整理整頓のコツはたったこれだけ。モノがあふれかえっている人にお勧めしたいポイント

汚い部屋

物が散らかって部屋が汚い、どうしても整理整頓ができない…と片付けに悩む人も多いのではないでしょうか。そんな方に向けて、この記事では整理整頓のコツ・方法を紹介します。

整理整頓をしないとどうなる?

整理整頓をしないデメリットは、意外に多くあります。日常生活で、必要なモノをすぐに取り出したり、用意出来なくなるだけでなく、どこにあるのかわからなくなって、探しものが多くなるかもしれません。貴重な時間や労力が必要以上にかかるだけでなく、整理整頓しないことで、実はスペース(モノの置き場所)もムダに使ってしまっている場合もあります。不用品に気づかなかったり、同じようなモノがあちこちに散乱してしまうからです。
更に、ごちゃごちゃに散らかった部屋や、雑然とした持ち物は、その人の生活環境だけでなく、気持ちなど精神的な状態にも影響を及ぼします。ウツや精神的に不安定な人の部屋は、片付いていない場合が多いといわれています。

整理整頓をすることで得られるもの

整理整頓をするメリットは、はかりしれません。何といっても、必要な時に必要なモノがスムーズに取り出せることは、余計な時間もかからず、実に気持ちのいいものです。家にあるものや、持ち物を把握しやすく、買い物や使うスペースの無駄がなくなり、浪費が減るのも嬉しいことです。また、使い勝手がよくなるだけでなく、見た目もすっきりとしているうえ、掃除の手間もかからなくなります。
そして、整理整頓の行き届いた部屋に暮らすことは、精神衛生上にもよい影響を与えることが知られています。モノが片付いていることは、自己管理能力の高さも反映するため、自ずと自己価値観や生活の満足度も増すことになります。部屋は、住んでいる人の心の状態を映し出しているともいわれているのです。

まずはこれを気をつける!3つのポイント

汚い部屋2

本当に必要なものだけを買う

片づけの前に本当に必要なものを購入していますか?家の中を見渡すと使っていないもので溢れてはいませんか?片づけの上手な人というのはものに対してのこだわりを持ち、取りあえずいいかと買ってしまわない人です。好きなものを買っていると長く使いたくなりますが、妥協して買ったものはすぐ使わなくなってしまって、でもまだ使えるからと部屋にどんどんたまっていく可能性大です。

ストックを持たない

そして整理整頓のコツとして日常生活の消耗品でもストックをあまり持たないことです。日数が1ヶ月以上もあるならば、ストックは買わない方が空間とお金が無駄になりません。逆にストックがあるのを忘れて買ってしまうということになってしまうかもしれません。

定位置を決める

そのためにもまずは定位置に決めておくことが大切で、衣料はここ、本はここというふうに定位置を決めておけばそこから溢れるようなことがないように気を付けることができます。どんなものがあるかを把握でき似たようなものを買わずに済みます。ものが増えすぎると管理が難しくなってしまいます。「一つ買えばその分は一つ捨てる」これでものが増えることなくキープできます。捨てずに持っていることがものを大切にすることとは限りません。

整理整頓ができない人の特徴

ゴミ捨て

整理整頓ができない人の特徴は大きく分けて3つあります。しまい込む・後で片づけようとする・捨てられないの3つです。タイプ別に整理整頓の手順をお伝えします。

しまい込むタイプの人

しまい込むタイプの人には蓋のないボックスを使い、何が入っているのか一見しただけで分かる様にするのが良いです。しかし安易にまず収納ボックスを買ってしまうのではなく、処分してスッキリさせてから活用しましょう。さらに見えないものは存在しないものとして考え不要なものを増やさないように手の届かないところに次々と置かないようにしましょう。

また普段使わないものはクローゼットにしまい込みがちです。普段使わないからこそクローゼットに入れていることが多く必要なものとそうでないものを簡単に判断できるので、まずは奥のものから整理してみるのが良いでしょう。

後で片付けるタイプの人

後で片づけるタイプの人は一時ボックスを1つ用意しましょう。しばらくしても使うことがなければ必要がないものとして認識できたり、用意したボックスがいっぱいになれば捨てるタイミングと考えることができます。またシーズンごとに一度チェックしてみるのも良いかもしれません。必要ないものと判断したら次にリサイクルに出すなどすれば、収入も得られ、ゴミも減らせます。不用品を売る場所として、オークション代行やネットオークション、ネットフリマなどあります。リサイクルショップはその場で買い取ってもらうことで手軽に感じますが、ショップを通すことで買い取り額は安くなってしまいます。一方直接取引できるネットフリマやオークションは金額がそのまま収入になるので、意外なものまで高く売れることがあるでしょう。

捨てられないタイプの人

そもそも捨てられない人は使いかけのものが多くもので溢れてしまいがちです。まずは最後まできちんと使い切るということを心がけることからスタートさせましょう。使いかけのものを増やさないために、同じカテゴリーごとにグループでまとめて管理することも大切です。また捨てる時には自分の価値を上げてくれるものか?で判断して、流行遅れのものなど自分の価値を下げてしまうと思ったものは思い切って捨てましょう。気に入ったもので囲まれる方が満足度も上がり快適に過ごせるはずです。

整理整頓がしやすくなる10のコツ

それでは、整理整頓のコツを10個まとめておきましょう。

1モノを必要以上に持たない、増やさない

モノが増えて多くなると、それだけ、置き場所や片付ける手間がかかります。少ないほど管理しやすくなります。

2モノの置き場所を決めて、同じ種類のモノはまとめる

整理整頓の要は、まずはそれぞれのモノの定位置を決めて、同種類のモノは集めておくようにします。

3使ったら、元の定位置に戻す

これは整理整頓の鉄則ともいうべき秘訣で、これが出来れば常に散らかることがなくなります。

4モノの置き場所は、使用頻度も考えて決める

いつも使うモノは取り出しやすい場所に置き、あまり使用することのないものは片付けます。

5モノは使う場所の近くに保存する

生活動線に無駄がなくなると共に、モノを使いやすく、作業がはかどります。

6モノを持つ(選ぶ)基準を明確にする

何でも欲しいからとつい買ってしまうと、新たな置き場所に悩みます。必要なモノ、自分に不可欠なモノなど決めて選びましょう。

7中身が見えないケースや箱には、何が入っているか書いておく

片付けの際に、何を入れるのか把握していても、忘れてしまうこともあります。ラベルなどに書いて貼っておけば、中身が何かわからなくなりません。

8整理整頓は、その都度行うだけでなく、定期的に見直す

基本は、モノの出し入れを徹底することですが、それでも時間が経つとモノが溜まるものです。数カ月とか半年に一度なり、見直す時期を決めて、定期的にチェックしましょう。

9モノは置き場所に詰め込まず、収納は八分目程度に収める

余裕のある収納を心がけるには、一つ増えたら一つ減らすなど自分なりのルールを決めます。

10捨てるか迷うものを一時的に置いておく入れ物も用意する

要らないモノは処分するのが基本ですが、それでも迷うこともあります。保留箱のようなものを作っておくと気が楽になります。

最後に、整理整頓は大事ですが、あまり無理せず、何が何でもしなければならないと自分を縛らないことです。整理整頓が苦手な人は、慣れないうちは、ついつい面倒に感じてしまいがちなものです。片付けが行き届いている心地よさを少しずつ味わっていくうちに、整理整頓自体が楽しく感じられるようになるでしょう。

片付け後の注意点

最後に、綺麗になったと思ったはずの部屋なのにいつの間には散らかってしまうということがよくありませんか。部屋を一度片づけてスッキリさせても、いつの間にかどんどんと部屋が散らかってしまい、その状態になってしまうと片づけるのが面倒になってしまう。人には変化を恐れる傾向があり、散らかった部屋に慣れてしまうと気にならなくなってしまうことがあります。しかし心の底では片づけなければという思いもあり気持ちが落ち込んでしまいます。

無理せず習慣をつけよう

整理整頓のコツとして、片づけが苦手な人は無理せず少しの習慣をつくることが大切です。まず部屋の中を見渡して、ゴミが捨てられずにそのままになっていないか?など少し気にかけることから初めるのも良いかもしれませんし、少しだけ片づける時間を作るなど嫌にならずに簡単にできることから始めることを心掛けるのはどうでしょうか。隙間時間を上手く利用するのも良いかもしれません。食事の準備の合間やお風呂を沸かす間など、その少しの時間を利用して片づけることです。

そうして少しずつ成功体験を持続させることが大切です。片づけへの前向きな気持ちが綺麗な部屋を持続する気持ちにも繋がります。また、散らかったものはとりあえず一か所に集めると必要以上に散らからず片づけも簡単になります。そもそも、綺麗にしたいという気持ちがすでに片づけることへの一歩になっているはずです。

プロにおまかせする方法もある

とは言ってもなかなか整理整頓に取り掛かれる気がしない、時間がないという方は整理整頓のプロにおまかせする方法もおすすめです。プロの整理整頓の技でお家を蘇らせてみてはいかがでしょうか。

カジタクの整理収納サービスはコチラ!