保冷剤って何ゴミ?捨て方から再利用法までご紹介

アイスや生物を持って帰る時などに便利な保冷剤。買い物するたびに保冷剤を使っていると、どんどん家に溜まってしまうこともありますよね。
そんな使わなくなった保冷剤の処分に困っている方もいるのではないでしょうか。そういう方に向けて、今回は保冷剤の正しい捨て方はもちろん、使わなくなった保冷剤の再利用法まで色々と紹介していきます。

保冷剤の中には何が入っている?

保冷剤には毒性のある成分が入っていると言われることが多いですよね。破けて中身が出てくることもあるので、触っても大丈夫なのか心配になっている人もいるのではないでしょうか。

実は保冷剤の約98%は水分でできています。残りの2%が高吸収性ポリマーという物質なのですが、これは吸水性に優れた物質で容量の500倍から1000倍もの水分を吸収することができるのです。

高吸収性ポリマーは人が触れても特に問題はありません。しかし、万が一誤飲してしまった場合は、体内の水分を吸収してしまうため人体に影響が出ることがあります。

また、商品によってはエチレングリコールという有毒物質が使われていることもあるので注意してください。

小さなお子さんがいるご家庭では、誤って子供が口に入れてしまわないように手の届かない場所に保管するようにしましょう。

保冷剤はどうやって捨てる?

保冷剤は中に高吸収性ポリマーが入っているので、そのまま燃えるゴミとして出してよいものか、ちょっと悩んでしまいますよね。

高吸収性ポリマーはちょっとプニプニとした感触で、燃えない素材のような感じがするかもしれませんが、可燃ゴミとして捨てて問題ありません。

生ごみや紙などと同じように、指定の出し方で燃えるゴミとして捨てましょう。保冷剤の中身はほとんどが水分ということで、中身を出して流しに捨てたり、トイレに流したりする人がいるかもしれません。しかし、そういった捨て方は絶対にやめましょう。

水道やトイレの水を吸収して詰まる原因になることがあります。自分で中身を出さず、そのままの状態で可燃ゴミとして捨ててください。

保冷剤は芳香剤としても活用できる!

使わなくなった保冷剤は、芳香剤としても活用できます。芳香剤の作り方はとても簡単で、不用な保冷剤と香料、容器を用意するだけです。

まずは保冷剤の中身を取り出し、ビンなどの容器に移します。そこに好きな香料を数滴垂らすだけで完成です。2週間ほど効果が出るので、下駄箱や寝室など臭いが気になる場所に置いておきましょう。

ただし、芳香剤として活用できるのは中身が液状の保冷剤のみです。個体のものは使えないので注意してください。また液状の芳香剤になるので、動物や子供が誤って飲んでしまわないように注意しましょう。

保冷剤に使われている高吸収性ポリマーは触っても問題ないですが、飲んでしまうと体に毒なので管理には気をつけてください。

保冷剤は温めて使うこともできる!

保冷剤は夏場に冷やして使うイメージがあるかもしれませんが、実は温めて使うこともできます。保冷剤をそのまま40度ほどのお湯につけて3分ほどおけば、カイロの代わりになります。

夏場に使った保冷剤が冷蔵庫に溜まってしまい、処分に困っている時におすすめの使い方です。温める時に電子レンジを使うのはNGです。

保冷剤のビニールが溶けてしまい、中身が出てしまうことがあるので注意しましょう。温めた保冷剤は、アイマスクにもおすすめです。長時間パソコンを使い眼が疲れてしまった時、保冷剤をささっと温めて眼にあてれば、じんわりとした温もりに癒されます。

保冷剤を温めて使えば一年を通して使えるので、自分なりの活用法を見つけてみてください。

園芸アイテムとしても使える保冷剤

家で植物を育てている人の中に、留守中の水やりで困っている方もいるかもしれません。長期間家を空ける時、水やりができないと大切な植物が枯れてしまうのではないかと心配になりますよね。

そういう時にも保冷剤が大活躍してくれます。保冷剤を冷凍しておき、それを鉢植えや花壇に置いておくと徐々に保冷剤が解け、土に水分を与えることができます。

保冷剤の中にあるジェルを取り出し、それを土の中に入れておくことで、植物を乾燥から守ってくれる効果もあるのです。これは砂漠を緑化する時にも使われている方法で、保冷剤に含まれている成分が植物の成長に影響を与えることはないようなので安心です。

園芸好きな方は、ぜひ保冷剤を園芸アイテムとして活用してみてください。

美容アイテムとして再利用できる!

保冷剤は美容イアイテムとして再利用することができます。朝起きた時、顔がむくんでパンパンになってしまうことがありますよね。

そういう時に、保冷剤で顔を冷やしてあげることで、フェイスラインがスッキリしてくれます。また、化粧水や美容液を使った後、保冷剤で肌を引き締めてあげるのも効果的です。

化粧水を肌の内側に閉じ込めてくれるので、より効果を得やすくなります。脂肪は冷やすことで燃焼しやすい褐色脂肪細胞に変わることがあり、脂肪が気になる部分に保冷剤をあてて刺激してあげるのも効果的です。

脂肪燃焼効果を高めて、顔や体をスッキリさせたい方はぜひ試してみてください。ただし、肌に使う時は保冷剤を綺麗に洗い、ガーゼやタオルなどでくるんで使うようにしましょう。

そのままだと、肌を傷つけてしまうことがあるので注意してください。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ