ベビー服と大人の衣類は分けて洗う?赤ちゃんの洗濯物はどうすればいいのか

毛布に横になっている赤ちゃん

ベビー服は大人の衣類と分けて洗ったほうが良いのか迷うお母さんたちもいらっしゃるようです。特に生後1ヵ月はさまざまな免疫力がなく小さな刺激や成分にも気を付けたいものです。また、洗剤も通常のもので良いのか悩むところですよね。今回は、ベビー服を分けて洗い方、ベビー服に適した洗剤や汚れ別の洗濯方法をご紹介します。

ベビー服は分けて洗うべきか

畳んであるベビー服

大切な赤ちゃんには清潔な洋服を着させてあげたいですよね。ベビー服と大人の衣類は分けて洗うのがオススメです。大人の新品の衣類には、赤ちゃんの肌には刺激が強い物質が付着していることも考えられます。ですから、ベビー服と大人の衣類は分けて洗った方が良いのかもしれません。

ベビー服を分けて洗濯する時期とメリット

物干し竿にベビー服が干してある

ベビー服を分けて洗濯するのはいつまでといった決まりはありません。新生児期と言われる生後1ヵ月を過ぎたら大人の衣類と一緒に洗濯するお母さんも多く見受けられます。およそ1歳前後を目安に考えてみてはいかがでしょうか。

ベビー服と分けて洗濯するメリット

赤ちゃんの肌に刺激となる物質を避けることが期待できる
新品の衣類とは別に、大人の衣類が泥やホコリで汚れていた場合にも赤ちゃんにとって刺激が強い物質が付着している可能性があります。これらの物質を避けることは赤ちゃんの肌を刺激物質から守れますね。
ベビー服を分けると同時に洗剤も赤ちゃん用を使用することで、より一層肌を守れる
ベビー服を分けて洗うなら洗剤も赤ちゃん用を使うことができます。赤ちゃん用洗剤は、通常の洗剤よりも無添加であるもの・刺激物を控えたもの・パッチテスト実施済みの赤ちゃんにも安心して使用できるものなどがあります。これらの洗剤を使用することで赤ちゃんの肌をより一層守ることができます。

赤ちゃん用の洗剤

軽量スプーンに粉末洗剤が入っている

赤ちゃんの皮膚は薄く敏感です。衣類がゴワゴワしている硬い生地は適しているとは言えません。赤ちゃんの肌に直接触れる衣類は柔らかい肌ざわりにすることが大切です。ここでは、2つの洗剤と柔軟剤の選び方のポイントをご紹介します。

蛍光増白剤を含んでいないこと

通常の洗剤には、衣類を白くするために化学物質である蛍光増白剤が含まれています。しかし、刺激に弱い肌・衣類を舐めてしまう傾向がある赤ちゃんにこの成分は避けたいものです。よって、蛍光増白剤を使用していないものを選ぶようにしましょう。

仕上がりが柔らかいこと

一般の柔軟剤は衣類の肌ざわりを良くしますが、赤ちゃんにとっては刺激物質になる・香料が強すぎて体調に差し支える場合があります。石鹸ベースのものや無添加のものを選ぶのがオススメですよ。

ベビー服を洗濯する時に気を付けたいこと

洗濯機に液体洗剤を入れようとしている手元

ベビー服を洗濯する時は以下の3つに気を付けましょう。

  1. 洗剤は規定量を守る
  2. すすぎと乾燥は念入りにする
  3. 刺激の少ない洗剤を使用する

洗剤や柔軟剤の効果や香料を持続させるために規定量より多くいれる方もいらっしゃいます。しかし、ベビー服を洗濯する時に規定量よりも多く使用してしまうと、洗剤が衣類に残ってしまうことがあります。また、洗剤が衣類に残らないように十分にすすぎ洗いをして、しっかり乾燥させるように気を付けましょう。

赤ちゃんの便がついた時の洗濯の方法

ベビー服が広がって置いてある

赤ちゃんの便が衣類につくことは定番のお悩み。赤ちゃんの健康を守るために適切な洗濯の方法をご紹介します。

洗濯方法

  1. 便をふき取ってからすぐに水で手洗いをします。
  2. ベビー用洗剤を少し溶かした水をバケツに入れ、最低30分は浸けおきにします。
  3. その後、他のベビー服と一緒に洗濯しましょう。

放っておくと臭いが気になったり、汚れも落としにくくなるので出来るだけ早めに対処しましょう。

ミルクや母乳汚れの洗濯方法

哺乳瓶にミルクが入っている

汚れたらできるだけ早くお湯で洗うことが基本です。外出先などは、トイレなどで汚れた部分を水洗いするだけでも、後が楽になります。洗剤は、タンパク質分解酵素が含まれた漂白剤で洗うと効果が期待できます。その後、通常通りに洗濯機にかけましょう。

その他の汚れの洗濯方法

赤ちゃんが飲み物を飲んでいる

赤ちゃんはよく果物ジュースやお茶を良く飲むので、その分汚れる可能性が高いですね。飲み物汚れはミルクや母乳よりも汚れが落ちにくいので、それぞれの洗濯方法をご紹介します。

果物ジュースの洗濯方法

まずは、すぐに水洗いをしましょう。そして、洗剤と漂白剤で浸けおきしてから洗濯機にかけましょう。

お茶の洗濯方法

お茶は衣類についたものを放っておくとシミになります。果物ジュースの洗濯と同様に素早く水洗いをしましょう。そして、浸け置きはせずに洗剤と漂白剤で洗濯をしましょう。

最後に

ベビー服を分けて洗うことは、赤ちゃんの肌を刺激物質から守ることに繋がります。時と場合によって分けて洗濯してみてはいかがでしょうか。また、洗剤・柔軟剤・漂白剤はそれぞれ赤ちゃん用のものがあり、市販やインターネットで買えますよ。ぜひ、参考にしてみてくださいね。
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!