布団(掛け布団・敷布団)クリーニングの料金相場とは?

布団(掛け布団・敷布団)クリーニングの料金相場とは?

毎日の就寝に欠かせない布団。長く使っていると、汗や汚れが気になるため、時々洗っておきたいものですが、どのように洗えばいいのでしょうか。
ここでは、布団の洗濯を自宅でする方法とともに、クリーニング店や宅配クリーニングに任せた場合の手順と値段、相場、おすすめの保管サービスなどについてもご紹介します。

自宅やコインランドリーで掛布団や敷布団をクリーニングする方法

掛布団や敷布団などの布団類を洗う場合、クリーニングのプロに任せる以外に、「自宅の洗濯機で洗う」「自宅の浴槽で洗う」「コインランドリーで洗う」という3つの方法があります。
ただし、対象の掛布団が水洗い可能で、キルト加工がされていないことが条件です。キルト加工された羽毛やポリエステルの掛布団であれば、洗濯機で洗える可能性もありますが、綿や羊毛の掛布団を洗濯機に入れると、洗濯の途中で中の素材が片寄ってしまいます。また、中芯の入った敷布団を洗濯機にかけると中芯が崩れてしまうため、難しいでしょう。

綿の布団でも、洗濯表示に手洗い可能の表記があれば、浴槽で押し洗いができますが、乾燥機に入れると型崩れしてしまいますし、日陰干しをするとしても、乾燥までにとても時間がかかるため、あまり現実的ではありません。
つまり、綿や羊毛などの掛布団や敷布団を、自宅やコインランドリーで洗うことは控えたほうが無難です。

クリーニング店に布団のクリーニングを依頼する方法と値段の相場

自宅やコインランドリーでクリーニングできない布団は、クリーニング店に依頼する方法があります。布団を持ち運ぶ手間はかかりますが、クリーニング店に持ち込めば、どの布団が洗えて、どの布団が洗えないかなど、お店のほうですぐに確認してもらえます。なお、素材や加工方法によっては、クリーニングできないケースもあるのでご注意ください。

クリーニング店の場合、布団のクリーニングには業務用の洗濯機や洗剤を使うため、自分で洗うよりも生地や中の素材を傷めることなく、洗いムラもなく、きれいに仕上がります。目立つ汚れがあれば、染み抜きもしてもらえるでしょう。
シングルの羽毛布団の洗濯をクリーニング店に依頼した場合、1枚につき3,000~6,000円くらいの値段がかかります。

宅配クリーニングに布団のクリーニングを依頼する方法と値段の相場

クリーニング店以外で布団を洗濯する方法としては、宅配クリーニングに依頼する方法があります。クリーニング店が自宅の近くになかったり、布団を持ち歩く手段がなかったりする場合に便利な方法です。宅配クリーニングもクリーニング店と同様に、布団の洗濯に関する知識と技術がありますので、どのような布団でも安心して依頼できるでしょう。
また、宅配クリーニングの場合、自宅まで布団を取りに来てくれますので、全国どこからでも依頼が可能です。特にインターネット申込み対応のサービスであれば、24時間いつでも依頼できますので、とても便利です。

さらに、カジタクの場合は、クリーニングの値段にプラス1,100円(税込)で「防ダニ加工」や「9ヵ月保管」といったオプションサービスを依頼することもできます。
特に保管サービスは、シーズンを終えた布団の湿気を管理しなくて済むだけでなく、押入れの省スペース化もできて大変便利です。
宅配クリーニングのデメリットとしては、布団のクリーニングを依頼してから返送までに少し日数がかかることがあります。また、クリーニング店に持ち込む場合の相場よりも若干高く、1枚につき8,000~1万円程度かかります。業者によっては、送料が別途必要となるケースもありますのでご注意ください。なお、カジタクは集荷料、送料ともに無料です。

カジタクだからできるプロならではの布団の宅配クリーニング

布団のクリーニングを宅配クリーニング業者に依頼すると、1枚につき8,000~1万円程度かかりますので、高いと感じる人もいるかもしれませんが、実際に宅配クリーニングではどのようなクリーニングをしているのかを知れば、値段相応と納得がいくはずです。

例えばカジタクでは、依頼を受けた布団を一つひとつ検品し、布団の種類や材質を確認して最適なクリーニング方法と乾燥方法を検討します。同時に、布団にシミや破損がないかも確認し、シミがある場合は簡単なシミ抜きなどをして、クリーニング前に汚れを除去します。もし、洗えない構造の布団だった場合は、機械などにかけず「ハンドケア」という方法で、布団表面のクリーニングを実施。このような特別な対応となった場合はお客様にご連絡し、クリーニング方法をご相談してから作業を進めます。

クリーニングでは、しっかりと殺菌洗浄し、高温乾燥を実施します。ふんわりとした仕上がりになるだけでなく、汗や皮脂による汚れをしっかり落として、ダニやアレルゲン物質を確実に取り除くことが可能です。
さらに、オプションとして提供している「防ダニ加工」を行うと、クリーニング後の一定期間、ダニを寄せつけません。

冬用の布団など、次のシーズンまで使わない布団であれば、温度や湿度を調整管理した保管倉庫で9ヵ月保管するサービスもあります。急に必要になったときは、保管期間内でも返送いたします。ぜひ、カジタクの宅配クリーニングサービスをご検討ください。

布団クリーニング|宅配・保管クリーニングならカジタク

 banner_布団クリーニングCP

人気のオススメ記事はコチラ