初心者でも安心!羊毛フェルトの作り方と上手に作るコツ

子供から大人まで気軽にできる手芸として人気なのが羊毛フェルトです。でも、初めて挑戦する時は何を用意したらいいのか、また注意することはあるのかなど不安がつきものです。ここでは羊毛フェルトとはどんなものなのか、その魅力の一部を見ていきましょう。新たな趣味やその楽しさを発見することができるかもしれませんよ。

羊毛フェルトってどんなもの?

羊毛フェルトにはニードル羊毛とシート羊毛の2種類があります。ニードル羊毛は、専用のニードルという針を使って羊毛を刺していき、形を作って作品にしていきます。シート羊毛とは、ニードルを使わずに、羊毛をお湯と石鹸などでこすり合わせ、フェルトを固めていきます。

ニードル羊毛が立体的な作品が作れるのに対し、シート羊毛は平面的な作品に仕上がります。どちらも裁縫などに比べて簡単にできるため、大人だけでなく子供も一緒に楽しめる趣味の一つです。材料や用具も少なくて済むところも人気の理由の一つでしょう。

羊毛の持つフワフワ感や温かみを感じられ、癒しの効果も得られるでしょう。初心者でもかわいらしい作品を作ることができますよ。

羊毛フェルトで作れるもの

羊毛フェルトではその独特のフワフワ感を活かした作品を作ることができます。動物マスコットや羊毛ボールをはじめ、アイデア次第でいろんなものができます。マスコットやモチーフを作って、アクセサリーにするのもいいですね。

ネックレスにしたり、羊毛ボールのイヤリングなどもかわいいです。ニードルを使わなくても、コースターや鍋敷きなど味のある作品を作ることができます。最近は羊毛だけに限らす、自分のペットの毛を使って作る犬毛ニードルや猫毛ニードルなどもあるようです。ペットの毛を使った作品は世界で一つだけの宝物となりますね。

他にもインテリア雑貨を作ったり、家や車などのおもちゃを作ったりと、アイデア次第で作れるものは無限大です。

羊毛フェルトを始めるときに必要なもの

ニードル羊毛を始めるときはニードルが必要です。フェルティングニードルや、ニードル針とも呼ばれます。針の先端がギザギザになっていて、この針を羊毛フェルトに刺すことで羊毛のキューティクルが絡まってくっつける事ができます。

様々な種類のニードルがあり、先の細いものや長いもの、短いものなど作品によって使い分ける事で、より高度な作品を作ることができるようになるのです。フェルティング用のマットも用意するといいでしょう。マットはニードルを刺していくうちに硬くなっていきます。針が折れやすくなりますので交換しましょう。

ニードルで誤って指を刺してしまうこともあります。そのため、初心者のうちは特に指サックもあった方がよいでしょう。あとは羊毛を用意すれば、いつでも始めることができます。

羊毛フェルトのやり方

まずは手始めに羊毛ボールを作ってみましょう。羊毛は手芸店や100均などで手に入れる事ができます。好きな色の羊毛を手でしごき、ちぎって扱いやすい量に調整します。羊毛の繊維をほぐすようにした後、先端をくるくると手でまとめます。

まとまったらニードルで刺して固め、巻き込みながら軽くサクサクと刺していきます。固めすぎず、形を整えながらふんわり仕上げるのがコツです。最初は力加減が難しいと感じるかもしれませんが、ニードルの扱いには慣れが必要です。何個か作っていくうちにコツをつかむことができるでしょう。

初めは急いで作ろうとせず、ゆっくり慎重にニードルを刺していく根気が必要です。けがを防ぐためにも最初は慎重に、羊毛とニードルの扱いを覚えていくといいでしょう。

羊毛フェルトの注意点

羊毛フェルトは気軽に始められますが、注意しなくてはいけないのがニードルの扱いです。先端がとがっているので、落下による事故にも気を付けなくてはなりません。また、細いニードルになればなるほど折れやすくなります。

ニードルは刺したら刺した方向にまっすぐ引き抜く事が必要ですが、慣れてくるとニードルで羊毛をまとめたり、無理な力を加えたりしがちです。するとどうしてもニードルが途中で折れたり曲ったりしてします。折れた先端は確実に見つけて処分しましょう。

また、曲がったニードルは大変折れやすくなっているため、使うのは危険です。お子さんが扱う時などは必ず大人の方が見守ってあげましょう。気を付けないと指に刺してしまう事もあるため、指サックを使う事も大事です。

羊毛フェルトの初心者におすすめ

羊毛フェルトは、扱っている手芸店であれば大抵は初心者向けのキットがあります。おすすめはニードルとフェルティングマット、解説書がセットになったスターターキットです。これと羊毛フェルトがあればすぐに作品作りを始める事ができます。

ニードルと指サックと握りばさみがセットになったものもおすすめです。最初のうちはニードルの力加減が分からず、折ってしまう事もしばしばあります。基本のニードルが沢山セットになっているものがあると、折れたときの心配を減らすことができます。

また、手芸店には沢山の羊毛キットが取り扱われています。作品に必要な羊毛と小さなパーツや説明書がセットになっており、初心者におすすめです。その後の作品作りの参考にもなります。羊毛は100均でも取り扱っていますので、手軽に始めたいときは覗いてみるといいでしょう。

羊毛フェルトは簡単にできて気分転換にもなる素敵な趣味です。趣味を通り越してプロとなり、作品を発表したり、販売する事もできます。手軽で楽しい羊毛フェルトを楽しんでみてくださいね。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!