綿パンツのシワ取り方法!予防方法も

お気に入りの綿パンをタンスから取り出したら、シワになっていてがっかり、という経験をしたことはありませんか?
綿は一度シワが入ってしまうとなかなか取れないので、シワのない状態で着るためにはしっかりと手入れ方法を知る必要があります。効果的にシワを取る方法、シワを予防する方法を知って、お気に入りの服を好きな時に着られるようにしましょう。

綿パンツのシワが気になる

綿パンは履き心地がいいものの、膝の裏などにシワができやすい衣類です。シワが入ったユーズド感が好き、という人もいますが、やはり気になってしまうという人も多いもの。また、きちんと履きたいときなどもやはりシワは邪魔になってしまいます。

シワのできる原因

そもそもシワはなぜできるのでしょうか。繊維は乾いている状態では、同じ形をキープしようという性質があります。つまり履いた状態で屈伸したり長時間座ったりしていると折れた状態が続き、その形を線維が保とうとするため、シワになってしまうのです。

これを改善するためにポイントになるのが水分です。乾いた繊維は同じ形を保とうとしますが、十分にぬれた繊維は膨らんで線維本来の形に戻ろうとするのです。つまりシワが付いてしまった綿パンは、洗ったり霧吹きで濡らしたりすることでシワを改善することができます。

シワを取る方法

もちろん濡れた状態では履くことができないので、水分によってシワを緩和できたらアイロンをあてて水分を飛ばします。十分に湿らせて線維そのものの形を取り戻した綿パンにアイロンを当てると、アイロンの熱と平らな面によって水分を蒸発させつつ、シワのない平らな状態をキープすることができるのです。このとき、綿パンを裏返してからアイロンを当てると、アイロンの跡を残さず綺麗にシワを取ることができます。

スチームアイロンを使えば濡らす手間がいらない、と思うかもしれませんが、こちらは効果が低くなってしまいます。スチームアイロンは水の粒子が細かく、繊維を十分に濡らすことなく通り抜けてしまうからです。特にきついシワの入った綿パンには効果を発揮することができないのです。

簡単にシワを取る方法

タンスから取り出すたびにいちいちアイロンをかけるのは面倒臭い、という人は、スプレータイプのしわ取り剤が便利です。しっとり湿る程度に吹き付け、シワを伸ばして吊るして乾かせばそれでシワが取れるので、出かける前日などにさっと準備しておくことができます。また、しわ取りスプレーには消臭機能が付いていたり、ほんのりといい香りが付いていたりと多機能タイプのものもあるので、自分に合ったタイプのものを選ぶことができるのもメリットです。

シワを作らないようにする方法

最初からシワを作らないように手入れすることも大切です。特に綿パンは型崩れを起こしやすいので、衣類を長持ちさせるためにも手入れ方法を知っておきましょう。

洗濯機に入れる前にひと工夫

綿パンに限った話ではありませんが、まず洗濯機に入れる前にひと手間かけることで型崩れを防ぎ、シワを防止することができます。ポケットの中に入っているものがないか確認し、細かいゴミがあるときはポケットごと裏返して歯ブラシでかきだしておきます。ボタンやホックは止めておき、ファスナーも閉めておきましょう。

洗濯ネットを使う

綿パンを洗濯機に入れる時は、洗濯ネットを使います。目が小さくサイズがぴったり合うものを使うと、シワや型崩れを起こしにくくなります。汚れが気になる部分があるときは、その部分が外側になるように屏風だたみにして洗濯ネットに入れましょう。洗濯ネットがない場合は、綺麗に畳んだ状態で洗濯機の底に置き、弱水流で洗うようにするといいでしょう。

柔軟剤を使う

柔軟剤も、衣類同士の摩擦を減らしてシワを減らす効果があります。香りが強くて苦手だ、という人は、無香料の柔軟剤を試してみてください。

手洗いする

とにかくシワを付けたくない、型崩れを防ぎたい、というときは洗濯機を使わず手洗いにするのもおすすめです。洗濯ネットに入れたまま洗剤液につけ、押し洗いにしましょう。

脱水は短時間

洗った後の脱水はとにかく短い時間で終えることが大切です。長々とした脱水はシワの原因になる上、生地を傷めることにも繋がってしまいます。ネットに入れたまま30秒ほど脱水すれば十分です。乾燥機にかけるばあいもネットに入れたままにし、完全に乾く前、半乾きの状態で取り出すようにしてください。

アイロンをかける手間を省きたいなら、脱水自体省いてしまうのも1つの方法です。タオルを使うのもおすすめです。乾いたバスタオルの上に綿パンを乗せてくるくると巻き、掴むようにして水分を取ります。タオルが水分を吸収してくれますが、このとき生地が傷むほど強い力で掴まないように注意してください。
洗濯、乾燥が終わったら時間をおかずに速やかに干しましょう。このとき、生地を両手で叩いたり、手で引っ張って形を整えてから干すと後のアイロンがけが楽になります。

少し履いただけなので洗濯は次の機会に、というときも、パンツハンガーなどにかけておくとシワが入るのを防ぐことができます。特に雨の日に着たときは、畳まずに風通しのいいところにかけ、乾かすことが大切です。

カジタクのクリーニング保管はコチラ!