マットレスのカビを取るには?予防方法まで徹底解説

マットレス

仕事や家事、育児で疲れた体をベッドに投げ出した瞬間は、とても解放的な気持ちになります。快適な眠りのために、布団を干したりシーツを洗ったりするのは欠かせないですね。
ところで、マットレスのお手入れは定期的にしていますか?実はマットレスも、きちんと管理をしないとカビが生えて使えなくなってしまうことがあるのです。
そこで今回は、眠りの必需品であるマットレスをカビから守る方法をご紹介します。大切なマットレスを長く使っていくために、お手入れの参考にしてみてください。

 

マットレスにカビが生える原因

マットレスカビ

カビ発生し繁殖していくポイントは、湿度と温度、カビの養分となるゴミです。まず、65%以上の湿度があり、20~25℃以上の温度になったときに、カビは発生します。そこに、ハウスダストやダニ、ほこり、皮脂などのゴミが加わると、どんどん増殖していくのです。
マットレスは、カビが繁殖するのに最適な条件が整っています。それは、人が毎晩上で寝ているから。人は、寝ている間にコップ一杯ぶんの汗をかくといわれます。その汗が布団からマットレスへと吸収されるため、マットレスは常に湿気を含んだ状態となるのです。またマットレスは、人の体温でカビが好むくらいの温度に温められもします。そのうえ、人の体から出る皮脂や髪の毛などのゴミやダニ、ほこりが付着することで、カビが繁殖してしまうのです。

 

カビを取る方法

掃除

カビの生えたマットレスで寝ていると、鼻炎や喘息などのアレルギーや皮膚炎を引き起こす可能性があります。もしマットレスがカビてしまった場合は、早急に対処しましょう。

①消毒用エタノール

ドラッグストアで簡単に手に入れることができる消毒用エタノールが、マットレスのカビ落としには最適です。エタノールをカビにスプレーして、1時間ほどおきます。その後、ぬるま湯にくぐらせゆるく絞った雑巾で、カビを拭き取りましょう。ポイントは、こすらずにつまみ取るように拭くことです。一回ではカビが落ちたかどうか心配というときには、数回繰り返し行うと良いでしょう。

エタノールを使ったカビの除去方法には効果がある?

家庭で行うカビの除去方法として、エタノールを使うものがあります。ドラッグストアなどで販売されているエタノールは主に2種類。無水エタノールと消毒用エタノールがあります。無水エタノールは99%のエタノール、消毒用は80%のエタノールを含んでいるのが特徴です。エタノールを多く含む方が、カビの除去に効果があると思いがちですが「水分を含まないエタノールは殺菌効果が少ない」と言われています。そのようなことから、マットレスのカビ除去にエタノールを使う場合は、消毒用を購入するようにしましょう。エタノールを使ったカビの除去方法は黒ずみが落ちないので、一見すると「本当に殺菌ができたの?」と心配になるかもしれません。エタノールはカビタンパク質を分解しますが、漂白作用は無いようです。そのようなことから、殺菌は出来ても黒ずみは残ったままになります。

 

②カビ除去スプレー

インターネットで1000円~2000円程度で販売されている、カビ専用の掃除スプレーです。カビ除去スプレーは、カビの殺菌に加えて黒ずみも落とすことができるのが嬉しいポイントです。ただし、布の場合は色落ちする可能性があるので、使用前に目立たないところで色落ち確認をするようにしましょう。
色落ちしないことを確認出来たら、カビ除去スプレーをカビに吹きかけます。そして30分置いてください。一回で落ちなければ、数回繰り返してください。カビが落ちたら、スプレーした部分をしっかり乾燥させて終了です。

③専門業者に頼む

エタノールでもカビ除去スプレーでも落ちなかったときには、カビ取りのプロに頼むようにしましょう郵送ではなく、訪問で掃除をしてくれる業者もあります。サイズにもよりますが、費用の相場は1万円~2万円のようです。

赤ちゃん用ベッドやマットレスにカビが生えたら?

赤ちゃんは大人よりも汗をかきやすいと言われています。そのようなことから湿気が発生しやすく、カビが生えてしまうのです。また、ヨダレなどの水分がカビの原因にもなります。ベビーベッドの床板は合板であることも多いため、マットレスの間に湿気が溜まりやすいです。対策として、板とマットレスの間に「すのこ」を入れる方法があります。すのこを間に入れることで、マットレスの間に空気が循環し、湿気が抑えられる仕組みです。赤ちゃんの汗が気になるようであれば、すのこの上にバスタオルを敷いても良いでしょう。バスタオルを敷くと、汗や湿気をより吸収しやすくなるからです。このような対策をしてもカビが生えてしまうようであれば、エタノールを使用して除去を行うやり方もあります。カビ取りハイターを使う方法もありますが、赤ちゃんベッドには注意が必要です。理由は、カビ取りハイターの強い成分にあります。万が一赤ちゃんに触れてしまうと、皮膚を傷めたりアレルギーの原因になる可能性もでてきます。カビ取りが家庭で難しいという場合や、安全に洗濯したいという人は、クリーニング業者に依頼する方法も良いかもしれません。

ベッドパッドはカビ対策に有効?洗濯方法とは

ベッドパッドを使用することで寝心地が良くなったり、湿気が少なくなる場合もあります。カビ対策であれば、汗を吸収できるベッドパッドが良いでしょう。マットレスは洗うことが難しいので、取り外し可能な汗吸収用のベッドパッドを敷き、こまめに洗濯するとカビ対策になります。

ベッドパッドは洗えないタイプもあるため「洗濯絵表示」を必ずチェックすることが大切です。洗濯機が使用できる場合は「毛布」「大物洗いコース」などを選択。ベッドパッドは汚れている箇所が外側になるように折り畳んだ後「ロール状」に丸めて、洗濯機に合うサイズにします。この時、大きな洗濯ネットに入れると生地が傷みにくいです。洗濯機にべッドパッドと洗剤を入れ、水を溜めていきます。水を溜めた後は一旦停止させ、両手でパッドを数回押し沈めることがコツ。パッドは水に浮きやすく、洗剤が染み込みにくいため、押し沈めることが重要なのです。洗濯を終えたら、物干し竿を2本使用し「M字干し」するか、ハンガーで隙間を広げ竿に掛けます。洗ったベッドパッドも乾かし方が甘いと湿気が発生し、カビを増やす原因になります。しっかりと乾燥させ、湿気を取り除きましょう。

捨てるかどうかの判断をする方法

マットレスは質が高いものだと数万円はする、高価なものです。そのため、少しのカビであればエタノールやカビ除去スプレーで落とし、様子を見ても良いかもしれません。しかし、広範囲にカビが生えてしまったマットレスは、処分することを考えるべきです。カビは、目で見えている以上に広範囲に広がっているので、そのまま使い続けると健康被害がでる可能性があるからです。
また、マットレスの寿命は一般的に10年と言われています。10年以上使用しているマットレスであれば、カビが生えてしまったら買い替えのタイミングかもしれません。

捨てる方法

マットレス捨てる

マットレスを捨てる方法は、4つあります。

①粗大ごみ

ネットか電話で申し込みをし、手数料券を貼りつけて収集日に出します。費用は自治体によって異なりますが、1000円前後が一般的です。

②解体して普通のゴミとして出す

そのままでは粗大ゴミで出すしかないマットレスですが、自分でゴミ袋に入る大きさいに解体すれば、普通のゴミとして捨てることができます。
解体の際は、中のスプリングでけがをしないよう気を付けてください。解体時にはゴミがたくさん出るので、作業場所はよく選ぶようにしましょう。

③リサイクル店

リサイクル店によっては、引き取ってくれるところもあります。問い合わせをしてみましょう。カビが生えていたりすると、ゼロ円での引き取りになるかもしれませんが、粗大ごみの処分手数料を考えるとお得です。

④新しいマットレスを購入し、引き取ってもらう

処分したマットレスの代わりに、新しい物を購入する場合には、ぜひ購入店に確認してみてください。無料で古いものを引き取ってくれる場合があります。

布団や毛布にもカビが?対処方法とは

布団や毛布にもカビが生えている場合、様々な対処方法があります。洗濯ができる生地だったり、大きな毛布でない場合は家庭で洗うことが可能です。洗濯機が小さい時は、コインランドリーを利用する方法があります。布団を持って行くことは大変ですが、クリーニングよりも低価格で洗濯可能です。コインランドリーでは乾燥機を利用し、湿気を取ることがカビの除去を行う上で大切になります。問題は羽毛布団や綿100%などのデリケートな生地の時でしょう。デリケートな生地は家庭で洗うと、傷んでしまったり、中身が寄ってしまうこともあります。このような時は、布団を傷めずに汚れを落とすことができる、クリーニング業者へ依頼することがおすすめです。業者によっては、カビの除去を行うサービスもあります。

カビを生やさないための予防方法

カビの発生原因は、湿度・温度・エサとなるゴミでした。カビを生やさないためには、これらを減らしていくことが重要です。カビ予防のコツをご紹介します。

通気性の良いベッドフレームにする

ベッドのフレームが1枚の板であったり、ベッドの下に収納があったりするものだと、通気性が悪く湿気がこもりやすくなります。マットレスを置くところが、すのこ状になっているものを選ぶようにしましょう。

ベッドパッドや除湿シートを活用する

マットレスとシーツだけでは、寝ている間にかいた汗が全てマットレスに吸収されてしまいます。ベッドパッドを使って、汗の浸透を防ぐようにしましょう。除湿シートで、吸いこんでしまった湿気を吸収するのも効果的です。

敷きっぱなしにしない

大きく重いマットレスですが、時間があるときには縦かけて干すようにしましょう。天日干しがベストですが、無理なときは室内で立て掛けるだけでも十分です。

部屋の換気をする

窓を開けて換気をし、部屋自体の湿度を下げておくことも大切です。空気が循環すると、カビの養分となるハウスダストなどを外へ追い出すことも期待できます。

布団クリーニングならカジタクがオススメ!

カジタクでは布団クリーニングを行っています。カジタクのオススメポイント!

  • 安心のイオングループが運営。満足度97%と大好評!
  • ダニ死亡率99% アレルゲン除去率98%
  • 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!
  • たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!
  • 干すだけで除去できない汗や皮脂汚れまで除菌・消臭

※公的衛生研究所の調査結果より

ぜひ皆さんも利用して、きれいな布団で過ごしましょう!
カジタクの布団クリーニングはコチラ!