染み(シミ)抜きにはコツがある!手順からコツまで徹底解説

染み

「うわ、トマトのソースが飛んだ!」とか、「またうちの子、どっかでシミ作ってきたわ」なんてことがよくあるかと思いますが、市販の染み抜き洗剤で大体落ちますが、なかなか落ちないしつこいシミというのもありますよね。
そこで、ここでは、世の中の主婦を悩ませるシミ抜きについてご紹介したいと思います。
シミの種類別に染み抜き手順などをご紹介するので、困った時のために、ぜひこちらの方法を覚えておき、活用してくださいね。

シミ抜きの手順

シミ抜き

では、シミの種類別にシミ抜きの手順をご紹介しましょう。

ソースやインク

まずは、よくあるソースやインクのシミですが、タオルを2〜4つ折りにして敷き、シミのついた面をタオルに置き、濡らした歯ブラシで、シミの周りから中心に向けてたたき、シミの色がタオルにつかなくなるまでやり、最後は、衣類を乾燥させれば終わりです。

メイクやボールペン

そして、メイクやボールペンのシミもよく付きますよね。

そんな時には、タオルをインクの時と同様に2〜4つ折りにし、シミのついた面をタオルに合わせます。
洗剤液を歯ブラシにつけて周囲からたたく、もしくは、軽くつまみ洗いをしてあげ、シミがなくなるまでそれをやり、最終的にタオルで水分をとって乾燥させればシミは消えます。

シミ抜きの注意点

手洗い

お湯を使わない

お湯を使うと油に強いからもっとしみ抜き効果があると思われるかもしれませんが、実はこれが逆効果で、特に血液などは、お湯を使ってしまうと固まるので、余計にシミがついてしまうという結果になります。
ですので、水を使ってしみ抜きをすることが基本となります。

しみの中心部からやらない

まずは周囲からシミ抜きをしていくことで、中心部だけはシミが消えて、その周りににじんだシミが残るということを防げるからです。
シミの周囲からやり始めて、徐々に中心部に向かってシミ抜きをすることで、きれいにシミ抜きができます。

それでも落ちない時は

これらの方法を使ってしみ抜きをすれば大体落ちるのですが、それでもシミが落ちない場合は、クリーニングにだすことをおすすめします。
洗濯のプロですし、私達が手にすることのないプロ用の洗剤や方法、それに機械などを用いてシミ抜きをしてくれますから、きれいにシミがとれます。
もし、クリーニング屋さんを使っても落ちなそうな場合は、クリーニング屋さんの方から「もしかしたらこれは落ちないかもしれません」と言われます。
それでも、今の状態よりは大体の場合が良くなるので、落ちないと言われたシミでもまずは試してもらいましょう。
ただし、もちろん、断りを最初に入れられてる上でのトライになるので、シミが残っていても、それで納得しましょう。

応急処置の方法

何かを食べている時などに、「うわ、ソースが飛んだ」なんてことはよくあることです。
すぐには洗濯ができない場合だと、何とかしたいですが、そんなシミがついた時にできる応急処置の方法をご紹介しましょう。

ティッシュやナプキンなどに水をつけて、それを軽くシミの部分にあててください。
シミができた部分裏側にハンカチ(もっていない場合は、ティッシュやナプキンを重ねましょう)をあて、ティッシュやナプキン、もしくは乾いたハンカチやハンドタオルでシミを押さえるようにしみこませてください。
この作業を繰り返した上で、最終的に、乾いたティッシュを使って水分をよくふき取ってあげると、シミが後から簡単に取りやすくなりますよ。

応急処置後は

シミがついた時にシミ抜きの応急処置をした方、家に帰った後はどうすればよいのかをお教えしましょう。

いつも着ているような特別な素材を使っていない服に関しては、シミがついた部分に衣料用の酵素系部分漂白剤を使いましょう。
スプレータイプになっているものであれば、その部分に直接吹きかけてあげましょう。
そのままにしておかず、すぐに洗濯機で通常通り洗剤を入れて洗ってください。

また、ちょっと特別な服(ウールなどを使っている場合)は、それ専用に使っている特別な洗剤があればそれを塗布し、洗濯用ネットに服を入れ、洗濯機で手洗いコースなど、ハードに洗濯されないモードを選んで、こちらも放置せずにすぐさま洗ってあげるとシミが抜けます。

シミ抜きに便利なもの

特に小さいお子さんがいる家庭では、シミ抜きなんてしょっちゅうしているかと思いますが、シミ抜きのために用意しておくと便利なものがいくつかあります。

シミ抜き用洗剤

まずは、市販の酵素系のシミ抜き洗剤です。黄ばみなども一緒に落ちるので、これを持っていると非常に便利です。
また、家庭にある一般的な食器用洗剤も油に強いので、こちらもいざという時に使えるシミ抜きアイテムとなります。

アルコール

さらに、油性のシミをとる時には、アルコールがぴったりです。
クレンジングオイルや除光液など、ママがよく使うようなものが使えますよ。

アンモニア水

そして、転んで血が出たという時、その血が服にシミになることがありますが、これは、アンモニア水ですぐにとることができるので、これもあると便利です。

持ち歩くと良いもの

シミ抜きを簡単にするためには普段からこんな対策をとってみてはいかがでしょうか。
誰かと外食をする際など、よく服にソースが飛んでしまうことがあるなんていう方は少なくないはずです。

そういった方は、そういう時に、いつそんな状況になってもいいように、シミ抜きの応急処置ができるような乾いたハンカチやティッシュ、それに持ち運びができる容器に食器用洗剤などを常備しておくと、お気に入りの服が汚れてもその場で対処することができます。

せっかく買った服を長持ちさせるためにも、そして、ストレスフリーにおしゃれを楽しむためにも、こんな風に対策をとっておくと、手間も時間も省けて、おしゃれも楽しめるので、こういったことも意識してみてくださいね。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!