タコ足配線のキホン〜使用法を守って安全に使おう〜

電化製品を使用する際にコンセントの数が足りずに、タコ足配線をしているという人は多いです。しかし、タコ足配線は便利ですが、発火などの恐れがあるので危険とも言われています。この記事では、いくつまでのコンセントであればタコ足配線をしても安全なのかや、安全装置の付いているタコ足配線などについて紹介していきます。

タコ足配線とは?

タコ足配線とは、テーブルタップや電源タップという名前で家電量販店などで販売されているものです。コンセントから離れている場所や、複数の電化製品に電源供給するためのアイテムで、多数の配線がまるでタコの足のようだからタコ足配線と呼ばれています。

タコ足配線で発火?

タコ足配線をすると発火する可能性があると聞いたことのある人は多いのではないでしょうか。タコ足配線に限らず、コンセント類はホコリなどに気をつけないと様々なトラブルを引き起こすリスクがありますが、タコ足配線の場合はタコ足配線特有の問題も抱えています。

タコ足配線は複数の電化製品を接続するため、1つのタコ足配線トータルで定格電力を超えてしまいやすいのです。定格電力はコンセントによって異なりますが、一般的なもので15アンペア(1500ワット)が主流です。この定格電力を超えてしまうと、流れる電流が多すぎて発火するリスクが高まってしまいます。

タコ足配線にはいくつまで繋いで良い?

タコ足配線をすると発火のリスクが高まるというと、タコ足配線を安全に使用するためにはいくつまでなら繋いで良いのだろうかと疑問に思う人もいるかもしれません。タコ足配線にいくつまで電化製品を繋いで良いのかに関して、明確な答えを出すことは出来ません。

タコ足配線で発火のリスクが高まるのは、定格電力を上回ってしまっている場合です。つまり、2つしか電化製品を繋いでいなくても、定格電力が15アンペアのコンセントの場合、1000ワットのオーブントースターと1000ワットの電子レンジを同時に使用したらそれだけで定格電力をオーバーしてしまいます。逆にもっと多くの電化製品を繋いでいても、低電力のものであれば定格電力をオーバーしません。

つまり、タコ足配線を安全に使用するためには電化製品をいくつ繋ぐかということよりも、繋いでいる電化製品の電力が定格電力を超えていないかどうかが重要なのです。

まずは壁についているコンセントの定格電力を確認して、定格電力を超えないように配線を考える必要があります。使用電力の多いオーブントースターや電子レンジ、ドライヤーなどは同時に使用せずに使用するときだけコンセントに差すなど使い方の工夫をすることも大切になるでしょう。

安全装置付きのタコ足配線

家電量販店などには数多くのタコ足配線(電源タップ)が販売されています。安価なものから高価なものまで幅広いですが、違いは同時に繋ぐことが出来る数の多さやコードの長さだけではありません。最近のタコ足配線には、安全装置が付いているものも数多くあるのです。複数の安全装置が付いているものなどもありますが、どのような安全装置があるのか理解しておくことでタコ足配線選びの役に立つでしょう。

#スイッチ機能

最もポピュラーな安全装置とも言えるのがスイッチです。タコ足配線全体に電気を流すかどうかのスイッチが付いているものや、差込口ごとにスイッチが付いているものなどがあります。スイッチを切っている状態であれば待機電力がゼロなので、安心して使用が可能です。光るタイプのスイッチだと確認もしやすいです

#シャッター(ホコリ防止)

タコ足配線は数多くの差込口があり、そのすべてを埋めているとは限りません。電気が通る場所にホコリが入り、そこに電気を流してしまうと発火のリスクが高まってしまいます。そのため、コンセントを塞ぐアイテムを使用している人も多いですが、タコ足配線の中にはシャッターが元々付いているものもあるのです。

#ブレーカー機能

落雷時には大電流がコンセントにも流れ込んでしまうことがあります。雷による大電流はコンセントの定格電力を超えてきますので、電化製品の故障や発火リスクが高まります。雷防止機能が搭載されているタコ足配線であれば、タコ足配線側に内蔵されているブレーカーによって大電流の侵入を防止してくれるので、故障や発火のリスクを下げてくれるのです。ただし、タコ足配線に内蔵されているブレーカーの耐性は低いので過信は禁物です。

また、雷防止目的だけではなく定格電力を超えてしまっている場合に電気を遮断してくれるブレーカー機能が搭載されているものもあります。コンセントの定格電力がわからない場合や、多数の電化製品を繋げる場合に便利な機能です。

タコ足配線は正しく安全に

タコ足配線は非常に便利ではありますが、定格電力の範囲内で繋ぐようにするなど正しく使わないと発火のリスクが高まってしまい危険です。

コンセントの定格電力を超えないように配線を考えたり、様々な安全装置が搭載されているものを使用するなど工夫することによってリスクを下げることが出来ます。タコ足配線は正しく安全に使用しましょう。

カジタクの家事代行・整理収納はコチラ!