ウルトラライトダウンの洗濯方法は?オススメ洗濯方法を紹介

薄くて軽くて暖かいと、評判の良いユニクロのウルトラライトダウン。ベストやロングのコートもあり、冬に大活躍してくれるアイテムです。しかしながら、ワンシーズン着ていると徐々に汚れが目立ってきますよね。特に薄い色の場合は、少しの汚れでも目立ちます。また頻繁に着ている場合は、臭いも気になるようになります。ウルトラライトダウンは特殊なつくりになっているため、自宅で洗えるかどうか、また洗えるならどのように洗えばいいかを知りたいという方も多いでしょう。このウルトラライトダウンの洗濯方法が、今回のテーマです。

ウルトラライトダウンを家で洗っても平気?

ウルトラライトダウンは自宅で手洗いできます。洗い方や使用する洗剤を選べば、自宅の洗濯機でも洗うことが出来ます。念のため、水に濡らす前には、品質表示タグを確認して、洗濯不可の表示がないかどうかをチェックしておいてください。

手洗いコースを選ぶ

デリケートなウルトラライトダウンを洗濯機で洗う時には、手洗いコースやドライコースなどを選びます。通常のコースに比べると水流が弱く抑えられているのが、こういったコースの良い点。型崩れや生地のダメージを防ぐためにも、コースの選び方は大切なポイントです。

ボタンやファスナー付きの品は、金具を留めておくと繊維への引っかかりなどを予防出来るでしょう。

洗剤を選ぶ

また、洗濯機に入れる洗剤にも少しこだわりたいところ。羽毛が使用されているこの手のダウンジャケットは、中性洗剤で洗うのがベストです。デリケートな衣類用に販売されている中性洗剤を選んで、洗濯をスタートします。

前処理をしておこう

普通に洗ってもシミは落ち切らないことが多いものです。部分的な汚れやシミには、洗う前の処理が大切です。襟や袖口は特に皮脂汚れや化粧汚れがつきやすいので、よく確認してください。

汚れやシミがあった場合は、薄めた中性洗剤を柔らかいスポンジに浸けて軽くたたくときれいになります。
そして、ファスナーやボタンは閉め、ファーなどは取り外しておきましょう。

手洗い方法

洗濯桶や洗面ボールにぬるま湯か水を溜めて、表示通りに中性洗剤をとかします。そこにウルトラライトダウンをそっと入れます。傷みを防ぐため、強いもみ洗いはしないでください。2、3回そっと押し洗いをします。

すすぎは水を替えて、同じように押し洗いをします。汚れや泡が出てこなくなるまで、水も替えて何度か繰り返します。
脱水は、桶の中で水を押し出します。ある程度水が切れたら、バスタオルで挟み、バスタオルごと押し出してタオルドライをしてください。

かたよりの出ない干し方

ハンガーに形を整えて干し、風通しのよい陰干か、室内干しをします。洗い上りは羽毛がかたよっていますが、濡れている間は、手で叩いたり羽毛をほぐしたりしないようにしないでください。濡れている間にほぐすと、羽毛がちぎれることがあるので気をつけましょう。よく乾いたら両手で振りさばいて、羽毛のかたよりを直します。

洗濯機で洗う方法

デリケートなウルトラライトダウンを洗濯機で洗う場合には、通常のコースに比べると水流が弱く抑えられている、手洗いコースやドライコースなどを選びます。たたんで形を整えたら、バスタオルなどに包み、洗濯ネットに入れてから洗います。空気を含んだダウンは、水に浮いてしまいますので、重石代わりにタオルで包むのが効果的です。

すすぎまでは洗濯機のコース通りで大丈夫ですが、脱水は自分で調整しましょう。長時間の脱水は羽毛を傷めてしまいます。脱水は30秒が目安です。

干し方は手洗いの時と同じ

洗い終わったら、手洗いの時と同じように、ハンガーに形を整えて干し、風通しのよい陰干か、室内干しをします。また、風合いにこだわる方は乾燥機を使用するのもおすすめです。低温で30分ほど乾燥させると、空気がたっぷりと入りふわふわの仕上がりになります!

コインランドリーで洗う時にはどうする?

コインランドリーを利用しても、ウルトラライトダウンは洗えます。この場合も、洗濯機に投入する前の時点で部分洗いをしておくと、ワンランク上の仕上がりが期待出来ます。コインランドリーの良い点は、乾燥機も一緒に使えるところ。ウルトラライトダウンのように天然の羽毛が使用されている衣類は、乾燥機を使うとふっくらと仕上がることが多いです。

洗濯の仕方

自宅で洗う時とほぼ同じになり、水流の弱いコースを選んで、中性洗剤で洗います。

洗濯機にゆとりがある時には、毛布やタオルケットなどを一緒に洗うことも可能です。この時、ウルトラライトダウンだけ、適当な大きさの洗濯ネットに入れておくと、毛布の毛羽などがつかずに済みます。
中性洗剤で洗った方が良い衣類や寝具は、意外に多くあるので、ウルトラライトダウンを洗うついでにまとめて洗濯をすれば、時間も労力も節約出来るでしょう。

洗濯が終わったら、中身を乾燥機の中に移します。羽毛を使った衣類や寝具の場合は、中までしっかりと乾かしておくのがポイント。表面が乾いても中が湿っていることがあるため、完全に乾いたのを見届けて乾燥機から出しましょう。

クリーニング店にお任せすれば安心安全

ここまで自宅でウルトラライトダウンを洗う方法を紹介してきましたが、やはりいくら気をつけて洗っても失敗してしまう可能性がゼロではありません。お気に入りが、自宅で洗ったことで傷んでしまったとしたらとても残念です。

ダウンジャケットは値段が高いですが、プロであるクリーニング店にお任せする方が安心で安全です。

宅配クリーニングを利用する方法ならさらに簡単

洗濯する時間がない時や自分で洗う自信がない時には、宅配クリーニングを利用すると便利です。ウルトラライトダウンのようなダウンジャケットは、ほとんどの宅配クリーニングが取り扱っています。

各店のクリーニング料金には違いがあるため、利用する時には何軒かのお店の料金やクリーニングの工程を比べておいた方が良いかもしれません。お店によっては、お得なパックコースを設けている場合もあります。このようなコースを利用すると、コートやセーターといった他のアイテムとまとめてクリーニングを依頼出来ます。

宅配クリーニングの流れ

宅配クリーニングの場合、お店のサイトから申し込みをすると、宅配便業者が指定の日時に品物の集荷にやって来ます。

帰宅時間が遅く、宅配便の対応が出来ない方は、最寄りのコンビニから発送するという方法も可能でしょう。お店によっては、集荷用の専用バッグを提供していますので、梱包もスムーズです。

お店に到着後は簡単な検品が行われ、クリーニングが開始。申込書にシミや汚れの場所を書いておくと、しみ抜きなどもしてもらえます。

汗抜き加工で臭いを取る

また、臭いが気になる時には、汗抜き加工をプラスするのも良いアイデアです。仕上がった品物を、後日自宅まで返送してもらい、クリーニングは終了です。
料金はクレジットカードや代金引換などの方法で、支払うことになります。

宅配クリーニングの保管サービスとは?

ウルトラライトダウンは、秋から冬にかけて活用頻度が多くなるシーズンアイテムです。この手の衣類は、宅配クリーニングの保管サービスを利用して、次に使用する時まで預かってもらうという方法もあります。

保管サービスは、大手の宅配クリーニングなどで行っているオプションサービスの一つです。クリーニングに出した品を、数ヶ月の間預かってもらえるのがこういったサービスの特徴です。保管は空調の整った環境で行われるため、家庭のクローゼットや衣装ケースに収納する時よりも、カビや虫食いのリスクが少なくなります。

保管期間は自由に設定出来ることが多く、希望する日時に配送してもらえるのも便利な点です。また、保管中の型崩れを防ぎたい時にも、このサービスは役立ちます。

カジタクのクリーニング保管はコチラ!