ふわふわに蘇る!羽毛布団の打ち直しがおすすめな理由とは

羽毛布団がへたってしまうと、新しい物を買うか、打ち直しをするかで悩んでしまう方もいるでしょう。長く愛用している場合、打ち直しをして蘇らせるのも手段です。そこで、打ち直しではどのようなことをするのか・メリット・料金相場についてご説明します。また、打ち直しと買い換えで悩んだ場合、コスパや品質の観点で選ぶのもいいでしょう。打ち直しの品質やコスパについてもご紹介しますので、参考にしてください。

打ち直しとはどのようなことをするのか?

羽毛布団の打ち直しは「布団のリフォーム」とも呼ばれる作業です。へたっている羽毛布団の側生地を交換し、中に入っている羽毛を丸洗い洗浄します。そして、羽毛のカスやホコリなどを取り除いて、中へ戻していくのです。通常は羽毛が少なくなってしまうため、新しい羽毛を追加で入れます。

打ち直しをすれば、新品に近い膨らみや触り心地・匂いになるのです。羽毛布団の打ち直しは、「側生地が傷んだ・破れた」「羽毛が飛び出してきた」「羽毛が左右や上下で偏っている」という状態になったら行うといいでしょう。また、「全体的なボリュームがなくなった」「臭いが気になる」「保温力がなくなった」の時も、打ち直しをするのが望ましいです。

打ち直しのメリットとは?

打ち直しをするメリットは、今まで使っていた羽毛をそのまま使えることです。新しい羽毛も追加しますが、洗浄してホコリなどを取り除いた羽毛になります。つまり、愛用していて思い入れがある場合、そのまま使えるのはメリットでしょう。

また、羽毛の原材料費が高騰し、新品の羽毛布団は値段が高くなっています。今までと同じ羽毛量を希望する場合、購入価格も高くなってしまうでしょう。そこで、打ち直しでリフォームをすれば、新品を購入するよりも価格を抑えられます。そして、羽毛不足やゴミが増えているなどの問題もあり、打ち直しは環境問題に貢献できるのもメリットです。

羽毛布団の打ち直しでは、サイズの調整ができます。例えば、シングルサイズを2枚使ってダブルサイズにする、ダブルサイズをシングルサイズに縮小するなど、自由にサイズを変更することが可能です。サイズ変更には追加料金がかかってしまいますが、使わない布団などを活用できるのはメリットでしょう。打ち直しをする店によって対応できる内容は異なりますが、多くの店でサイズ変更も行っています。

打ち直しの料金相場とは?

羽毛布団の打ち直しは、サービス内容と足し羽毛の量によって料金が異なります。また、店によっても料金が異なるため、注意が必要です。打ち直しの料金相場は、27,000円~70,000円になります。例えば、側生地の修正とダウン洗浄・減った分の足し羽毛をする場合、料金相場は約27,000円~37,000円です。足し羽毛は200g前後で行います。

しかし、ボリュームがある仕上がりにしたい場合、400g以上の足し羽毛が必要です。400gの足し羽毛をした時の料金相場は、33,000円~44,000円になります。さらに、側生地の柄や生地によっても料金設定があり、柄などの選択をした時の料金相場は、40,000円~70,000円です。サイズ変更などオプションサービスを使用すると、その分の料金もかかります。

買い換えと打ち直し、どちらがいいの?

打ち直しと買い換えのどちらにするかは、「使用年数」「ダウンの品質」「打ち直し回数」「足す羽毛の量」を把握してから検討するといいでしょう。使用年数では、10年前後で打ち直しが望ましいとされています。その理由として、羽毛布団は8年前後で、へたるからです。そして、約15年でダウンの寿命になるため、10年前後で打ち直しをするといいでしょう。

15年以上経過している場合、足し羽毛の量が多くなってしまい、購入する方が安くなることもあります。また、打ち直しをしても、羽毛の洗浄や足し羽毛があるため、大幅に品質が悪くなることはありません。品質は新品に近い状態まで回復できます。

羽毛布団の品質表示タグを見ると、ダウンの量が記載されています。羽毛布団の打ち直しでは、ダウン80%以上が適用です。例えば、ダウン50%や70%と記載されている場合、フェザーの量が多く、膨らみも少なくなるでしょう。

低価格で販売している羽毛布団の場合、フェザータイプもあります。2万~3万前後で購入できるタイプは、打ち直しより買い換えをした方がいいのです。一方、ダウンが80%以上でボリュームもある羽毛布団を購入すると、5万円以上かかります。高級な羽毛布団になると価格は20万円前後です。よって、買い換えよりも打ち直しの方がコストパフォーマンスは良くなります。

一度打ち直しをした場合、2回目はできません。羽毛は使えば使うほど、ダウンの状態が悪くなっていきます。つまり、2回目のリフォームになると、ほとんどのダウンを交換しなければならないのです。よって、一度打ち直しをした場合は、買い換えになる可能性が高いでしょう。足し羽毛の量も、購入か打ち直しの判断基準です。足し羽毛の量が多い時には、その分だけ価格も高くなります。シングルサイズで足し羽毛が500g以内の場合、打ち直しの方がコストパフォーマンスはいいです。ただし、足し羽毛が500g以上になると、購入した方が安くなる時もあるため、比較をしながら決めるといいでしょう。

打ち直しで羽毛布団を蘇らせよう!

羽毛布団の打ち直しをすれば、今まで使っていた羽毛を洗浄し、足し羽毛ができます。そして、新品に近い状態へ回復させ、もう一度使うことが可能です。サービス内容や足し羽毛の量でも変わりますが、買い換えをするよりコストパフォーマンスも良くなるでしょう。また、打ち直しは愛用していたダウンの再利用や環境問題への貢献・サイズ調整ができるなどのメリットがあります。これを参考に、打ち直しで羽毛布団を蘇らせてください。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ