羽毛布団をリフォームするメリットって?買い換えるよりいいの?

羽毛布団は使い続けるうちに中の羽毛が減ってしまうのですが、そんな時に新しいものに買い替える以外にもリフォームを検討しているという人もいますよね。そこで今回は羽毛布団のリフォームではどのようなことをやってくれるのか内容を紹介するとともに、羽毛布団をリフォームするメリットとデメリットについても解説していきます。

羽毛布団のリフォームではどんなことをしてくれるのか

羽毛布団をリフォームすることは、一般的に打ち直しと呼ばれています。ただリフォームや打ち直しと言われても、その工程やどのようなことをするのかよく分からないという人は多いですよね。

羽毛布団をリフォームする工程は業者によって順番や内容が多少異なることはありますが、基本的にまずは布団を解体して中に詰まっている羽毛を取り出すところから始まるのです。そうして取り出された羽毛は長年の汚れが溜まっているため、専用の機械を使って洗浄されます。ちなみに洗浄する際には、羽毛が縮まないようにお湯ではなく水が使われることが多いようです。

洗浄されて綺麗になった羽毛はこちらも専用の機械を使って乾燥され、乾燥することで購入したてのフカフカした感触を取り戻すことができます。乾燥した後の羽毛は新しい側生地に詰め込まれて仕立てられるのですが、この時使い続けたことで消耗してしまったり布団から出て足りなくなってしまった羽毛が追加されます。

追加される羽毛は元々の羽毛と同じものが使用されるようになっているので、追加された後の感触や性能が異なるということはありません。このように足りない羽毛を追加した状態で新しい生地に詰め込まれ、仕立てれば羽毛布団のリフォームは完了です。

羽毛布団をリフォームするメリット1:エコや動物愛護につながる

羽毛布団をリフォームするメリットとしてまず挙げられるのが、エコや動物愛護につながるという点です。羽毛布団を買い替えるとなると、古くなった羽毛布団は粗大ごみとして捨てなければいけません。実は家庭から出る粗大ごみの大部分は布団だと言われており、羽毛布団はそのボリュームからかなり場所を取るゴミとして問題視されています。

このため羽毛布団をリフォームしてゴミとして出さないようになれば、粗大ごみの大部分を減らすことができるのです。また羽毛布団に使用されている羽毛はアヒルやガチョウなどの動物の毛なので、新しい羽毛布団に買い替え続ければそれだけ大量の動物が犠牲になりますよね。

もちろん羽毛布団をリフォームする時にも新しい羽毛を追加することはありますが、新しい羽毛布団を作る時よりも使用する羽毛の量はかなり少ないです。このため羽毛布団をリフォームして使い続けることは、結果として動物愛護活動の一環とすることができます。このように羽毛布団のリフォームは、地球環境を守るという意味で大きなメリットとなっています。

羽毛布団をリフォームするメリット2:サイズ変更やボリューム調整もできる

羽毛布団を長年使っていると、サイズを変更したいと思ったり中の羽毛の量を変えたいと思うことがありますよね。羽毛布団を買い替えてサイズ変更やボリューム調整をすることもできますが、実はリフォームする場合でもこれらの要望を叶えてもらうことが可能です。

しかも買い替えるよりも手軽にサイズ変更やボリューム調整をしてもらうことができますし、細かな微調整にも対応してもらえるので買い替えよりもより自分の理想に合ったサイズやボリュームの羽毛布団にすることができます。

羽毛布団をリフォームするメリット3:買い替えよりもコストが安い

ほかにも羽毛布団をリフォームするメリットとして挙げられているのが、コストの面です。実は羽毛布団は重要な要素である羽毛の原価が様々な理由で高騰していることから、羽毛布団そのものの値段が上がってきている傾向があります。

そのため現在使っているものと同等のレベルの羽毛布団に買い替えようとすると思わぬ出費になってしまったり、場合によってはグレードを下げなければいけない可能性もあるのです。羽毛布団をリフォームする際の費用はおよそ15,000円から20,000円程度なので、買い替えするよりも低コストかつ羽毛布団のグレードを下げずに再利用することができます。

このため羽毛布団を長く使い続けたい場合は買い替えるよりもリフォームをした方が安く済みますし、羽毛の汚れを洗浄することで買い替えるよりも長く使い続けることが可能です。

羽毛布団をリフォームするデメリット:側生地を再利用できない

羽毛布団をリフォームする工程で、中の羽毛を取り出すために布団を解体しなければいけません。その際に解体された側生地は破棄されてしまうため、気に入っている側生地であっても再利用することができない点が唯一のデメリットとして挙げられています。

リフォームする際の側生地は業者が持っているデザインや生地の中から選ぶことができるようになっているものの、場合によってはリフォーム前の側生地の方が良かったと後悔する可能性もあるようです。

羽毛布団のリフォームはメリットが多いが検討は必要

このように羽毛布団のリフォームは環境面でもコスト面でもメリットが多く、長く使い続けたい人にとっては魅力的ですよね。ただ羽毛布団の状態によってはリフォームするよりも買い替えの方がお得になる場合もあるため、羽毛布団は必ずリフォームした方がいいというわけではありません。このため羽毛布団の状態を業者に確認してもらい、リフォームするか検討することが大切です。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!