包丁収納のアイデア まとめ使いやすいものからオシャレなものまで

みなさんは包丁をどこに収納していますか。備え付けの包丁スタンドが元々ついていない、子供が小さいのでキッチンの下の戸棚の中についてる包丁スタンドには危なくてしまっておけない等、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。この記事では、使いやすいものからオシャレなものまで幅広く包丁の収納アイデアを紹介していきます。

横収納型の包丁スタンドを利用して引き出しの中に収納する

包丁スタンドは、備え付けのものによくある縦に収納するタイプだけではなく、包丁を横に収納できるタイプもあります。このタイプの包丁スタンドを引き出しの中に入れ、包丁を収納します。

この方法は、包丁が取り出しやすく安全に収納が可能で、思った以上に使いやすいです。子供が誤って取り出したりしないようチャイルドロック付きの製品もあります。これは、包丁の柄の部分が収まる箇所に取り付けられたチャイルドロックをかけると包丁を取り出すことができない仕組みです。

包丁スタンドは、収納したい包丁の本数や包丁の長さ、引き出し内の収納スペースに合わせて選びましょう。収納する引き出しは、シンク下の引き出しの最上段が使いやすくおすすめです。

引き出し一段を丸ごと使い、布を引いて包丁を引き出しの中に収納する

引き出し一段を丸ごと使い、布を引いて包丁を引き出しの中に収納する方法です。スタンドなどは置かず、引き出しの中に布をひいて、刃の部分が重ならないように直接包丁を寝かせて入れます。布は、さらし布が衛生的でおすすめです。

収納する引き出しは、やはりシンク下の引き出しの最上段が使いやすいでしょう。直接包丁を寝かせて入れる方法では、場所はとるものの一目でどんな包丁があるかわかりやすいので、料理が好きでたくさんの種類の包丁を所有している人などにおすすめです。

また、この方法では、刃の部分が幅広くなっている中華包丁や、刃渡りが長い柳刃包丁も収納できます。包丁のタイプを選ばず収納でき、多少本数が増えても収納が可能な方法です。

縦収納型の包丁スタンドをキッチンの壁に取り付ける

縦収納型の包丁スタンドを、キッチンの壁に取り付けて収納する方法です。壁にネジ穴をあけて包丁スタンドを取り付けます。壁の材質によっては取り付けられない場合があるものの、包丁がすぐに取り出せて、邪魔にならない収納方法です。

縦収納型の包丁スタンドは、横型のものと同様にチャイルドロック機能がついているものがあります。さらに、包丁以外のものも収納できるように、スポンジやおろし金などがかけられるフックがついていたり、キッチンバサミが収納できるスペースがあるものもあります。

また、このタイプは壁だけでなくシンク下の戸棚の中にも同じ方法で取り付けが可能です。包丁スタンドが元々キッチンの下の戸棚の中にはついていないので自分で取り付けたい場合は、同じようにして取り付けることができます。

マグネットタイプの包丁スタンドを壁に取り付ける

マグネットタイプの包丁スタンドを壁に取り付ける方法です。包丁がインテリアの一部になったようなオシャレな収納方法です。縦収納型の包丁スタンド同様、壁の材質によっては取り付けられない場合があるものの、包丁がすぐに取り出せて、邪魔にならない収納方法です。壁にネジ穴をあけて取り付けるのが一般的ですが、強力粘着テープで取り付けられるものもあります。

この方法は強力磁石で包丁の刃を吸いつけて収納する方法なので、包丁だけでなく、キッチンバサミなど磁石に吸いつくものであれば同じように収納が可能です。縦収納型の包丁スタンド同様、キッチン下の戸棚の中にも同じ方法で取り付けが可能です。

注意点は、磁性がないステンレス鋼製の包丁は収納できないことです。

自立型の包丁スタンドを利用する

自分の好みの包丁スタンドを購入し、そこに包丁を収納する方法です。自立型の包丁スタンドは、実用性が高いもの、スタイリッシュでオシャレなものなど様々です。材質も天然系の木材や竹、ステンレスなど多くの種類があります。

実用性が高いものでは、まな板置きと一体になったものや、タオル掛け等のキッチン収納と一体になったものなどがあります。包丁と同時に使用することの多いキッチンアイテムと一緒に収納可能なものは使いやすくて便利です。

スタイリッシュでオシャレなものでは、磁石の入った木製のボード状の包丁スタンドに包丁を吸いつけて収納するタイプのものがあります。このタイプは、ソムリエナイフとペティナイフなどを吸いつけた状態でホームパーティの際にテーブルに置いておくとなど、おしゃれでかつ実用的に使うことも可能です。

自分の生活スタイルに合った包丁収納を選ぼう!

包丁収納のアイデアを使いやすいものからオシャレなものまで幅広く紹介しました。包丁は日常的に良く使用するアイテムで、かつ刃物であるため、上手にするためには自分の生活スタイルに合った方法を選ぶことが重要です。

多くの人がキッチンの下の戸棚の包丁スタンドに包丁を収納していることが多いですが、包丁の収納は必ずしもここと決まっているわけでもありません。

「小さな子供がいるので手の届かないところへ収納したい、チャイルドロック機能もほしい」、「料理する際に包丁が取り出しやすくかつ一目で種類がわかるように収納したい」、「邪魔にならないように収納したい」、「ホームパーティを頻繁に開催するのでおしゃれに見せつつ収納したい」、等人によって譲れないポイントは様々です。

譲れないポイントを見極めて自分の生活スタイルに合った収納を選んでみましょう

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!