重ねずスッキリ!取り出しやすい鍋の収納方法とは

調理の際によく使う鍋は用途によって様々なサイズがあるため、収納するとかさばって困ってしまいますよね。ただ重ねてしまうと後から取り出しにくくなってしまいますし、どのように収納すればスッキリするのか悩んでいる人は多いようです。そこで今回は重ねないから取り出しやすい、さらにスッキリさせることができる鍋の収納方法をいくつか紹介します。

専用の鍋ラックを使って立てて収納する

引き出しに鍋を収納する場合は、縦に重ねるよりも横に立てて収納する方が取り出しやすく収納がしやすいというメリットがあります。ただそのまま立てるだけにしておくと取り出した時にほかの鍋が倒れてしまいますし、収納する時も鍋をどけてスペースを作らないといけないので面倒臭いですよね。

このため鍋専用のラックを購入して引き出しに設置すると、鍋の厚みに合わせて仕切り幅を変えながら収納することが可能です。そのため取り出す時や収納する時にほかの鍋が安定するため、手軽に利用または収納しやすくなっているところがおすすめのポイントとなっています。

また鍋ラックを購入することで鍋を収納できるスペースも確保できるので、ほかの調理器具と区別したい場合にも効果的です。

ファイルボックスを利用して立てて収納

同じく立てて収納する方法でも、小鍋などの小さいサイズの鍋を収納する際にはファイルボックスを活用する方法がおすすめです。

引き出しや棚などの空いたスペースに設置するだけで収納スペースを確保することができますし、ファイルボックスそのものがコンパクトなので小さいスペースも有効活用することができます。

さらにファイルボックスに収納する際に取っ手を外側に出しておけば取り出しやすいのはもちろん、片手で収納できるという点もメリットです。万が一鍋を収納する際に汚れてしまったとしても、ファイルボックスだけであれば取り出して洗うことで引き出し内を汚さずに済みます。

ファイルボックスは一見鍋が入らないと思われがちですが大きさによっては鍋でも収納することができますし、収納の手軽さと手入れのしやすさが魅力の収納方法となっています。

収納ラックや仕切り棚をうまく活用すると見やすく取り出しやすい

観音開きタイプの収納スペースに鍋を収納するのであれば、前から見てもわかりやすく収納する方法が効果的ですよね。

そのため引き出しのように立てて収納する方法ではなく、ポリプロピレン収納ラックやアクリル仕切り棚などの大きめの仕切りを使った収納棚やラックを使って1つ1つ取り出しやすいようにする方法がおすすめです。

小さい鍋であれば収納ラックの仕切りの幅でも取り出しやすいように収納できますし、圧力鍋のように幅のある大きいサイズの鍋は仕切り棚を活用することで蓋をしたまま収納することができます。

このように鍋のサイズや幅に合わせて収納ラックや仕切り棚を活用すれば、前や下から見ても見やすく取り出しやすい収納が可能です。

スライドラックを使ってシステムキッチン風に

キッチン下が観音開きタイプだと鍋を取り出す際にしゃがまないといけませんし、奥に収納されている鍋を取り出そうとすると手前の鍋を取り出さないといけないので面倒臭いですよね。

そんな時にはスライドラックと呼ばれるタイプの収納ラックを活用して、システムキッチンのように引き出し型にしてしまう方法が効果的です。スライドラックは名前の通りスライドして収納しているものを取り出すことができる収納ラックで、観音開きタイプの収納スペースもシステムキッチンのように引き出して収納しているものを取り出すことができます。

これを使えば鍋を奥に収納しても引き出してすぐに取り出せますし、大きめの鍋も手軽に収納や取り出しができる点がメリットです。

キッチンコーナーラックで鍋置き場を作る

小さい鍋は収納しようとしても意外と場所に困ってしまいますし、毎日使っているお気に入りの鍋があるなら棚の中に収納せずにいつでも取り出せるところに置いておきたいですよね。

ここで有効活用したいのが、キッチンの中でもデッドスペースとなっているコンロのコーナーにある空間です。ここにキッチンコーナーラックを設置すると、鍋置き場として見せる収納スペースにすることができます。

スタイリッシュかつシンプルなタイプのキッチンコーナーラックを設置すればごちゃごちゃした感じは出ませんし、置く鍋も普段使いのものを2つ程度にしておけばディスプレイのように見えておしゃれですよね。

この方法であれば使い勝手とオシャレな空間を両立しやすいので、キッチンのインテリアも意識したい人におすすめの収納方法です。

キッチンの吊り戸棚下スペースに収納シェルフを取り付け

ほかにもキッチンのデッドスペースを活用して鍋を収納したいという人におすすめの方法としては、キッチン吊り戸棚下に収納シェルフなどを設置する方法です。収納シェルフを設置すれば小型または中型サイズの鍋であればいくつか収納することができ、見せる収納としてちょっとしたディスプレイにして楽しむこともできます。

また鍋置き場専用の収納スペースにするのであれば、調理中の鍋や洗った後の鍋を置いて置くスペースとしても利用しやすくなります。特に調理中の鍋を置くようにするとキッチンや調理台を広く使うことができるというメリットもあるので、収納以外にも活用できる点がポイントです。

収納シェルフの種類によって取り付け方が色々あるので、賃貸住宅など家や壁、戸棚を傷つけたくない場合でも利用できる収納方法としてもおすすめとなっています。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!