こたつ布団を自宅・コインランドリーで洗濯する方法

汗をあまりかかない冬でも、こたつ布団には意外と汗が染みていたり、こたつで食事をしていた場合には、食べこぼしなどで汚れが付いてしまっていることがあります。暖かくなってこたつをしまう前に、染みや汚れを綺麗に落として来年の冬に備えたいものです。そこで、こたつ布団を自宅やコインランドリー、宅配クリーニングを利用して洗濯する方法をご紹介します。

こたつ布団は洗濯する必要がある

冬になってこたつを出そうと箪笥や収納からこたつ布団を引っ張り出すと、独特の臭いや染みなどの汚れが気になることがあります。多くの場合その原因は、去年こたつをしまう際に十分に臭いや汚れを落とし切れていなかったことや、そんなに汚れていないからと洗濯をせずにしまったことです。

食べ物汚れ

こたつで食事をしていると、気付かないうちに食べかすがこぼれてしまっていることもあります。こぼれた食べかすに気付かず踏んでしまったりすると、染み付いたり臭いや汚れの原因となります。

汗も染み込んでいる

また冬の間こたつに居ることの多かった方は特に、こたつ布団に大量に汗が染み込んでいる可能性があります。冬だから汗はかかないと思われがちですが、こたつの中は暖かいため、知らないうちに汗をかいてしまっているからです。こたつ布団は綺麗に見えても、気付かない食べこぼしや汗などで見た目以上に汚れていることもあるため、来年の冬に気持ち良くこたつを使いたいと思ったら、しっかりと洗濯してしまっておくことが大切です。

自宅の洗濯方法

洗濯表示を確認

こたつ布団を自宅で洗濯する際、まず確認したいのが布団に付いている洗濯タグや、裏面の洗濯表示などです。洗濯タグや表示に付いているマークを確認して洗濯機マークや手洗いマークが付いていた場合、自宅で洗うことができます。水洗い表示にバツが付いているものや、ドライマークが付いているものは、自宅で洗うことはできないのでクリーニング店に依頼するのが最適です。

食べかす・ほこりを取る

こたつ布団を洗濯機で洗う場合、洗う前に布団に付いた食べかすやホコリを落とします。布団を干すときの要領で物干しなどにかけて、布団たたきを使って落とし、その後に掃除機をかけると万全です。染みがある場合は、染みの部分洗い洗剤などを使用して事前に落としておきます。

洗濯機に入れる

布団を洗濯機に入れる際は、大型の洗濯ネットに布団を畳んで入れましょう。3つ折りに畳んでから、くるくると丸めてロール状にして入れるのがベストです。洗濯機に布団を入れたら洗剤を投入し、毛布コースか大物洗いコースを選択します。後は洗い終わるのを待って、終わったらすぐに干すようにします。

コインランドリーの洗濯方法

こたつ布団はコインランドリーでも洗濯することができます。こたつ布団が大きくて自宅の洗濯機に入らない場合や、自宅で洗うよりもっとしっかり洗濯したい場合などに最適です。コインランドリーで洗濯すると乾燥までできるので、ダニやカビ対策にも繋がります。

洗う前に確認

コインランドリーで洗濯する前に確認したいのは、自宅での洗濯と同様に水洗いができる布団かどうかです。洗える布団であれば、自宅での洗濯と同じ要領で、洗濯する前に布団に付いた細かいゴミやホコリを取り除いておきます。

ロール状に畳んで洗濯

コインランドリーに持って行くときはロール状に畳んでネットに入れておくか、ロール状にした布団を紐などで縛っておくと型崩れを防ぐことができます。コインランドリーの洗濯機には様々な大きさのものがあり、洗濯機を選ぶ際は、洗いたいこたつ布団よりも少し大き目で、余裕のある洗濯機を使用するのがベストです。コインランドリーにある機種の説明に従って洗い、終わったら乾燥機に入れて仕上がりを待ちます。

宅配クリーニングの洗濯方法

こたつ布団の選択表示が水洗い不可であったり、ドライマークが付いているなど、自宅やコインランドリーで洗濯することができない場合があります。自宅で洗えないこたつ布団を洗濯したいとき、クリーニング店に依頼するのも一つの方法ですが、車を持っていない場合など大きな布団を持ち込むのが難しいこともあります。

自宅で洗えないタイプの布団や洗濯機に入らない大きな布団、自宅で洗うよりも綺麗にしたい場合など、手間を掛けずにこたつ布団を洗濯するなら、宅配クリーニングに依頼するのが最適です。宅配クリーニングはクリーニングしたい衣類や布団などを、自宅まで集荷・配達してくれるサービスです。重いこたつ布団をわざわざ持ち込む必要がないので、時間や手間が掛けず布団を綺麗にすることができます。

カジタクの布団クリーニングはコチラ!

保存・保管方法

湿気に気をつける

こたつ布団を取り出したときのカビ臭さを防ぎたいときは、こたつ布団の湿気や収納する場所の湿気に気を付けることが大切です。こたつ布団を綺麗に洗って乾燥させたら、通気性の良い不織布の収納袋に入れて保管します。ビニール袋などは通気性が悪く湿気の原因となるので、クリーニングに出した後は、必ずビニールから取り出して不織布の収納袋に移します。

通気性を保つ

収納スペースを節約したい場合など、圧縮袋に入れて保管することもありますが、長い間圧縮袋に入れていると湿度が高くなる可能性があります。圧縮袋に入れて保管する場合は、夏ごろに一度出して湿気を取り除くようにするのがポイントです。こたつ布団を保管する場所も、まめに扉を開けて換気すると湿気対策に繋がります。こたつ布団は洗濯して、しっかりと乾燥させた後、通気性の良い収納袋に入れて保管することで、来年取り出すときの臭いや汚れを防止することが期待できます。

布団クリーニングならカジタクがオススメ!

カジタクでは布団クリーニングを行っています。カジタクのオススメポイント!

  • 安心のイオングループが運営。満足度97%と大好評!
  • ダニ死亡率99% アレルゲン除去率98%
  • 持ち運ぶ必要なし!家まで預かりにお伺い!
  • たった1,000 円で最長9ヶ月保管!家の収納スペースがスッキリ!
  • 干すだけで除去できない汗や皮脂汚れまで除菌・消臭

※公的衛生研究所の調査結果より

ぜひ皆さんも利用して、きれいな布団で過ごしましょう!
カジタクの布団クリーニングはコチラ!