正しいカーディガンの洗い方!縮まない洗濯方法とは?

ウール素材は、扱いが難しいことで知られており、汚れたり、シミが付いたりしたカーディガンを洗濯機で洗い、縮ませてしまった経験を持つ人も多いでしょう。風合いを大切にする素材なので、家庭では洗濯しにくいというイメージがありますが、きちんと洗えば家でも縮ませずに洗うことができます。そこで、カーディガンの正しい洗い方とコツをご紹介しましょう。

洗う前に確認すること

カーディガンは、素材によって洗い方が変わるため、洗う前にはまず取り扱い表示を確認することから始めます。水のはった洗濯桶が表示されていれば手洗いや洗濯機の手洗いコースが可能、水のはった洗濯桶にバツマークがついていれば、家庭での洗濯はできないという意味です。
また、取り扱い表示で洗濯機がOKと表示されていても、毛玉のできやすいアクリル素材や、優しく扱わないと縮みやすいウールは、手洗いの方がおすすめです。

どんな洗剤を使うべきか

カーディガンを洗濯する時は、おしゃれ着用中性洗剤を使うのがおすすめです。普段使っている洗濯洗剤は、刺激が強く縮んでしまうことがあります。静電気を防いだり、毛玉を防いだりするなどの効果があるおしゃれ着用洗剤もあるので、素材に合わせて選ぶと良いでしょう。

手洗いの方法

カーディガンを手洗いする時は、カーディガンが入る大きさの洗面器、おしゃれ用中性洗剤、バスタオルを用意します。次に、水をはった洗面器におしゃれ中性洗剤を入れ、しっかりとかしましょう。そして、その中に畳んだカーディガンを入れて押し洗いします。カーディガンは、汚れの目立つ部分が表面に出るように畳むのがコツです。

押し洗いのコツ

押し洗いをする時は、力を入れすぎず丁寧に行いましょう。ウール素材は水に濡れると表面のウロコが開く性質がありますが、開いたままの状態で揉み洗いするとウロコが絡み合い、縮みの原因となります。デリケートな素材に刺激を与えないよう、ゆっくり通して浮かせる要領で、優しく押し洗いすることが大切です。
洗い終わったら水を流し、新しい水を洗面器に入れて、押し洗いと同じ要領で泡が無くなるまですすぎます。すすぎが終わったら軽く水気を切り、タオルに包んで水気を取ります。雑巾のようにギュッと絞るのではなく、素材に負担をかけないように手でポンポンと軽くたたきながら水けを取りましょう。

水気が取れたら、形を整えて平干しします。ハンガーにかけて干すと、生地が伸びてしまうので、必ず平干しネットやピンチハンガーなどの上に広げ、平干しするようにしましょう。紫外線は生地を縮める要因となるため、直射日光の当たらない、風通しの良い場所もしくは、室内で干すことが大切です。

洗濯機に入れるときの注意点

洗濯機でカーディガンを洗う時は、洗濯用ネットとおしゃれ用中性洗剤を用意します。

手順

    1. まず、汚れが目立つ部分が表面に出るようにして畳んだカーディガンを、洗濯用ネットに入れます。畳むときは、カーディガンが洗濯用ネットにぴったり収まるように、ネットの大きさに合わせて畳むのがコツです。ネットの中でゴロゴロと動いてしまうと、型崩れの原因となるので気をつけましょう。
    2. 次に、ネットに入れたカーディガンを洗濯機の中に入れ、手洗いコースもしくはドライコースを選び、おしゃれ用中性洗剤をいれます。汚れを落とそうと洗剤を入れすぎてしまうと、すすぎきれずに洗剤が残り、臭いの原因となるので注意しましょう。
    3. そのまますすぎまで行い、脱水になったら一旦止めて、20秒に設定します。長く脱水するのは型崩れの原因となり、洗濯機の設定のままでは素材を傷めたり、縮めたりする可能性があるからです。最初に細かく設定できる洗濯機以外は、脱水にしっかり注意を払うようにしましょう。
    4. 脱水後は、手洗いの時と同様に、日の当たらない場所に広げて平干しします。
      カーディガンがしっかりと乾いたら、10分程乾燥機に入れると、温風によって寝ていた毛が起き上がりふんわりとした仕上がりになります。乾燥機がない場合は、ドライヤーで代用することも可能です。少し手間はかかりますが、クリーニングに出したような仕上がりになりおすすめです。

宅配クリーニング出す方法

このように正しい洗い方をマスターすれば、カーディガンも家庭で洗濯することができます。しかし、それでも落とすことができない汚れやシミは、プロの手に任せた方が良いでしょう。また、絶対に毛玉を作りたくないお気に入りのカーディガンや、買ったばかりでふんわりした風合いを保ちたいものは、クリーニングに出すほうが無難です。

宅配クリーニングという便利なサービスもあるので、上手に利用すると時間の節約にもなります。ネットや電話で申し込むと、希望の日に洗濯物を取りに来てくれるので、洗濯物を梱包して預けます。クリーニング後は、発送されたと連絡が入るので、自宅で受け取るだけでいいのです。クリーニングに洋服を持って行く時間がない人は、宅配クリーニングを利用してみてはいかがでしょう。

カジタクの宅配クリーニングはコチラ!