正しい布団・寝具の洗濯方法とは?最適な洗濯頻度と注意点を解説

正しい布団・寝具の洗濯方法とは?最適な洗濯頻度と注意点を解説

布団は毎日使う生活必需品ですから、においや汚れがないほうが気分良く使えます。シーツなどはこまめに洗濯する人も多くいますが、掛布団や敷布団はかなり大きいので簡単には洗濯できませんし、そもそも洗濯できるのかどうかもわからない人もいるでしょう。
ここでは、布団を洗濯しないと起こる問題をご紹介します。また、洗濯をするのであれば、どれくらいの頻度でどのように洗濯すれば良いのかについても解説します。

長らく布団を洗濯しないと、どんな問題が起こる?

毎日使う布団を長らく洗濯しないと、どのような問題が発生するのでしょうか。まずは、布団を洗濯しない場合のリスクについて解説します。

ダニによるアレルギーのリスクが発生する

布団は人のぬくもりで温まり、人がかいた汗を吸うため、高温多湿な状態になりがちです。そんな環境を好むのが、ダニという厄介な存在です。布団を長らく洗濯しないで使用していると、ダニといっしょに寝ているといったことにもなりかねません。

ダニにはさまざまな種類があり、多くのダニは人を刺すことはありませんが、ダニの死骸や糞がアレルギーの原因になるリスクもあります。ダニを退治するには、布団を干せば良いと考えるかもしれませんが、実はダニは60℃以上の熱がないと死滅できません。ダニの退治には、殺菌処理や高温乾燥などをしないといけないのです。
また、小児喘息の70%はダニが原因といわれています。ご家庭に呼吸器系の持病を持つ子供や高齢者がいる場合は、1年に1回以上の頻度で布団を洗濯することをおすすめします。

汗や汚れで羽毛のボリュームが減り、温かくなくなる

羽毛布団の中に入っているダウンは、水分や汚れに弱いという特徴があります。布団に含まれる湿気や汚れが多いと、ダウン同士がくっついて膨らみにくくなり、布団のボリュームが減って、保温機能が低下してしまうのです。
人間が寝ているあいだにかく汗は500mlもあり、その汗のほとんどは布団が吸ってしまいます。つまり、湿気の防止には定期的な日陰干しが欠かせませんが、染みついた汚れを根本から取り除くためには、洗濯も欠かせないのです。

においで不快な気分になる

布団には、汗だけでなく皮脂の汚れもつき、カビなどが繁殖してしまうこともあります。根を張ったカビは、拭いただけでは取れませんので、そうなった場合は洗濯が欠かせません。そのまま放置していると、カビ臭なども発生し、不快な気分で眠れなくなることもあるでしょう。

羽毛布団の場合、鳥の脂のにおいがして気になるというケースもあるかもしれません。通常の羽毛布団は何度も洗濯して脂を落とすものですが、安い羽毛布団の場合、洗濯の工程が少なく、においが十分にとれていないこともあります。布団の元々のにおいが気になる場合は、早期の洗濯やクリーニングをおすすめします。においや汚れは時間が経つにつれて、落ちにくくなってしまうからです。
また、におう布団からほかの無臭の布団に、においが移ってしまうリスクもありますので、ご注意ください。

布団を洗濯する最適な頻度とタイミング

布団をきれいな状態に保って長く使うには、適切な頻度で洗う必要があります。また、洗濯する季節やタイミングについても気をつけたいものです。
続いては、布団を洗濯するのに最適な頻度とタイミングについてご説明します。

1年に1回の洗濯がおすすめ

布団を洗濯する頻度は、1年に1回程度が最適です。布団についた汚れやにおいは、時間が経てば経つほど落ちにくくなりますので、シーズンを終えたら、早めに洗濯することをおすすめします。

シーズン終了後の梅雨入り前が洗濯タイミングのベスト

冬用の布団を洗濯するタイミングは、寒さが一段落し、梅雨に入る前の程良く乾燥した初夏の時期がおすすめです。暑い季節に布団を洗って干すのは、体力の負担が大きいため、あまりおすすめできません。もし、初夏を逃してしまったら、梅雨明け後の、まだ暑さが本格化する前に洗濯をしましょう。

掛布団や敷布団を自分で洗濯する場合の最適な洗濯方法

掛布団や敷布団などの布団類を洗濯する場合、どのような方法があるのでしょうか。布団の種類によっては洗濯できないケースもありますが、主に下記の3つの方法があります。

自宅の洗濯機で布団を洗濯する

一番身近な布団の洗濯方法は、自宅の洗濯機で洗うというものです。洗濯機で洗濯できるのは、軽量な羽毛やポリエステルなどの掛布団で、キルト加工がされている物だけです。布団の表と裏を縫い合わせてマス目を作るキルト加工がされていないと、布団を洗った際に、中の羽毛やポリエステルが布団の中で移動して、片寄ってしまいます。
さらに、洗濯表示のタグを必ず確認し、水洗い可能かどうかも確認してください。水が入った桶のようなマークに×がついていたら、水洗いはできません。洗濯機のマークに「30」や「40」などの数字が入っていたら、洗濯機の使用が可能です。

洗濯表示の見方については、下記のページで詳しく説明していますので、参考にしてください。
羽毛布団を自分で洗濯する場合、失敗しないために注意したいこと

綿製の掛布団は、洗濯をすると繊維の油分が抜けて固くなり、中身が片寄ってしまうため、洗濯機では洗わないようにしてください。羽毛布団のダウンと違って、一度片寄ってしまったら、乾いても元のふんわりとした状態には戻せません。ポリエステルと綿の混紡でできた布団も同様です。
羊毛も、水や摩擦に弱い性質があるので、洗濯機の使用は不可です。敷布団は、中に硬い芯が入っていることが多く、芯に強い力が加わるとボロボロに壊れてしまいますので、やはり洗濯機は使えません。

ほかにも、洗濯機のサイズによっては、物理的に布団が入らないケースや、洗濯機自体に重い物を洗う能力がない可能性もあります。必ず洗濯機の説明書などを読んで、布団を洗う機能があるかを確認してください。

自宅の浴槽で布団を洗濯する

布団についた洗濯表示のタグを確認し、水が入った桶に手の絵柄が描かれていたら、手洗いが可能というしるしです。その場合は、自宅の浴槽などで手洗いができます。ただし、手洗いができるかだけでなく、濡れた状態から乾くまでにどれくらいの時間がかかるかも考えてから、手洗いすることをおすすめします。
冬用の羽毛布団の場合、晴れた夏の日陰干しでも、完全に乾くまでには1~2日程かかってしまいますし、羽毛よりもかさばるポリエステルの布団ですと、その倍以上の日数はかかるでしょう。夏以外の季節であれば、もっとかかる可能性があります。

長時間湿った状態の洗濯物は雑菌が繁殖し、独特の生乾き臭を放つこともありますので、干す時間が長くなる布団の手洗いはおすすめできません。水を吸った布団は重くなりますので、干すだけでもかなりの重労働をしいられます。
自宅の浴槽を使った手洗いは、羽毛やポリエステルなどの薄い肌掛布団だけにしておいたほうが無難です。

コインランドリーで布団を洗濯する

自宅の洗濯機で布団が洗えなくても、近所にコインランドリーがあれば、布団を洗濯できます。洗濯できる布団の種類としては、キルト加工がされた羽毛やポリエステルの掛布団で、条件は自宅の洗濯機の場合と同じです。ただし、高温の乾燥機にかけると、生地に負担がかかって、最悪の場合、破れたり穴が開いたりしてしまう可能性もあるため、注意が必要です。乾燥機にかけて良いかどうかの判断は、洗濯表示のタグを確認してください。四角の中に◯が描いてあり、丸の中に点が2つあれば高温乾燥対応で、点が1つなら低温乾燥のみ、×が描かれていたら、乾燥機を使うことはできません。
生地への負担を減らすためにも、高温の乾燥は短時間にとどめ、低温乾燥機を使うか、自宅に持ち帰って日陰干しをするなどしたほうが無難です。

クリーニング店に布団の洗濯を依頼する方法

自宅やコインランドリーで布団を洗濯するのは大変ですから、自分で洗濯せずに近くのクリーニング店に依頼する方法もあります。持ち込んだ布団が洗濯できるかどうかをプロの目で判断してもらえますので、洗濯表示のタグを前に悩むこともありません。

クリーニング店に布団の洗濯を依頼する場合、コインランドリーと同様にクリーニング店に布団を持っていく手間が発生します。また、コインランドリーの料金の倍ぐらいの値段がかかりますが、無理に洗ってキルトが破損したり、羽毛が抜けてヘタってしまったり、乾燥が不十分でにおいがしてしまったり、カビが生えてしまったりといった失敗は避けることが可能です。

宅配クリーニングに布団の洗濯を依頼する方法

自宅の近くにクリーニング店がない場合や、布団を店に持っていくのが大変という人は、宅配クリーニングを利用する方法もあります。
宅配クリーニングに布団の洗濯を依頼するメリットとしては、全国どこからでも依頼でき、インターネット申込み対応であれば、24時間いつでも依頼が可能なことが挙げられます。

宅配クリーニング全般のデメリットとしては、依頼から返送まで日数がかかり、コインランドリー代やクリーニング店よりも料金が高くなる傾向があることです。さらに、業者の中には、サービス利用料のほかに、送料が別途必要な場合もあります。
なお、カジタクの宅配クリーニングサービスは、送料無料とさせていただいております。

洗濯が終わった布団を収納する際の注意点

洗濯後の布団は、直射日光を避け、湿気が少なく涼しい場所に保管しておきたいもの。収納する前にはきちんと干したり、布団乾燥機を使ったりして、しっかりと湿気を飛ばすことも大切です。

また、羽毛布団は上に敷布団などを置いてしまうと、通気性が悪くなって湿気を持ちやすくなり、重さで羽が折れてしまうケースもあります。折れた羽は布団の生地を突き抜けて外に飛び出しやすくなりますので、上に重い寝具を載せたり、圧縮して収納したりしないようにしてください。

宅配クリーニングの保管サービスや配送サービスが便利

今回ご紹介した洗濯方法の中では、宅配クリーニングが最も高い値段となりますが、洗い方や干し方などで失敗することも避けられますし、保管サービスなどのオプション利用なども併せて検討すれば、コストパフォーマンスも決して悪くありません。
せっかくきれいに洗濯しても、布団の保管場所が高温多湿であっては意味がありませんので、宅配クリーニングの利用をご検討ください。

布団クリーニング|宅配・保管クリーニングならカジタク

 banner_布団クリーニングCP

人気のオススメ記事はコチラ