靴が洗濯機で洗える!? 靴の正しい洗い方

小さな子供が履く靴は泥だらけになるので、その都度手洗いをしていては手間と時間がかかってしまいます。また大人でもスニーカーを買ってから一度も洗ったことがない場合、ある程度は汚れているものです。特に白い靴は汚れが目立ってしまうので、そのまま履き続けることに抵抗を感じる人もいるかもしれません。実は靴は洗濯機で洗うことができます。その手順や注意点について解説するので参考としてください。

知ってた?靴は洗濯機で洗える!

一般的に靴は洗濯機で洗うことができないと思われがちです。確かに革靴やパンプスなどの靴は、専用のお手入れグッズを使ってケアする必要があります。しかし布製の靴やスニーカーなどは、洗濯機で洗うことができるのです。
例えば子供がいる家庭では、子供用のスニーカーが汚れる頻度も高いかもしれません。一つずつスニーカーを手洗いしていたのでは、疲れてしまいます。そんなとき、洗濯機でスニーカーを洗えたら、家事が楽になると思いませんか?

洗濯機は壊れないの?

洗濯機で靴を洗うと、「壊れてしまうのではないか」と心配する人が多くいます。確かにそのまま放り込むと洗濯機が傷んだり、最悪の場合では壊れてしまったりすることがあります。また、靴を洗濯機で洗った後に普通の洋服を洗うことにも抵抗を感じる場合があるでしょう。大切な洋服に泥の汚れがついてしまっては一大事です。
洗濯機で靴を洗う時には、いくつかのポイントがあります。

準備しておくこと

靴を洗濯機で洗う際には、あらかじめ準備しておくことがあります。
まず1つは靴底の汚れを大まかに落としておくこと。例えば子供のスニーカーの場合、靴底の溝には小石などが挟まっているケースが多いものです。大人の靴でも、普通に道を歩いているだけで小石やゴミを挟み込んでしまうことはありえます。小石やゴミが挟まったままの靴を洗濯機に入れて洗ってしまうと、壊れる原因となってしまうので気をつけなければいけません。

使わなくなった歯ブラシで効率よく

細かい小石やゴミを一つずつ除いていく作業は地味で大変な作業です。効率よく作業を行うためには、使わなくなった歯ブラシや、たわし、ピンセットなどを利用するとスムーズにおこなえます。
また、靴に付属している紐や中敷きなどは、取り外しておいてください。特に靴紐がついたまま洗濯機にかけてしまうと、絡んでしまったり、縮んでしまったりする可能性があります。

必要なもの

実際に洗濯機で靴を洗う場合、洗濯ネットは必要です。その際、靴本体を入れる洗濯ネットと、紐や中敷きを入れる洗濯ネットは別々にしてください。
靴を洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れることで、洗っている最中の防音効果があります。もちろん靴が洗濯槽に当たる「ガコン、ガコン」という音は、少ししますが軽減されるはずです。洗濯ネットは百円均一ショップに売っている場合もあるので、一度足を運ぶと良いかもしれません。

靴専用洗濯ネットがある

また靴専用の洗濯ネットも存在します。この専用ネットにいれることで、より一層の防音効果が期待できるのです。さらに商品によっては靴専用の洗濯ネットに入れたまま干すことができるタイプもあります。洗濯機から出してそのまま干せるので便利です。

洗濯機に入れてから干すまでの手順

実際に洗濯機で靴を洗う場合、まず靴についた大きな汚れを落としておくことが肝心です。屋外の水道で洗い流すようにしましょう。例えば屋内の浴室などで大きな泥の汚れを落とす作業をすると、砂利が排水口に詰まってしまう危険性があるからです。マンションなど集合住宅に住んでいて、屋外で水道を確保することが難しい場合には、大きめのたらいに水をためると対応できます。

必ず洗濯ネットに入れる

次に洗濯ネットに靴を入れてから洗濯機に入れます。普通の洗濯ネットでも良いですが、靴専用の洗濯ネットであれば尚良いです。この際、靴の部品を分離しておくことを忘れないようにしてください。部品とは、靴紐や中敷きなどのことです。
使用する洗剤は、粉末洗剤だと洗濯後に残ってしまう危険性があります。そのため、液体洗剤を使ってください。普通の衣類を洗濯するときより、少し多めに洗剤を入れたら、通常コースで洗濯します。
洗濯が終わった靴は、陰干ししてください。

靴専用洗濯機ってなに?

すでに家庭にある洗濯機を使いたくないという人は、靴専用の洗濯機を使うことを検討してはどうでしょうか。
コインランドリーには、靴専用の洗濯機が設置してある事があるのです。利用料金は、普通の洗濯機と変わらない場合が一般的だといわれています。不特定多数の人が利用するコインランドリーの洗濯機の場合、実際に靴を洗濯する前には汚れが付着していないかチェックしてください。前に使った人の泥汚れなどがついている場合があります。

靴専用乾燥機も

さらにコインランドリーによっては靴専用の乾燥機も存在します。こちらの料金も、普通の乾燥機と同等である場合が多いようです。
また、家庭用の小型洗濯機で靴を洗うこともできます。小型洗濯機は数万円から購入できるので、興味がある人は調べてはいかがでしょうか。頻繁に靴を洗濯機で洗いたいと考えている人の場合、購入するほうがお得になることがあります。

注意点

洗濯機で靴を洗うことは可能です。ただし、いくつか注意するポイントがあります。まず大きな汚れは手作業で取り除く必要があります。砂利やゴミを洗濯機に入れたまま洗濯してしまうと、破損の恐れがあるからです。
また靴の部品はできる限り取り除いて、別々の洗濯ネットに入れてから洗ってください。靴紐などがついたままの靴を洗うと絡まったりする危険があります。
洗濯に使用する洗剤は粉物より液体の洗剤を使ってください。粉洗剤の場合、靴の中に粉が残ってしまうかもしれないからです。

靴を痛めないために

靴を洗濯するときには、基本的に漂白剤は使いません。ゴムの部分がある場合に、痛めてしまう可能性があるからです。また大量の水で洗うようにするとクッションの代わりになるので、傷つきを軽減できます。
自宅の洗濯機で靴を洗う時には、このような注意点に気をつけておこなってください。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ