綺麗な収納で料理効率もアップするキッチン収納術!

食器

気づくと散らかっているキッチン。毎日使う場所だからこそ散らかってしまうけど、綺麗にしたいものですよね。散らかるキッチンを使いやすく綺麗に収納する収納術を紹介します。

キッチンが散らかる理由とは?

散らかるキッチン

鍋やフライパンのような大きなものから調味料などの小さなものまで、キッチンには必要なものがたくさんあります。この種類の多さがキッチンが散らかる理由です。また、使う度に片付ける場所が決まっておらずそのままになっているのもキッチンが散らかり、定期的に片付けてもその状態を保つことが出来ない原因です。それら上手くまとめるには、各場所ごとに収納のコツ、注意点、綺麗に保つ方法があります。キッチンを美しく見せるだけでなく日々の料理効率アップにも繋がるキッチンの場所別収納術・グッズをご紹介します。

調理台の収納術

まず、調理台の収納についてです。調味料が散らかりがちな調理台上には、ラックを使ってそれぞれの高さごとに収納して行くのがおすすめです。ラックの中にカゴや箱を利用して、使用頻度の低いものを隠してしまうことでより一層見た目が綺麗になります。

カウンターキッチン・アランドキッチンの場合

カウンターキッチンやアランドキッチンでは外から見えないように扉のついた収納グッズを置くのがおすすめですが、出し入れがしづらく使い勝手が悪いと使わなくなり結局また散らかってしまいます。よく使う調味料は取り出しやすい所に置いておく必要があります。あまり使わないものを扉のついた収納に入れ、よく使うものは見せる収納としてその上に置くと良いです。

この時、見せる収納には同じ種類の収納グッズでまとめたり色を揃えることを意識すると、統一感が出てまとまりのあるキッチンになります。収納グッズは数を3つずつに揃えることや、サイズの違うものを並べる時には一番背の高いものを中心に置き一番背の低い物を両端に置く三角構成を意識するとバランス良く見えるのでおすすめです。

引き出し

調理台についている引き出しには、ラップや菜箸のような料理中にさっと取り出したい使用頻度の高いものを収納しましょう。100円ショップで売っているような小さなカゴやケースを使用して小物を箸・スプーンフォーク類、ピーラー・おろし金・缶切り類、保存用ジッパー袋・ポリ袋類のようにジャンルごとに分けておくと見た目にも美しいだけでなく、料理効率もアップします。フライ返しやおたまなどはコンロ近くに突っ張り棒などを使用して見せる収納を行えばより引き出しの収納はスッキリします。

シンク下の収納術

シンク下引き出し

シンク下の収納には、鍋やフライパン、水筒のような大型の調理器具を収納します。

ファイルケース収納

この際には100円ショップなどで売っているファイルケースを使用するのがおすすめです。フライパンや鍋をサイズごとに分けるなどし、立てて収納します。水筒やタンブラーはこのファイルケースを縦にして積み重ねるように並べて収納することでスペースを上手に使うことが出来るので美しく使いやすい収納になります。ファイルケースを購入する際にはサイズがたくさんあるのでちょうど良いサイズを測っておく必要があります。鍋やフライパンの場合にはA4サイズがおすすめです。

積み重ねラック収納術

ファイルケースと同様に高さを上手く利用した収納法として、積み重ねラックでのお皿の収納もあります。各段に数枚ずつお皿を積みあげられるのでお皿の種類ごとにまとめておけば、下の方にまとめたお皿も取り出しやすくなります。調味料のストックもカゴを使用してシンク下に入れておきましょう。ジャンル分けだけでなく使用頻度の高いものを手前に入れておくと管理しやすくなります。しかし小麦粉や片栗粉、パン粉などの粉類は特に湿度などの影響を受けやすいので、使用途中の場合にも保存用ジッパー袋や密閉出来るビンなどの容器に入れてシンク下以外の場所に収納します。可能なものであれば冷蔵庫や冷凍庫に入れて保管するのも良いです。

収納スペースが狭いキッチンは?

狭いキッチン

収納スペースが狭く、メタルラックや木製ラックを使用する場合にもこれまでの収納のコツを応用出来ます。カゴやケースといった見せる収納を取り入れて三角構成を意識するなど見せ方もこだわってみましょう。見せたくない段にはつっぱり棒でキッチンカーテンを使用すると上手く隠すことが出来ます。使用頻度の低いキッチングッズは上部に収納しますが、この時に気をつけたいのは前後収納を行わないことです。高い部分に前後収納をすると取り出しにくさからまた片付けの手間が増えてしまうので注意が必要です。

収納スペースを作るコツ

このようにカゴやケースを使用してジャンルごとに分けること、縦のスペースを上手く使用して収納をすること、見せる収納をうまく取り入れることがキッチンの収納を行うコツです。100円ショップには収納に便利なグッズがたくさんあるので、上手に使っていきましょう。カゴやケースを購入する時には、実際に使ってみたらサイズが合わない場合もあります。収納する物のサイズだけでなく実際に収納する場所のサイズも測り不要な物が増えてしまわないように注意が必要です。使用頻度や取り出しやすさに注意して利便性の高い収納を行い、料理効率のアップ効果が得られるだけでなく、綺麗な状態が続き定期的な片付けの必要がなくなるようなキッチンの収納術を身につけましょう。

カジタクの整理収納サービスはコチラ!