出来ます。また、室内干しをする場合は、なるべく衣類と衣類の間隔を離して扇風機などを使用して風通しを良くすると部屋干しのイヤな臭いも軽減されます。

夜洗濯をする人

満月が出ている夜空

夜洗濯はどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

メリット

  • 忙しい朝に余裕が出る
  • 夜のうちに洗濯場が片付く
  • 時間短縮になる

忙しい朝に洗濯をするのは、慌ただしく時間に追われてしまうということもありますよね。しかし、夜にゆっくりと洗濯をすることで少し余裕が出るという意見の方も多いようです。また、家事を終えた後のちょっとした時間にテレビを見たり、持ち帰った仕事の合間に洗濯をすれば時間短縮にもなります。夜のうちに洗濯場が片付くので気持ちよく寝ることができますね。

デメリット

  • 夜の騒音になる
  • 部屋干しの臭いや湿気が気になる

洗濯機の音は以外と大きいので、住む環境によって騒音になってしまうこともあります。また、部屋干しの一番のお悩みといえばイヤな臭い。部屋中に湿気がこもることが原因のようです。そのため、部屋の過度な湿気を対策することが必要になります。

オススメの夜洗濯をする方法

部屋に置いてある扇風機

夜しか洗濯をする時間がない!という方にオススメの洗濯方法は、洗剤を変えて風通しの良い干し方をすることです。市販で部屋干し専用の洗剤が多く出ているので、洗剤を変えるだけでも室内干しの臭いが気にならなくなります。また、扇風機をあて衣類と衣類の間隔をあけるようにすると早く乾いて湿気も少なくなりますよ。

最後に

朝と夜、それぞれの洗濯のメリットデメリットをご紹介しました。それぞれ同じぐらいのメリットもデメリットもあります。洗濯機のタイマーをセットして、忙しい朝に余裕を持ちましょう。干し方を工夫しながら扇風機の風をあて、部屋干しの臭いを防ぐ方法もぜひ実践してみてくださいね。
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!