実際いらない?トイレに窓は必要か徹底検証!

注文住宅を建てる場合などに気を付けるべきポイントの一つに窓の配置がありますが、意外と疎かにしがちなのがトイレに窓を設けるかどうかではないでしょうか。なくても問題ないように思われるかもしれませんが、実はトイレに窓を作ることには様々なメリットがあるのです。一方で、デメリットもいくつかありますので、以下ではその両面からトイレに窓が必要かどうかを検証していきます。

トイレに窓を作るメリットとは?

では最初に、トイレに窓を設けるメリットについて、順を追って見ていきます。

#換気が良くなる

一つ目のメリットは、トイレの中の換気が良くなるという点です。トイレは狭いうえにそう頻繁に開け閉めする場所ではないため、どうしても空気が滞留しがちとなります。また、常に水気がありますので、特に梅雨から夏場にかけての時期は湿気がこもりやすくなります。

そのため、気を付けて換気していないと、気が付いたらカビだらけという事態にもなりかねません。換気をするにはしばらくドアを開けておくという方法もありますが、それだとトイレの臭いが家の中に充満してしまいますので、それを避けるためにも窓があった方が便利なのです。天気が良ければ開けっ放しにしておくだけで空気の入れ替えが簡単にできます。

#日光を室内に取り込める

二つ目のメリットは、窓の外から日光を取り込むことによって、トイレの中が明るくなるという点です。家の間取りを設計する際に、トイレはどうしても奥まったところに設けられる傾向があります。

基本的には閉鎖空間ですので、それほど採光は意識されないのですが、室内が明るい方が電気代も節約できますし、トイレにこもって読書をする際にも目が悪くならずに済みます。また、日光を取り込めば、一定の消毒効果も期待できるため、トイレを清潔に保ちやすくなるでしょう。

#室内を広く見せられる

三つ目のメリットは、窓を設けることによって、トイレの空間を広く見せられるという点です。トイレの広さはせいぜい1畳あるかどうかである場合が多く、中に入るとどうしても狭さを感じやすいのが一般的です。

しばらく中にいると、だんだんと憂鬱な気分になりがちですが、そのような場合に窓があると、外の景色を眺められるので、実際よりも室内を広く感じられるでしょう。圧迫されるのが苦手という方であれば、少しでも空間を広く見せるために、トイレに窓を設置するのがおすすめです。

トイレに窓を作るデメリットとは?

トイレに窓を設けることにはメリットだけでなく、次のようなデメリットも存在します。

#便器を自由に配置できない

トイレに窓を設けるとその周りには物や器具などを設置できなくなるため、どうしても便器を置く場所が限られてしまいます。また、トイレが外の道路に面した場所にあるようなケースでは、外部の視線が気になるため、窓の正面に便座を配置できないということも考えられます。

このように、自分が置きたいと思っていた場所にトイレを配置できなくなるおそれがあるというのが、トイレに窓を設ける一つ目のデメリットです。

#断熱性が低くなる

光熱費の消費を抑えるためには家の断熱性を高く保つ必要があります。そのため、高断熱を売りにしているようなハウスメーカーのなかにはなるべく窓を少なくしているところもあるほどです。トイレに窓を付けてしまうと、どうしてもそこから熱が外部に逃げていってしまうため、わずかではありますが建物の断熱性が落ちる可能性があるのです。これが、二つ目のデメリットです。

#セキュリティ面が心配

さらに、三つ目のデメリットとして、窓の設置によって建物の防犯性が落ちるという点があります。プロの空き巣などは、少しの隙間からでも建物内に簡単に侵入するテクニックを持っているため、トイレに窓を設けると、そこから侵入を許してしまうおそれがあるのです。

トイレの窓は目立たない場所に設けるケースが多いため、泥棒からすると周囲の目を気にせずに侵入できる格好の場所といえるでしょう。

メリットとデメリットはどちらが大きいのか?

メリットとデメリットを3つずつ見てきましたが、では結論としてはトイレに窓を設けるべきなのでしょうか。これについては、メリットとデメリットのどちらを重視するかによって答えが変わってきますが、デメリットの多くは工夫次第で回避できるものであるため、基本的にはメリットの方を重視した方がよいでしょう。

すなわち、便器の配置は窓を上の方に配置すればそれほど制約を受けるおそれはなくなりますし、断熱性についても窓に断熱ガラスを入れればそれほど大きな影響を受ける可能性はありません。

また、セキュリティが心配であれば、窓に格子を付けるか、人が通れない大きさの窓にするといった対策を講じればよいのです。これらの工夫によって、デメリットを最小限に抑えられるはずですので、前述のメリットを感じないという方以外はトイレに窓を設置しておいた方がよいでしょう。

トイレに窓を付けて快適な暮らしを送ろう

以上で見てきたように、トイレに窓を付けることにはメリットとデメリットの両面がありますが、デメリットの多くが回避可能であるのに対し、メリットは窓がないと享受できないものばかりです。そのため、快適なトイレライフを送るためには、できればトイレに窓を設置する方がよいでしょう。あって困るものではないため、これから家を建てる方はぜひ前向きに検討してみてください。

カジタクのトイレクリーニングはコチラ!