革靴のシワはもう取れない? シワは予防が大切

革靴を履こうと思って靴箱から出してみたら、目立ったシワが付いてしまっていた!という経験はありませんか。一回付いてしまった革靴のシワはもう取ることはできないのでしょうか。
ここでは、革靴のお手入れ方法や原因、注意点などを紹介しています。目立ったシワが付く前に予防する方法もあるので、革靴を長持ちさせるためにも正しい知識を身につけておくことが大切です。

革靴にシワができてしまった!

靴箱にずっと仕舞っていた革靴を久しぶりに履こうと思ったらシワが入っていた、下手したらそのシワにヒビが入ってしまった、ということは珍しいことではありません。革靴は定期的にお手入れをしておかないと乾燥や油分が不足することによって、革が劣化してしまいます。

放置せずお手入れしよう

シワが付いても目立たないようにしたり、靴を長持ちさせたりするには日々のお手入れが大事です。履かなくても普段からブラシやクロスで磨くだけでも長持ちしますし、シワが悪化してヒビ割れを起こしてしまうことの原因を防ぐことができます。履かないからとそのまま放置しているのが一番危険です。正しいお手入れ方法や原因を知るだけでも革靴を大事にしようという意識に変わってきます。

革靴にシワができる原因

革靴は、最初は固く歩くときにつま先を地面に付いたまま踵を上げる瞬間があるため、甲の部分にはどうしてもシワができてしまいます。これはどんな革でも起こることです。高い革靴を買ったのにすぐにシワができてしまってもその革の質が悪いというわけではありません。1回履いただけでシワができてしまった!と驚いてしまう方もいるかもしれませんが、当然のことなので心配しないでください。乾燥や繰り返し履いて折れることもシワになる原因の1つといえます。

シワができるのは仕方がない

また、サイズの大きい靴や先の尖っている革靴などは折れたり広がったりする範囲が広いためにシワができやすいようです。シワができてしまうのは当然のことなので、できないようにするのではなくできてしまってからのメンテナンスをきちんとしているかが重要なポイントです。

できてしまったシワを目立たなくするには

シワができてしまったら全く元通りにするということは難しいです。さらにお手入れを怠ることによって、シワが深くなりヒビが入ってしまいます。シワが深かったり、ヒビ割れができていたりするとその部分が足に当たって足に傷みがでてしまうこともあります。
できたシワを完全に治すことはできませんが、目立たなくするという方法はあります。

クリームを馴染ませる

きちんとお手入れをしてクリームを塗ったり、履いているうちに革が柔らかくなったりするとクリームも馴染み、シワがだんだんと目立たなくなってきます。油分と水分を定期的に補給させることが革を長持ちさせるためには重要です。
また、クリームを塗って少量の水分をしみこませてアイロンのスチームを短時間かけることによってシワを目立たなくするという方法もあります。

シワの予防策

では、シワの予防策はあるのでしょうか。それは、シューキーパーを使用することです。
革靴にシワができてしまっても、使い終わったらその都度シューキーパーでシワを伸ばすことによってシワが深くなってしまうことを防ぎます。シワをそのまま放置しておくと靴の反り返りや、型崩れが起こってしまうこともありますので、日々のお手入れは大事です。

安価な木製シューキーパーもある

シューキーパーは木製のものが一般的ですが、他の素材のものもあります。木製のシューキーパーは高いイメージがありますが、ホームセンターにも売っているので、安価なものを手に入れることもできます。
一番いいのは革靴を買ったときに一緒に購入することですが、後で購入する場合は自分の履いているサイズに対応しているかきちんと調べて購入しましょう。

靴のローテーションも効果的

革靴にシワを付けずに長持ちさせるには、何足かの革靴をローテーションさせて履くということも効果的です。1足だけを履いて、だめになったら新しい革靴を買うのとどう違うのでしょうか。1足だけを毎日履く場合、いくら毎日お手入れをしていても履いたダメージが戻る前にまた履くことになります。そのため、革のダメージが蓄積されていって、結果何足かをローテーションさせて履くよりも耐久年数が短くなります。

他の靴を履いている間にお手入れを

では、数足をローテーションするのではどうでしょうか。他の靴を履いている間、履いていない靴はお手入れをして休ませるのでこれだけでも靴の耐久年数が変わってきます。シワができづらくする効果はもちろん、革靴自体を長持ちさせることにも繋がります。

しっかり手入れをして靴を長持ちさせよう

しっかりと正しいお手入れをすることで、革靴は長持ちさせることができます。人の足は、自分が思っているよりも汗をかいています。特に夏場は汗をかく上に革靴は蒸れやすいので、履いてそのままにしておくと靴の劣化を早めますしカビも繁殖しやすくなります。履いた後に湿気剤を靴に入れることをおすすめしますが、丸めた新聞紙を入れておくだけでも湿気を取ることはできます。ただし、新聞紙の場合はこまめに取り変えないと湿った新聞でかえってカビを増殖させる危険があるので注意が必要です。

こまめなお手入れ、目安は月に1度

こまめに丁寧にお手入れすることが長持ちさせるコツですが、定期的なお手入れといっても月に1度で大丈夫です。また、高い革靴を何足も買えないという人もいるかもしれませんが最低限雨の日用のスペアを用意いしておくだけでも靴の劣化を抑えることができます。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ