フローリングの黒ずみを徹底除去!汚れの原因と予防策も

フローリングの黒ずみが目についたら、とても気になります。室内で快適に過ごしたいなら、フローリングの黒ずみを徹底的に除去しましょう。まずは、汚れの原因を探ることが大切です。さらに、効果的に落とせる方法を知りましょう。完全に黒ずみを落とした後は、予防のために対策を練ることをおすすめします。もうクローリングの黒ずみに悩まされる心配がありません。

フローリングの黒ずみの原因は何?

フローリングの主な黒ずみとして、黒カビが挙げられています。湿気が高くて、風通しの悪い部屋はフローリングに黒カビができやすいので注意しましょう。

特に、春から夏にかけて部屋の湿度が高くなるために、黒カビが大量に発生しやすい状態になります。カーペットやクッションが黒カビの原因になることも多いので、十分に気をつけましょう。同じ場所に座り続けていると、カーペットやクッションの下に結露が溜まりやすくなります。フローリングに黒カビが生える原因ですから、注意が必要です。

さらに、皮脂が原因で黒ずみが発生することもあります。フローリングを裸足で歩く方はとても多いです。そのために、皮脂がフローリングに付着しやすくなります。しかも、時間の経過とともに、フローリングについた皮脂は黒ずみに変化するという特徴があります。黒ずんでしまうと、なかなか落ちないので要注意です。

徹底的にフローリングの黒ずみを落とそう!

フローリングの黒ずみを見つけたら、放置しないで早めに対処しましょう。特に、黒カビが原因の黒ずみは早急に対処することが重要です。なぜなら、黒カビが広がってしまう怖れがあるからです。まずは、雑巾や掃除用シートなどを使って、フローリングのホコリを除去しましょう。

ホコリが室内に滞らないように、窓を開けて換気を行うことが大事です。換気扇を回す方法もおすすめです。また、フローリングの上を片付けておくこともポイントです。汚れを落とす場合に、水や洗剤などを使うケースがあるためです。水や洗剤などの液体が飛び散る可能性もありますから、衣服やバッグなど、濡れたら困るものは遠ざけておきましょう。部屋がすっきりと片付いたなら、作業しやすくなりますので効率的です。

黒カビを落とす場合は、住宅用の中性洗剤を使用します。黒カビに適した洗剤が販売されていますので、購入する時には間違えないようにしましょう。適量の洗剤を黒カビにかけたら、しばらく放置します。黒カビが浮き上がった後に、濡らした雑巾でこすり取ります。

さらに、消毒用のエタノールスプレーを吹きかけて、黒カビを根絶させましょう。完全に乾くまで、そのままにしておきます。尚、黒カビは胞子が散らばりやすいので、使用した雑巾の取扱には注意しましょう。洗って使いたいなら、十分に日光に当てて乾燥させることが大切です。使った雑巾を処分する時は、ビニール袋などに包んで、胞子が拡散されるのを防ぐ必要があります。

皮脂が原因で黒ずんだフローリングには、住宅用もしくは台所用の中性洗剤を使って落とします。濡れた雑巾に洗剤を染み込ませて、黒ずんだ部分を丁寧にこすり落としましょう。黒ずみが落ちたら、乾いた雑巾でフローリングを拭き取ります。水気が残っていると、黒カビが発生しやすくなります。

尚、黒ずみと一緒にワックスも剥がれてしまうことがあります。ワックスを塗り直したいなら、完全にフローリングが乾燥していることを確かめましょう。

こうすればフローリングの黒ずみを予防できる!

せっかくフローリングの黒ずみを落としても、対策をしなければ再び汚れてしまいます。そのような事態を避けたいなら、フローリングの黒ずみを予防しましょう。まずは、部屋の湿度が高くならないように配慮することが大切です。

エアコンの除湿機能を使ったり、定期的に窓を開けて換気を行ったりして、部屋の湿度を下げれば効果的です。また、一年を通してカーペットを敷いたままにしたり、クッションを置きっ放しにしたりすると、フローリングに黒カビが生えます。

晴れた日にはカーペットやクッションを外に出して干しましょう。カーペットやクッションに含まれている水分が蒸発します。さらに、湿度が上がる夏の対策として、ゴザや麻など、風通しのいい素材に変える方法はおすすめです。

さらに、皮脂の黒ずみを避けたいなら、こまめにフローリングを拭き取ることが大事です。ただし、濡れた雑巾で拭き取ると、ワックスが剥がれる原因となりますので気をつけましょう。

乾いた雑巾や掃除用シートを使う方法が適しています。特に、夏は足の裏が汗をかきやすいので要注意です。丹念にフローリングの皮脂を拭き取りましょう。尚、靴下やスリッパをはくようにすれば、皮脂がフローリングに付着することを防げます。

こまめにフローリングをケアすることがポイント

心地いい空間をキープしたいなら、フローリングのケアをこまめに行うことが重要なポイントになります。まずは、黒ずみの原因を突き止めましょう。黒カビや皮脂など、原因によって対策が異なります。特に、黒カビは湿度の対策も大事です。さらに、フローリングの黒ずみを予防することも心がけましょう。湿度を調節したり、乾いた雑巾で拭き取ったりすれば効果的です。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!