ワイシャツはパリッと決めたい!シワのないアイロンのかけ方

床に畳んで置いてある2枚のワイシャツ

ワイシャツのアイロンがけに失敗したという苦い経験はありませんか?ワイシャツは、ご主人の仕事着・お子さんの制服・冠婚葬祭など様々な場面で必要な衣類ですよね。いざアイロンがけをしようとすると綺麗にできないなんてことも。そこで今回は、ワイシャツのアイロンがけの基本やポイントをご紹介します。

アイロンの適切な温度とは

ワイシャツとアイロンが置いてある

ワイシャツの素材は1つだけではありません。それぞれの素材に適したアイロンの温度があることをご存知でしょうか。

素材別アイロンの温度

  • 麻、綿・・・180~200度
  • ポリエステル・・・130~150度
  • 絹、毛・・・130~150度
  • アクリル、ナイロン・・・110~130度

素材によって適切な温度は違いますので、正しい温度でアイロンがけを行うことが失敗しないコツの第一歩です。

アイロンがけのポイント

衣類の上にアイロンが置いてある

アイロンがけをする時のポイントとハンガーで保存する時のポイントをご紹介します。

ポイント事項

  • 霧吹きでワイシャツ全体を濡らす。
  • 細かい部分から順にアイロンをかける。
  • 利き手じゃない方をうまく使い、縫い目を引っ張りながらかける。
  • アイロンは真っすぐにかける。
  • アイロンをかける時は重心を後ろに傾ける。
  • 生地が二重になっているところは裏面からかける。
  • ワイシャツをハンガーにかける時は襟を整えて、第1と第3ボタンを留めておく。

普段から、これらのポイントに気をつけながらアイロンをかけましょう。

ワイシャツのアイロンがけを実践

女性がワイシャツにアイロンをかけている手元

ワイシャツの正しいアイロンがけには、アイロン・アイロン台・水の入った霧吹きを使用します。それでは早速、ワイシャツのアイロンがけの手順をご紹介します。

アイロンがけの手順

  1. まずはワイシャツ全体に霧吹きを。
    ワイシャツが軽く湿る程度に、全体に霧吹きで水を吹きかけていきます。濡らしすぎると、生乾きのような匂いを放つ場合もあるため水は少量にしましょう。
  2. 襟にアイロンをかけます。
    アイロン台に襟部分を広げて表と裏にアイロンをかけます。襟先から中心へ向けて布を引っ張りながらかけるのがポイントです。
  3. 肩にアイロンをかけます。
    肩部分の縫い目ライン(生地が二重になっているところ)に沿ってアイロンをかけましょう。焦げてしまわないように、様子を見ながら行ってください。
  4. カフスにアイロンをかけます
    カフスのボタンを外して生地を広げます。左右の端から中心に向かってアイロンをかけましょう。アイロン台に袖部分を乗せて縫い目ラインに合わせ二つ折りにします。そのままカフスのヒダの上にアイロンで押さえてかけましょう。
  5. 袖にアイロンをかけます。
    カフスのヒダにアイロンをかけた後、そのまま袖部分もシワがないようにアイロンをかけましょう。表面にかけ終わったら裏返して裏面も同じようにかけます。
  6. 身ごろにアイロンをかけます。
    まずは表面の右側にアイロンをかけます。ワイシャツの身ごろのボタンを外して右側の身ごろ部分をアイロン台に引っ掛けましょう。そのままシワにならないようにかけます。左側も同様です。最後に裏面(背中)全体にアイロンをかけて完了です。

最後に

ワイシャツはやはりシワのないパリッとした形状の方が好感が持てますし印象を良くしてくれます。ワイシャツの素材に合わせたアイロンの温度を設定し、生地全体に霧吹きをかけましょう。細かい部分から先にアイロンをかけるのがキレイにワイシャツを仕上げるポイントです。アイロンの正しい使い方をマスターし衣類を美しく保ちましょう♪
カジタクの宅配クリーニングはコチラ!