電気ポットはクエン酸でピカピカに! 簡単お手入れ方法を伝授

コーヒーや紅茶を飲む時やカップラーメンを食べる時などに重宝する電気ポットですが、意外と中は汚れています。しかし、口が狭くてなかなか掃除するのが面倒な場所でもあるため、どの様にお手入れすれば良いのかわからず後回しにしてしまっている人も多いのではないでしょうか。今回はそんな電気ポットのお手入れ方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

電気ポットが汚れている!

毎日使っている電気ポットですが、実は結構汚れているということはご存知でしょうか。中に入っているのは水(お湯)だけなのに汚れることなんてあるのかと思う人もいるかもしれませんが、目立ちにくいものの汚れはどんどん蓄積しています。

コーヒーや紅茶などの味がついているものにお湯を使う場合、汚れている電気ポットのお湯を使ってもあまり味の変化に気づくことはないかもしれませんが、そのまま飲んだりする場合には異変に気づくという人も出てくるでしょう。

もちろん、電気ポットの内部も汚れていますが、電気ポットの外側も汚れやすいです。電気ポットは比較的使用頻度が高い家電になりますので、しっかりとキレイにしておきたいものです。

汚れの原因は?

電気ポットが汚れていると言っても、水やお湯だけでどうやって汚れるのか疑問に思う人もいるかもしれません。しかし、電気ポットの中をよく見てみると、白い斑点や茶色い汚れがかすかに見えるのではないでしょうか。

これは水道水やミネラルウォーターに含まれるカルシウムなどのミネラル成分や不純物が電気ポットの熱によって、電気ポットの内部にこびりついて出来ている汚れになります。いわゆる水垢とほぼ同じものになると考えて良いでしょう。

電気ポットの汚れはよほどのことがない限り人体に悪影響を与えるようなものにはなりませんが、お湯にニオイがついてしまうなどの影響はありますので、定期的に汚れを落とした方が気持ちよく使えます。

クエン酸でキレイになるって本当?

電気ポットの内部にこびりついた汚れを落とす際、非常に効果的な成分がクエン酸です。レモンなどの柑橘系や梅干しなどの酸味としても知られているクエン酸ですが、お掃除に非常に有効な成分であることも知られています。

ドラッグストアやホームセンターなどのお掃除コーナーに行けば、クエン酸を全面に押し出した商品を多数見つけることが出来るでしょう。実際、電気ポット用のクエン酸を配合した洗浄剤なども売られています。

なぜクエン酸で電気ポットの汚れがキレイになるのかは、電気ポットの汚れの性質がアルカリ性だからです。クエン酸は名前からも分かる通り、水に溶けると酸性の性質を持ちますので、アルカリ性の汚れを中和させ落としやすくしてくれます。

電気ポットのお手入れ手順

電気ポットのお手入れは専用の洗浄剤がなくても、クエン酸があれば簡単に出来ます。

まず電気ポットをお水で満タンにし、電気ポットの大きさにもよりますがだいたいクエン酸を大さじ1~2杯程度入れます。そのままスイッチを入れて沸騰させ、2時間程度放置しましょう。放置したら軽く振ってからお湯を捨て、再びお水を入れて沸騰させ、お湯を捨てたら完了です。

汚れが気になる場合にはスポンジでこすり洗いをしても良いですが、内部のコーティングを剥がさないように優しく洗うようにしましょう。クエン酸が家にないという場合には、お酢で代用することが可能です。クエン酸の代わりにお酢を入れて同様の作業を行うだけで完了です。

クエン酸やお酢と一緒に重曹を同量加えるとより効果的になります。汚れが頑固な場合は何度か繰り返しましょう。

ついでに外側もキレイに

せっかく電気ポットの内部をキレイにするのであれば、外側もキレイにした方が気持ちよく使用することができます。内部の清掃でもそうですが、電気ポットは直接口に入れるものを作るものですから、出来るだけ薬品などを使用したくないという人が多いでしょう。

内部はクエン酸や重曹などの安全な洗浄成分でキレイにすることが出来ますが、外側も同様に安全な成分でキレイにすることが出来ます。重曹がある方は水に溶かし、重曹水を作ります。重曹水をふきんなどに含ませて磨き、水拭きと乾拭きで仕上げると簡単にピカピカになります。

アルカリ電解水なども安全な成分で重曹水と同じ様に使うことが出来ますので良いでしょう。傷つけるようなものでは磨かないようにすることが大切です。

お手入れの頻度はどのくらい?

電気ポットのお手入れ頻度は、内部に関しては少なくとも3ヶ月に1回程度はクエン酸でお手入れを行ったほうが良いでしょう。ただし、電気ポットの汚れというのは日々使用するごとに少しずつ蓄積していくものです。

また、大量についてしまうとなかなか1度の洗浄では完璧に落とすことが難しい頑固なものになってしまうことも少なくありません。したがって、汚れが付く前に1ヶ月に1回程度定期的にお手入れしておくと汚れがついていても簡単に落とせますので、お手入れの手間がかなり省くことが可能です。手入れの間は電気ポットが使えなくなりますので、夜間に行うと負担が少なくなります。

電気ポットのお手入れはクエン酸などを入れて沸騰させる程度で、特に難しいことや面倒なことはありません。定期的にお手入れをすることで電気ポットの内部を清潔に保ち、綺麗なお湯を使ってコーヒーやカップラーメンを味わえるようにしましょう。

カジタクのハウスクリーニングはコチラ!

人気のオススメ記事はコチラ