大事に長く使い続ける!ご家庭で出来るコーヒーメーカーの掃除方法とは

コーヒーメーカーとコップが置いてある

コーヒーメーカーの正しい掃除の仕方をご存知ですか?最近ではお店に限らず、一般家庭用のコーヒーメーカーを使用している人も増えているようです。せっかく買ったのに洗い方次第で、味が変化したり場合によっては故障に繋がってしまうことも。そこで今回は、正しいコーヒーメーカーの掃除の仕方をご紹介します。

洗浄液を作る

お酢と調味料がキッチンに置いてある

コーヒーメーカーを掃除する前に、まずは洗浄液を作りましょう。ご家庭にあるお酢3カップと水6カップを混ぜ合わせるとコーヒーメーカーの手作り洗浄液の完成です。より洗浄力をアップさせたい、なかなか汚れが落ちないという場合はお酢と水を1:1にするのもオススメ。

掃除方法

コーヒーメーカーのフィルターを使用した後

  1. 本体の蓋を開いて内部にフィルターを敷き洗浄液を入れましょう。
    いつもコーヒーを作る時のようにフィルターを敷いて、普段水を入れるところに洗浄液を入れるだけです。
  2. コーヒーメーカーの電源を入れます。
    こうすると内部まで洗浄液を行き渡らせることができます。
  3. 電源を切って15分間、浸け置き
    電源を切ってまずは本体を冷まします。およそ15分程度はそのままにしておきましょう。その後、ポットの中に水を入れ本体をクルクルと回して洗い流しましょう。
  4. この手順をポットの中のお酢の臭いがなくなるまで繰り返します。
    2回目以降は洗浄液ではなく普通の水を使用します。
  5. 臭いが消えたら完了です。

注意点

透明なお皿に入っている重曹

コーヒーメーカーを掃除する時の注意点があります。

  • 重曹で洗わない
    最近、掃除のあらゆる場面で役立つされている重曹ですが、コーヒーメーカーの掃除には向いていません。重曹で洗うと、内部に詰まってしまい破損や故障してしまう可能性があります。誤って、重曹が詰まってしまった場合はお酢をコーヒーメーカー全体に流しましょう。重曹が溶け、7割程度詰まりが解消されると言われています。
  • 洗剤を使わない
    食器用洗剤で洗いがち、というご家庭も多いのでは?しかし、市販のコーヒーメーカー専用の洗剤や、今回ご紹介した洗浄液以外のものは使用してはいけません。洗剤が内部へ付着し、コーヒー本来の味が損なわれてしまう恐れがあります。

コーヒーメーカーをキレイに保つコツ

コーヒーのフィルターを取る女性の手元

コーヒーメーカーをきれいに保つコツをご紹介します。

  • 掃除は月1回が目安
  • コーヒーメーカーを使用後、計量器をサッと水洗いする
  • 布で本体の外側を拭く

コーヒーメーカーをきれいに保つコツは定期的に掃除することと、水洗いできるパーツを使用後に洗浄することです。

コーヒーメーカーの選び方

コーヒーメーカーからコーヒーが抽出されている

コーヒーメーカーも様々ありますが、お手入れが簡単なものを選びたいですよね。では、選ぶポイントはあるのでしょうか?

ポイント

  • サーバーとドリッパー以外洗浄しなくても良いもの
  • 洗いやすい構造に製作されているもの
  • ミルも簡単に洗浄できるもの(ミルが付いている場合)

以上の3つがお手入れ簡単なコーヒーメーカーの選び方のポイントになります。

最後に

コーヒーメーカーは日ごろからお手入れすることが大切です。コーヒーメーカーを洗浄する時は、正しい方法でお手入れすることがポイントとなってきます。今回ご紹介した洗剤で掃除した時は、お酢の臭いがなくなるまで実践してみてくださいね。また、新しいコーヒーメーカーを買う際の参考にしてみてはいかがでしょうか。
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!